日本でギャンブルをする方法は?

日本でギャンブルをする方法は?

日本の刑法の第23章は、ギャンブルを国内で違法な活動にしています。この規則にはいくつかの例外があります。競馬、モータースポーツ、宝くじ、パチンコなど、ギャンブルの性質を持つ一部のゲームは日本では合法です。

公共スポーツ、宝くじ、トトやサッカーのプールなどのイベントは、2つの目的を果たすために特別な法律によって規制されています。最初の目的は州と国の収入を生み出すことであり、2番目の目的はその人々に娯楽を提供することです。

日本ではギャンブルを合法化するために多くの試みがなされてきました。カジノの開発者と管理者は、2018年以来、日本でカジノを開くためのライセンスを確保しようとしています。彼らは、大阪、東京、横浜でカジノを開くために競争しています。

2020年、日本政府は、日本のすべてのリゾート運営者を規制、管理、指導するカジノ管理委員会を設立しました。彼らは日本でギャンブルを合法化する要求に積極的に関わってきました。

パブリックスポーツ

パブリックスポーツ

日本の公共スポーツに賭けることができます。伝統的にコーエーキョウギと呼ばれる公共スポーツには、次の4種類のイベントがあります。

競馬

自転車レース
パワーボートレース
アスファルトスピードウェイモーターサイクルレース

特別法によりこれらの活動が合法化されており、マフィアや組織犯罪シンジケートがゲームに含まれることを避けるために、地方自治体または政府が資金提供または設立した企業の管轄下にあります。パチンコ店の事業は、マネーロンダリングなどの違法行為のためにヤクザに潜入しています。

4種類のパブリックスポーツベッティングは、パリミュチュエル方式で行われます。受け取った総賭け金の70〜80%は、ギャンブラーの賞金プールに予約されています。賭けのチケットは、多くの場所やブースでギャンブラーが利用できるようになっています。

宝くじ

宝くじや宝くじは、政府公認の都道府県や大都市で定期的に開催されています。日本各地で、暦年を通して行われている宝くじイベントを見つけることができます。

宝くじは3つのタイプに分けられます:-

ユニークナンバー抽選
選択された数の宝くじ
スクラッチカード

宝くじは1枚100円から500円で販売されています。宝くじの賞金は、プールが広すぎると1億円以上になることもあります。

高楽寺を規制する法律では、当選者の賞金は、チケットの総販売額の50%のしきい値を超えてはならないことが規定されています。残りの50%は政府、慈善団体、NGOに寄付されます。

宝くじ券売場や店と呼ばれる特別ブースでは、宝くじ券を販売しています。彼らは都市のさまざまな場所で活動しています。一部のATMでは宝くじも販売しています。

パチンコ

パチンコは、スロットマシンとピンボールのハイブリッドとして識別されるアーケードゲームです。ゲームは、ギャンブルを禁止する法律の抜け穴が弱いため、本質的にギャンブルを行った後でも日本で動作します。

パチンコ店では、西洋のスロットマシンに触発されたゲームであるパチスロをプレイする人々も受け入れています。人々は、ゲームプレイの一部でもある金属製のボールに賭けて支払いを受けます。 2012年現在、パチンコは日本の総労働力の0.52%を雇用しています。日本での楽しい時間の半分はパチンコ店で過ごし、人々はパチンコの演奏に2,000億ドルを費やしました。

日本ではギャンブルはどのように合法化されていますか?

日本ではギャンブルはどのように合法化されていますか?

日本ではギャンブルは違法です。ヤクザはそこで違法なカジノやギャンブル活動を繁栄させることで知られています。馬の賭け、オンラインパチンコ、宝くじなどのアクティビティで、麻雀はこれらのWebサイトで、従来のカジノカード、テーブル、ホイールゲームの中でお金を稼ぐことができます。麻雀パーラーの所有者とヤミ金融は、ゲームを借金で終わらせたプレーヤーからお金を集めるためにヤクザに連絡します。

じゃんけんは子供向けのゲームと考えられていますが、2010年に日本のギャンブルサイトでこのゲームをオンラインでプレイして100万ドル以上を稼いだ男性。315円の賭け券で、3勝すると1000円を獲得できます。じゃんけんで5回連続で当選した方は1万円。

カジノ管理委員会

日本でのギャンブルの合法化への取り組み

日本の政権は、自民党または自民党が主導するいくつかの動きを目撃し、日本の観光業によって生み出される収入を増やすために、日本でのギャンブルを合法化するよう政府に圧力をかけました。スポーツベッティングの最近のスキャンダルを受けて、問題全体が課題に直面しています。力士が野球をするという出来事は大騒ぎを引き起こした。

石原市長は2000年に大台場にカジノを開くことを提案した。その提案は一般大衆に支持されたが、政府のトップブラスに彼らの承認を得るよう説得することはできなかった。市長はまた、ボートやクルーズでのギャンブルの機会を利用することを指摘しました。しかし、浮かぶビジネスという彼の考えは、政権からはばかげたものでした。

日本のインテリシアは、ゲームが伝統的に日本の文化の一部ではなく、グローバリゼーションと西洋化によってのみ導入されてきたため、日本人はギャンブル依存症になりやすいと考えています。しかし、国内のカジノの合法化の問題全体が新たな勢いを目の当たりにしています。支持者は、2015年に統合型リゾート(IR)有効化法の草案を国会に提出する措置を講じました。

カジノの運営を許可する法案は2018年7月に可決されました。3つのカジノはIRまたは統合型リゾートとして知られるリゾートと統合され、全国の3つの異なる場所で運営されます。 IR事業は、他の国ほど無料ではありません。日本人は、週に3回、月に10回の訪問のしきい値を超えない範囲でギャンブルエリアに入ることができます。ギャンブルを思いとどまらせるために、地元の訪問者にカジノから6000円の追加料金が請求されます。

カジノ管理委員会

CACまたはカジノ管理委員会は2020年1月7日に設立されました。この設立の目的は、日本の統合型リゾートの運営を管理および規制することです。これは、外部キャビネット部門の1つです。片村道夫が初代会長に就任。会長はカジノライセンスを付与および取り消す権限を持ちます。彼はまた、オペレーターと関連する役員を調査することができます。