日本のギャンブル市場のすべて

日本の文化は、立派で規律あるものとして知られているという評判を得ています。日本の伝統では、人々は偶然に基づくゲームにふけることはできません。彼らはそれを悪と見ています。これが、カジノの開設が政府のトップクラスの役人からの反対を目撃している理由です。
日本の刑法第23条は、ギャンブル行為を犯罪者に犯すことを定めています。最近、カジノが制限的な措置の下でギャンブルを開いて運営することを許可するという騒動がありました。 2016年の統合型リゾート推進法により、リゾートは敷地内にカジノを開くことができます。
日本人の入場料として6000円の追加料金が課せられ、週に3回以上、月に10回を超えてカジノを訪れることはできません。

競馬の賭け、宝くじ、スポーツの賭けを除けば、パチンコ店は日本のカジノに最も近いものです。ゲームはピンボールとスロットマシンに基づいています。日本の大手新聞に掲載されたレポートによると、2018年のパチンコ市場は1,800億ドルと推定され、日本の総労働力の0.52%以上を雇用しています。

日本の刑事

パチンコをするのに使われるボールは、賭け、遊びの対象、そして報酬です。パチンコ店では、これらのボールを敷地から持ち出すことはできません。代わりに、敷地外でお金やギフト券と交換できるクーポンを提供します。
したがって、報酬、つまりパチンコボールは敷地内でお金と交換することができず、これがギャンブルの技術的定義に該当しない理由です。

2018年ギャンブル依存症対策基本法では、パチンコを競馬、宝くじ、モトレース、スポーツベッティングのギャンブルゲームとして特定しています。この法律の目的は、ギャンブル依存症の増加とギャンブル依存症によって引き起こされる犯罪行為をチェックすることです。
この法律は、人々がギャンブル依存症と戦うのを助けるための機関の設立を可能にします。日本ではギャンブルは違法ですが、この法律は日本の文化がギャンブルを真剣に受け止めていることを示しています。

カジノ

日本でのオンラインギャンブル

パチンコは日本で最も儲かるビジネスの1つです。ここのモバイルゲーム市場は、2016年に1兆円を超える価値があります。2013年から2年間で2倍の規模になりました。

しかし、オンラインギャンブルは人々の家に浸透しました。 Vera Johnのようなウェブサイトは日本語で運営されており、カリブ海で登録されているウェブサイトでのプレイは合法であるなど、プレーヤーを引き付け、誤解を招くメッセージを表示します。 ISPは他の個人のプライバシーを侵害しているため、警察に情報を提供することを躊躇しているため、警察と行政はこれらのプレーヤーを追跡することができません。したがって、オンラインギャンブルのサイトは、証拠が不足しているため、日本で繁栄しています

Leave a Comment