noriyo_tcpさんのまとめ一覧ページ

知の編集術 編集はおもしろい

編集は誰にでもできる(1)編集は「文化」と「文脈」をたいせつにする(2)編集はつねに「情報の様子」に目をつける(3)編集は日々の会話のように
閲覧数:2001お気に入り数:1

僕がアップルで学んだこと 激動の時代を生きていく上で心がけたいこと

アップルの成功を支える方程式「シンプルな組織」は動きが機敏複雑な組織を作ると方向性がバラバラになり、階層が増えると責任の所在が曖昧になる。意
閲覧数:1568お気に入り数:1

成毛眞のスティーブ・ジョブズ超解釈 カリスマの真似をしても無駄! 「創造性格差」の時代を生き抜くには

ジョブズの真似をしてはいけないジョブズの伝説はフィクションであるジョブズの成功物語は仕掛けの一つ彼の存在が大げさに取りざたされた分、アップル
閲覧数:2478お気に入り数:0

論理的に説明する技術を紹介!

どうして論理的に説明できないのか①考えていることを何も加工せずに、そのまま言葉にしてしまう②主張を言いっ放しで終わること③論証において重要な
閲覧数:2560お気に入り数:1

通貨を考える ユーロ危機で何がみえたのか?

第1章 ユーロ危機は何を物語るのか究極の道は財政統合。実現は長い道のり金融は一触即発状態ドイツの意向次第で、欧州の歴史・命運が左右されるIM
閲覧数:2654お気に入り数:0

「デキル」と評価される人とは───資格や学歴より、助けてもらえる人!

もうひとりでがんばらない21世紀はアライアンス(提携)ビジネスパーソンの時代21世紀に求められる人材→様々な業界に人脈を持っている人=信頼さ
閲覧数:2715お気に入り数:1

「禅」入門 自由に生きるための禅の五つの根本原理とは

1 莫妄想───余計なことを考えるな!経済がどうなるか、東京に大地震が来るのか。そんなことはわからない無責任なのは経済学者、地震学者。わかり
閲覧数:2755お気に入り数:0

世界のエリートが重視している「レジリエンス」を鍛えるには

レジリエンスとはもともと環境学で生態系の環境変化に対する「復元力」を表す言葉それが現代心理学で人の「精神的な回復力」を示す言葉として使われは
閲覧数:2860お気に入り数:0

プリンに醤油でウニになる その他信じられない食品の組み合わせ

ウニ=プリン+醤油甘味、うま味、コクの3つにおいてウニのほうが勝っている”値段の安いウニの味”という表現が適切どちらも卵由来の食品。比較的甘
閲覧数:3308お気に入り数:0

成毛眞の超訳・君主論 今こそ強いリーダーが求められる時代

「」はマキアヴェッリ ・は成毛流「幾人かの賢人を集めて話を聞く」イエスマンは数が多ければ多いほど、自分の感性を鈍らせる「善行でも怨みを受ける
閲覧数:2080お気に入り数:0

アメリカで大量発生!13年と17年周期で現れる素数ゼミの謎(とその英語名は?)

素数ゼミ(周期ゼミ)とは体長2〜3センチ100メートル四方(一万平方メートル)に40万匹!1平方メートルに40匹、10平方メートルの部屋なら
閲覧数:2089お気に入り数:0

読書の技法 月平均300冊、多い月は500冊以上読みこなす!佐藤流「本の読み方」とは

①熟読の技法───基本書をどう読みこなすか基本書は3冊、5冊と奇数にする定義や見解が異なる時、多数決をすればいい上級の応用知識をつけようと欲
閲覧数:3084お気に入り数:1

UMLは手段 成功/失敗するプロジェクトの違いとは

負け組パターンを分析するトレーニングを言語研修と考えているプログラミング言語の表現対象は”プログラム”だが、UMLの表現対象は”モデル”ツー
閲覧数:3586お気に入り数:0

経済にとって大事なこと3つと、日本経済に必要なこと

経済にとって大事なこと3つ①生産性成長長期的な生活水準の向上はほとんど、生産性の向上に依存②所得配分は社会の雰囲気を変える不平等が広がると、
閲覧数:3361お気に入り数:0

本を読んだら、自分を読め 自分で自分を救う仕組みを構築する方法

本を読めば、自分が読める読書という行為は、自分が何をわかりたいと思っているかを知る過程の1つ本は自分の教養の程度を映す鏡だといういい方もでき
閲覧数:2434お気に入り数:0

最強「文章力上達」マニュアル 読者の興味を引きつけ、説得するには

第1章 メッセージこそ重要だ1適切なメッセージは、ひと言でいえる書きたくてたまらないか?、盗まれたら怒り狂うか?「見たまま感じたまま」ではダ
閲覧数:2416お気に入り数:1

レイヤー化する世界 私たちを下から支配する、テクノロジーがつくる<場>

現代───第三の産業革命が起きているかつては先進国とそれ以外というウチとソトに分断されていた二十世紀の世界システムが、逆回転している先進国と
閲覧数:1835お気に入り数:0

小飼弾の失言学 「失言リスク」との付き合いかた

第一章 キジも鳴かずば打たれまい!?失言は、発言そのものではなく、立場が決める公の場では、建前だけ述べろ。本音は語るな「王様の耳はロバの耳」
閲覧数:2467お気に入り数:0

稼ぎたければ、働くな。常識を疑い、常に考える

働かない人ほどよく考える「差別化」とは「常に考える」ことちょっとした一工夫でも実際にそれを形にすることで、プラスアルファの価値はいくらでも生
閲覧数:1782お気に入り数:0

進化しすぎた脳 人間は脳の力を使いこなせていない? 人間は脳の解釈から逃れられない?

ラジコン・ネズミに自由はあるか?脳は機能が局在化しているある部位はこれ、ある部位はそれ、という風に専門化している。だからネズミの脳に刺激を送
閲覧数:2019お気に入り数:1