otosulaさんのまとめ一覧ページ

人生を輝かせる可能性を秘めた時間術

内容まとめ一日24時間を効果的に使うための方法がたくさん紹介されている。集中力が高まるリズムに合わせて作業をすることが基本で、その集中力の高
閲覧数:6575お気に入り数:0

アウトプット視点の自己啓発

アウトプットを先に行う大事さ、どのようなアウトプットするのかが書かれている。人生の9割はアウトプットで決まる○人の記憶は20分。インプットは
閲覧数:6878お気に入り数:0

人生を舞台とみれば

居場所づくりを独自の視点で解説した本。即興舞台とその中での振る舞いが現世界の居場所づくりに生かせる点を軸とした内容。はじめに○自分の役割が分
閲覧数:3390お気に入り数:0

彼女だから伝えられるノウハウ

ハーバード大学とジュリアード音楽院の経験を持つ著者ならではの視点で書かれているノウハウ、著者が小さい頃から実践してきた学習方法、習慣、考え方
閲覧数:4483お気に入り数:0

キホンの心構えと活動を

VUCA時代を進む重要な考え方、および、その方法が記載されている。限られた時間で成果を出す○基本的な考え方時間短縮(同じアウトプットを短時間
閲覧数:2369お気に入り数:0

アウトプットを俯瞰的に理解しよう

アウトプットの基本、話す、書く、行動する、トレーニングに分けて説明されている。少し厚めの本だが絵が豊富に差し込んであるだけで軽く読める。アウ
閲覧数:6575お気に入り数:1

イノベーションの取り組み方

考え方を変える様々な方法が書かれている。ラテラル・シンキングができるようになる10の方法○1.前提を疑う「そもそもどうしてこのやり方を」と問
閲覧数:4221お気に入り数:0

人はどんな人が好きなのかの参考にも

内容まとめあらゆる場面で人に好かれる「安心感」の与え方オーバーリアクションする相手が間違っていても部分否定で返す(「○○という点では~」)少
閲覧数:8306お気に入り数:0

イシューからはじめよ

基本○価値のある仕事は「イシュー度」と「解の質」で決まる。○イシュー度が高い問題を選び、高い質で解く道を進むこと(反対は「犬の道」)。○イシ
閲覧数:7394お気に入り数:0

10分以上悩んだら読む本

悩みを分かりやすい哲学で説明した本。ポジティブ・シンキングなどとは違う切り口で悩まない考え方を示している。1.悩むことから脱する考え方○悩む
閲覧数:2772お気に入り数:0

達成習慣を身に着けて仕事を面白くする

3ヶ月サイクルの目標設定とそれを実現するための具体的な考え方、アプローチが書かれている。第1章:毎期の目標、ただの「努力目標」になってません
閲覧数:7349お気に入り数:1

モチベーションに頼らない習慣作り

目標を小さくすることで得られるメリットとその実践方法が書かれている。①小さな習慣とは何か?○わずかな意志の力で達成できる目標○よい習慣を長く
閲覧数:1470お気に入り数:0

効果の高い学習ができるようになる

勉強の効率を上げる具体的な方法が書かれている。勉強方法のみでなく、勉強前、勉強後、上級テクニックなどに分けて書かれている。第二章:「超効率勉
閲覧数:1808お気に入り数:0

今必要なマネジメント

内容まとめ1on1ミーティングの具体的なステップ、使える質問例、効果が書いてある。なぜ、今1on1ミーティングで人も会社も変わるのか○なぜ今
閲覧数:2033お気に入り数:0

頭の良さをフェルミ推定で手に入れる

筆者が考える頭の良さのうち「地頭力」を鍛えるための本。思考ポイントである「結論から」「全体から」「単純に」を学べる。1章:「地頭力」とは何か
閲覧数:3812お気に入り数:0

型とステップで作文

文章の作り方を「型」と「ステップ」で表している本。Part-1:「伝える力」と「地頭力」が一気に身につく「東大作文」Step-1:あとがき作
閲覧数:6262お気に入り数:0

成果が出る問題に取り組んでいるか?

内容まとめ正しい問題を定義すること、結果が出る問題に取り組むことの重要性を説き、そのためのテクニック、企業の事例、ケーススタディが記載されて
閲覧数:4129お気に入り数:0

3つの習慣は相乗効果を発揮する

やりたいことをが見つかる3つの前提必然と偶然によって成り立つ進化、発展を続けるWANT感性が敏感になれば見つかるWANT感性を磨く心のブレー
閲覧数:2281お気に入り数:3

行動の瞬発力を上げる考え方と環境づくり

行動の瞬発力を上げるためのヒントが書かれている。単に行動に着目した内容でなく、内面から、または、人間関係からと広く書かれている。1.結論を持
閲覧数:1581お気に入り数:0

ファシリテーションの教科書

会議での具体的な質問事例の他に、会議の重要性を説く「循環モデル」、ファシリテータの振る舞い方、会議のプロセス、会議設計シートの使い方について
閲覧数:7390お気に入り数:0