飛立知希さんのまとめ一覧ページ

米朝首脳会談「6.12」後の世界に通用する視座で闊達な議論を巻き起こす

 本書は「自衛隊を活かす会:21世紀の憲法と防衛を考える会」が2017年12月25日に主催した第15回シンポジウム「北朝鮮の核・ミサイル問題
閲覧数:8151お気に入り数:0

対話なき欧米の武力行使では解決できないグローバルテロリズム 

 著者は本書を書くにあたり、始めに本書のタイトルについて、こんな断り書きをしている。 「これはムスリム(イスラム教徒)が好戦的だという意味で
閲覧数:3203お気に入り数:0

戦没者遺骨収集活動を行う キャスターと陸上自衛隊予備1等陸士という異色の経歴の著者のデビュー作!

本書は、戦後問題ジャーナリスト、日本文化チャンネル桜キャスターであり、陸上自衛隊予備1等陸士という異色の経歴を持つ著者の「愛国女子」の真実に
閲覧数:2032お気に入り数:0

「北の非核化」を巡り米中朝が騙し合いの歴史を繰り広げる背景を理解する最適の書

 2035年までに中国を世界一流国にする。この「2035」という数字こそ、習近平の発する暗号、「習近平コード」である。党大会直前に、軍首脳を
閲覧数:3750お気に入り数:0

自衛隊のリスクを語らぬ安保法制の安倍政権vs野党の空理空論攻防を斬る!

 本書は自称「紛争屋」の東京外国語大学大学院教授伊勢崎賢治氏が2015年9月19日に日本で安全保障関連法が成立した歴史的大転換を受け、自身の
閲覧数:3542お気に入り数:0

世界では既に自然再生エネルギーが原発を上回る 「原発ゼロ」を叫ぶ「小泉語」を読み解く良書

「原発ゼロでも東京は五輪パラリンピックを成功させられる」。
 今、東京都知事選の候補に立つ細川護煕元首相の応援演説に都内を駆け回る小泉純一郎
閲覧数:3599お気に入り数:0

なぜ戦場ジャーナリストは人質になっても、また戦地へ赴くのか?

 本書はフリージャーナリストの常岡浩介氏が、2010年4月1日にアフガニスタンでヒズビ・イスラミに誘拐され、157日間の人質にされた事件を同
閲覧数:3285お気に入り数:0

癌闘病の末、永眠。「病気を言い訳にしたくない」著者は病気に負けなかったのではないか?

 18歳でがんを発症した高校生・横山友美佳。 彼女は、現在日本女子バレーボール界を牽引する木村沙織選手と同じく、将来を期待され、北京オリンピ
閲覧数:3975お気に入り数:0

東アジアにおける課題解決のための新しい民間外交の形

 迫りくる日中韓の東アジア危機を前に、今、新しい民間外交の形として「言論外交」が求められている。2013年10月26日から2日間に渡って北京
閲覧数:2760お気に入り数:0

決して軍事独裁政権を憎まなかった非暴力主義の旗手

 1991年にノーベル平和賞を受賞したアウンサンスーチー氏は、ミャンマーの希望として国民の期待を一心に担ってきたことで、あまりに有名である。
閲覧数:2480お気に入り数:0

己のためではなく、他者のために生きる「武士道」を貫いた八重

幕末の戊辰戦争でスペンサー銃を構えて戦った女傑がいた。後に同志社大学創設者の新島襄の妻となる新島八重である。本書は会津藩の戦いから新島襄との
閲覧数:3014お気に入り数:0

池上彰さん級に日本一分かりやすい!パレスチナ問題

本書は今なお混迷を極めるパレスチナ問題を、ユダヤ人とパレスチナ人の2人の少年の立場から漫画調に豊富なイラストを盛り込んだ入門書である。本書で
閲覧数:4665お気に入り数:0

軍靴の音が聞こえる戦争準備のための秘密保全法制

 本書は2013年12月13日に公布後も、特定秘密保護法(以下、秘密保全法)廃止に向けた反対国民大運動の先導者としてこの国の行く末を強く憂い
閲覧数:3984お気に入り数:0

残虐さだけ誇張されがちな戦争報道のプロパガンダを見抜く イスラム戦士の素顔

 本書は自衛隊少年工科学校を経た鵜澤佳史氏が2013年4月にシリアのイスラム過激派「ムハンマド軍」に入隊し約3か月間実戦を戦った経験から、日
閲覧数:2652お気に入り数:0

終わらないイラク戦争 イラクと福島を繋ぐ被爆と英国から学ぶべき日本加担の検証

 本書は2013年でイラク戦争開戦から約10年を迎え、その間2011年に3.11を経験した日本の福島県民が、被曝という健康被害の当事者となっ
閲覧数:1697お気に入り数:0

秘密保護法で封殺される「知る権利」と「表現の自由」

 本書は2013年10月25日に安倍政権が国会に上程した、「特定秘密の保護に関する法律案(以下、秘密保護法案)」の問題点に極めて強い危機意識
閲覧数:3688お気に入り数:0

日中韓関係はなぜ、これほど悪化しているのか?

 今、日中韓関係は国交正常化後最悪と呼ばれる危機的状況の渦中にある。 2014年3月25日のオランダ・ハーグで、バラク・オバマ米大統領の仲介
閲覧数:3578お気に入り数:1

安倍政権の「集団的自衛権」は不要! 憲法九条堅持で非武装自衛隊の「ジャパンCOIN」を

 本書は、日本政府特別代表としてアフガニスタンの武装解除を指揮した「戦場」を知る自称「紛争屋」の著者が、2014年7月1日に安倍政権が閣議決
閲覧数:2690お気に入り数:0

 学習や急な出張に必携!マンガを通じてロシアが分かる入門書

 「ソチ五輪パラリンピック」や混迷を極める「ウクライナ政変」で今、改めて注目が集まるロシア。本書は学生や多忙なビジネスパーソンにも短時間でロ
閲覧数:3596お気に入り数:0

閉塞した社会の精神罹患者というレッテルを剥がす リカバリー

 リカバリーの学校は2000年からIPS(IndividualPlacementandSupport)と並行して、リカバリーに関する心理教育
閲覧数:2586お気に入り数:0