kaerumamaさんのまとめ一覧ページ

極限世界に住むすごい生き物を紹介!

人間とは、都合よく、バランスよく、進化してきた種なのです。サイガステップに住むウシの仲間。巨大な鼻が空気を適温にし、極寒の地域でも生息。カン
閲覧数:1584お気に入り数:1

神戸少年Aの物語。

作家志望の30歳冴えないOL、今日子。東京での生活にも疲れはてた頃、地元で母と同居する妹の第二子出産を機に、故郷に戻る事となった。その帰郷が
閲覧数:874お気に入り数:0

子どもの能力を高めるために毎日の食事で気をつけたいこと

記憶力、集中力を高める①脳の唯一のエネルギー源である炭水化物などの糖質の補給を怠らない。 なお、炭水化物は、吸収時間からスポーツや試験などの
閲覧数:1906お気に入り数:0

母の作法から実践したい作法を紹介!

母として、だけではなく、一人の人間として己を振り返るのによい本です。1自分の生き方の作法子どもがすべてにならない。私がすべてならない。夫がす
閲覧数:9170お気に入り数:2

脳は心がけ次第で退化しない!!脳のアンチエイジングのヒント

脳のアンチエイジング40代以降から高くなる脳の機能は、思考系。脳は使わないと衰える。脳は飽きっぽいのでいつもと違う刺激と与えてやるとよい。同
閲覧数:1811お気に入り数:0

今すぐ、美術館へgo!

美しい墓「芸術に多少なりとも理解のある家政婦」を探していた「マグノリアのマダム」。不幸にも両親を亡くして、孤児院育ちの「マリア」は美術学校を
閲覧数:2871お気に入り数:0

ロケット「セイレーン」の打ち上げに失敗。下町ロケットの書評・感想

ロケット「セイレーン」の打ち上げに失敗した、研究者、佃航平。彼を待っていたのは、手のひらを返したような同僚の冷たい仕打ち。彼は、逃げるように
閲覧数:1884お気に入り数:1

何処かでこんな事があるかも?

12人の少年少女が、それぞれの思いを胸に廃墟の病院へと集う。12人の共通点は、あるサイトで集まった、死にたいという思いを持つという事。このサ
閲覧数:513お気に入り数:0

普段の子どもに対する接し方で気をつけたいこと。

信頼関係をつくる ①「ちゃんと聴く」がまず基本 「どうせ話したって聞いてくれない」と思ったら子どもは何も話さない子になってしまう。  結論を
閲覧数:2673お気に入り数:3

刺激がないとか悶々とした人におすすめ

吉田幸子。通称、ルイーズ吉田。3年前より、ショッピングセンターの片隅で占い師をやっている。短大卒業後、勤めた会社で上司との折り合いが悪く半年
閲覧数:1181お気に入り数:0

腰痛持ちの現代人へ!誰でもできる‼︎

背骨コンディショニングの3要素1.ゆるめる仙骨・背骨の歪みにより固まった関節や神経をゆるめる2.矯正する歪んだ仙骨・背骨を元の位置に戻す3筋
閲覧数:1768お気に入り数:0

ひとりぼっちの子がいたら、、、

私は、小柳奈ノ花。お父さんとお母さんはいつも、仕事ばかり。学校の友だちは、頭が悪い子ばかりで、友だちらしい友だちはいない。強いて言うなら、隣
閲覧数:422お気に入り数:0

ハラハラドキドキ

またしても、佃製作所にピーンチ!ロケットのバルブと、人工心臓の部品の発注が、NASA出身という輝かしい経歴を持つサヤマ製作所に、乗り換えられ
閲覧数:468お気に入り数:0

誰からも好かれる、「気のつく人」になる24の習慣

人間関係が良ければ毎日が楽しく過ごせることでしょう。そのためには、誰からも好かれる、「気のつく人」になるのが最短方法。どれか一つでもよいので
閲覧数:3076お気に入り数:4

無意味なことは意外と重要だったりする!どうでもいいトリビア集

2.寿司をカンと数えだしたのは、平成に入ってから。3.冷やし中華は、4月末に始まり、9月で終わる。9.日本人の2割は牡蠣にあたっている。10
閲覧数:1088お気に入り数:0

摩訶不思議な世界へトリップ!「嵐のピクニック」の書評・感想

アウトサイド私は、親の事故満足のために無理やり、ピアノ教室に通わされていた。あまりのやる気のなさに4つも教室を転々としていた。いつも、先生か
閲覧数:944お気に入り数:0

憧れのカフェのオーナーの人生がじつはこんな感じだったら?

アキコは、食堂をやっている。一階が店舗で、二階三階が居住スペースになっている。突如亡くなった、母がアキコを女手ひとつで育てあげた食堂を、アキ
閲覧数:1016お気に入り数:0

究極のラブストーリー「ストーリー・セラー」の書評

sideA作家である妻は、考えることで、寿命が縮まってしまうという難病におかされてしまう。愛する妻であることはもちろん、作家のファンでもある
閲覧数:1034お気に入り数:0

芥川龍之介の名作になぞらえて

病院の中父が永眠した。医師たちの説明は専門用語ばかりで小難しく、分からない。色々な部署を聞き回るうちに、、他生門下村人志は、うだつの上がらな
閲覧数:145お気に入り数:0

こんな生き方できたら素晴らしい

新潟から、短大進学のために上京したマリエは、カフェにはまり、神楽坂にカフェをオープンする。しかし、本人の甘さゆえに、ほどなく、店を閉める事と
閲覧数:575お気に入り数:0