shantiさんのまとめ一覧ページ

松下幸之助の珠玉の言葉が詰まった何度も読み返したい本「道をひらく」

テーマごとに松下幸之助の考えが綴られた短文集。ひとつひとつの文に真理がある。今のボクにずっしりと入ったセンテンスを紹介する。道 自分には自分
閲覧数:1737お気に入り数:1

「知識」と「思考」は全く別のもの、頭の回転が早いと言われる人は「思考の棚」を持っている

「思考」は「知識」にだまされる・知識が思考の邪魔をするため、誰にとっても、自分が詳しい分野において斬新なアイデアを受け入れることは、よく知ら
閲覧数:3354お気に入り数:0

ライトSMでいつものSEXを新鮮にしよう

SMへの誘い方男性は、『こういうことをしよう』と積極的に彼女を誘ってあげてください。Mっけのある女性が密かに望んでいる願望をあなたが提示する
閲覧数:2305お気に入り数:1

変化とは何かを失うことではなく何かを得ることなのだ。チーズを探す物語で変わることの重要性を説く

メタファーに満ちた物語ある迷路で起こった出来事をめぐる物語で、登場人物は「チーズ」を探し求める二匹と二人。このチーズは、私たちが人生で求める
閲覧数:2519お気に入り数:0

並外れた努力と勝利への執念が勝ち続けるということ!梅原大吾の仕事術!

泥臭く、並外れた努力による自信 いつまでもゲームばかりやっている自分の将来への不安を、狂気とも思える圧倒的な努力と勝利への執念により、ねじ伏
閲覧数:1340お気に入り数:0

【名言だらけ】成功の秘訣は、優秀になるよりも成長市場に飛び込むこと!

波に乗る「今、大きく成長している企業があるのはルールのない業界だけだ」と。その当時でいうとパソナ、光通信、フォーバル、日本ソフトバンク、ミス
閲覧数:2635お気に入り数:0

簿記の主要概念、仕訳の基礎

凝縮された仕訳の基礎が端的に書かれた約20ページ程度と適用別勘定科目の一覧が十数ページ。残りの大半は各勘定科目の解説、具体例、仕訳のルール、
閲覧数:2126お気に入り数:1

起業家サラの物語を通して、起業術を知ることができる。

学びたいこと起業する人としない人の違いは何か?起業した人曰く、「やるかやらないかだけだ」と聞いたこともある。起業していない僕にはその差は大き
閲覧数:2286お気に入り数:0

20歳のときに知っておきたかったことから10の名言を紹介!

第1章 スタンフォードの学生売ります 自分の殻を破ろう・学校の成績は相対評価。つまり誰かが勝てば誰かが負ける仕組みになっている。社会に出れば
閲覧数:1381お気に入り数:0

本書は組織を変えたいと考えているリーダーに向けた、生きたケーススタディーである

今よりも10倍挑戦して、5倍失敗して、その代わり2倍成功させていく。宮坂流のマネジメントの本質「原理原則で動かす」 つまり、意思決定をする判
閲覧数:2397お気に入り数:2

伝え方にも技術があった! 何度も読んで身につけたい、3つの伝える技術

伝え方にも技術があった世の中大勢の伝え方は、温泉でお気軽ピンポンをやっているレベル。つながるし、一応ピンポンにはなっている。その状態をチャン
閲覧数:1563お気に入り数:0

ストーリーを活用した効果的な伝え方

・ストーリーテリングはアートに匹敵する・ゴールは伝えることではなく聞き手に新しいことを持ち帰ってもらうこと・ストーリーは人類の魂に深く組み込
閲覧数:2137お気に入り数:0

問題の原因を見極め、打ち手を考える方法

コンサルの基本的な思考パターンを知れる。仕事でこれを使って論理展開したらコンサルに一目置かれた。染みこむまで何度も読みたい良本。問題解決能力
閲覧数:3294お気に入り数:3

「小さな会社」≒「自分」と読み替えながら読むのもアリ!ブランド戦略のヒント

「わかりやすい」方が売れる時代・「1週間分のNYタイムスの情報量は、17世紀の英国人が接した一生分の情報量」、「人は記憶したことの8割を、2
閲覧数:1378お気に入り数:0

読書効率を飛躍的に向上!コンサルティングアプローチで本を読む

コンサルティングワークと同様に読書も「選択と集中」で一点突破する・自分が取得したい知識・スキルについて俯瞰して考察して、そこから狙いを1点に
閲覧数:1271お気に入り数:0

プログラミングは現代の建築である。

プログラミングは現代の建築である。「半世紀に渡る歴史物語、全ての起源は、建築家アレグザンダーにあった」。プログラミングと建築の類似性、Wik
閲覧数:2171お気に入り数:0

制約条件の理論(TOC)のポイントまとめ

著者が提唱する制約条件の理論(TOC:TheoryofConstraints)「システムのアウトプットは、その最も弱い部分の能力で制約される
閲覧数:2529お気に入り数:1

「自分の時間」を再発見する考え方

この本を再読したあるとき、翻訳者が自分の考えだと思っていたことは、実はベネットの考えに基づいていたことに気づいたそうだ。彼はこの本を「私の”
閲覧数:2462お気に入り数:2

1分間で部下の気分をよくさせ、よい成果を生みだすマネジメント手法

有能なマネジャーを探し求めて業績に関心のあるマネジャーは「独裁的」というレッテルを、部下に関心のあるマネジャーは「民主的」というレッテルをよ
閲覧数:909お気に入り数:0

象を例えにしたやる気を出す方法とは

本書の特徴は理性を「象使い」、感情を「象」、環境を「道筋」に例えている点だ。筆者は、理性に訴えかけ、感情を揺さぶり、環境を整えるという3つの
閲覧数:2028お気に入り数:0