くまくまさんのまとめ一覧ページ

嫌味なやつら

 魑魅魍魎に襲われる人間を憐れんだ天帝陛下が地に下した一輪の花は、一人の天女と八本の神剣に変じた。天女が織った衣は魑魅魍魎を遠ざけ、神剣を授
閲覧数:1387お気に入り数:0

楽しみながら

楽しみながら、飽きないように手先を使う作業などを取り込んだドリルだと思います。
閲覧数:3441お気に入り数:0

振り返り用

一から勉強し始める人向けというよりも、ある程度は把握したので試験に受かるためのテクニックを学びたいと言う様な人の方に相応しい本なのだと思う。
閲覧数:615お気に入り数:0

予想どおりに不合理の書評・感想

本書の概要 伝統的な経済学は、人間に十分な情報を与えれば経済合理性に基づいた正しい判断を下す、と言う前提に基づいて議論を展開する。しかし、人
閲覧数:2774お気に入り数:2

あらためて考える教育。「学校へ行く意味・休む意味」の書評

 結論に向けて論理立てて事実を積み上げていくような構成ではない。教育という幅広い分野について、歴史を掘り下げてみたり、解釈を提示してみたり、
閲覧数:1644お気に入り数:0

しっかりとした哲学がある

ちょっと有名になった人が適当なことをダラダラと書いた本なのかと思い手に取って見た。確かにそういう部分もあるのだが、かなり真っ当に感じられる哲
閲覧数:955お気に入り数:0

きらきら装丁

きらきらの装丁で見ただけで女の子の興味を引きそうなデザインになっています。まずは興味を持つことが重要なのだと思います。
閲覧数:4517お気に入り数:0

平成30年度までの変更点を一挙に

平成28年度から平成30年度まで、実務に合わせるの方針の下、段階的に改正されていく出題範囲を総括したWEB講座を書籍化したもので、DVDに収
閲覧数:1207お気に入り数:0

理想論からだけでは見えない、日本の「農業の真実」とは?

理想論からだけでは見えない、「農業の真実」とは? 親戚に農家の人がたくさんいて小さい頃は手伝いをさせられたりもしたので、農業にはそれなりに意
閲覧数:2477お気に入り数:1

大統領任命の政治学の書評・感想

 本書では、米国の官僚組織に対する政治任用に関して2つの問いを設定している。1つは、組織によって政治任用の多寡があるのはなぜか、であり、もう
閲覧数:1812お気に入り数:0

辞書風のまとめ

割と簡単なんだけれども誤用が多い様な英語表現を辞書風にまとめている。単語の持つニュアンスは分かり辛いので、そういったことを整理するのには役に
閲覧数:8408お気に入り数:0

タイトルが媚びている

タイトルが対象読者に媚びている感じがして個人的には気に入らない。そもそもこの本の内容はトリセツと言えるのか疑問がある。そしてタイトルでは媚び
閲覧数:1086お気に入り数:0

一二年の歳月がもたらしたもの「テンペスト―シェイクスピア全集〈8〉」の書評・感想

 ミラノ大公プロスペローは、弟のアントーニオによりその地位を簒奪され、アントーニオを後見したナポリ王アロンゾーの顧問官ゴンザーロの慈悲によっ
閲覧数:1216お気に入り数:0

古典経済学からケインズ経済学へ。マンキュー マクロ経済学Ⅰ 入門編の書評・概要

本書の概要 パンを生産して消費するという、家計と企業のみのもっとも単純な経済モデルから始まり、閉鎖経済、開放経済と、順々にパラメータを増やし
閲覧数:2204お気に入り数:1

日本の海産プランクトン図鑑の書評・感想

本書の構成 山口県岩国市にある微小生物園、ミクロ生物館が監修した、実際に日本近海で採集出来るプランクトンのカラー図鑑である。索引ベースで17
閲覧数:2158お気に入り数:2