くまくまさんのまとめ一覧ページ

ある個人視点からのSANYO衰亡記

 昭和四十三年に三洋電機に入社した男性のビジネスにまつわる自伝であり、そのうち三割ほどは真如苑という宗教団体の紹介に充てられている。また、三
閲覧数:269お気に入り数:0

全領域をカバー

教科書と問題集の分冊となっているシリーズの教科書の方だ。一通り全領域をカバーしている様に見える。
閲覧数:199お気に入り数:0

読みやすく仕上がっている

オビに書いてある日商簿記2級から税理士というのはかなりのステップアップだと思うが、それを目指すための教科書・問題集という位置づけで出版されて
閲覧数:373お気に入り数:0

保育所保育方針改定に対応

 2017年3月に改定された保育所保育方針に基づいた保育士試験対策テキストの下巻であり、「子どもの食と栄養」「保育原理」「教育原理」「社会的
閲覧数:215お気に入り数:0

振り返りのために

参考書として、一度勉強したことを後から思い起こしながら振り返るためのヒントを与えてくれるという用途には使える本だと思います。また、介護福祉士
閲覧数:232お気に入り数:0

N女にインタビュー

 社会貢献を目的とした組織、団体、企業などのソーシャルセクターで働く女性のことをN女と定義しているらしい。元々はNPOで働く女性から来ている
閲覧数:291お気に入り数:0

基本的な問題を繰り返し解く

意外に薄い本なのだが、解答のテクニックや予想問題を解くのではなく、基本的な問題を繰り返し解くことで理論的なつながりを理解しようという思想に基
閲覧数:258お気に入り数:0

取りまとめられた本

過去の問題集と試験に向けた模擬試験が取りまとめられた本になっています。
閲覧数:226お気に入り数:0

親が読む本

算数につまづく子供の気持ちは、算数に何の疑問も抱かずに通り過ぎた人にはなかなか理解できない。それが親であれば、子供にとっては中々に不幸である
閲覧数:346お気に入り数:0

音の連なりに生きる人々。「神曲プロデューサー」の書評

 スタジオミュージシャンの蒔田シュンと、トップミュージックアーティストの海野リカコを軸として、音楽業界の悲喜交々を描いた連作短編だ。「超越数
閲覧数:1245お気に入り数:0

上位者に立ち向かう

将棋の対局における休憩時間に食べる勝負めしにフォーカスしたマンガの第2巻。第1巻では美味しいご飯を食べると対局負けなしだった峠なゆたですが、
閲覧数:251お気に入り数:0

上位者に立ち向かう

将棋の対局における休憩時間に食べる勝負めしにフォーカスしたマンガの第2巻。第1巻では美味しいご飯を食べると対局負けなしだった峠なゆたですが、
閲覧数:199お気に入り数:0

本当に社会人だった

 これまでは橘邸の中でほとんどおさまっていた物語が、少しずつ世界に広がる兆しを見せ始めます。第1巻では登場しなかった会社の同僚も登場します。
閲覧数:297お気に入り数:0

本当に社会人だった

 これまでは橘邸の中でほとんどおさまっていた物語が、少しずつ世界に広がる兆しを見せ始めます。第1巻では登場しなかった会社の同僚も登場します。
閲覧数:233お気に入り数:0

思考の刺激。「混乱の本質」の書評・感想

 「ProjectSyndicate」の論説を抜粋し翻訳した本だ。2012年の予測なので内容的には過ぎ去ったものではあるが、当代一流の論客た
閲覧数:802お気に入り数:0

食事から切り取る将棋の魅力

 峠なゆたという、現実にはまだ誕生していない女性の将棋プロ棋士を主人公として、対局の休憩で棋士たちが食べる食事にスポットを当てた、凄くニッチ
閲覧数:480お気に入り数:0

企業再建の実績を語る「6社を再生させたプロ経営者が教える〈超実践的〉経営戦略メソッド」の書評・感想

 タイトルに“実戦的”とある。何が実戦的かと言えば、経営戦略を策定する実戦的な方法論を明示しているという部分が実戦的だ。その様な本は巷にあふ
閲覧数:1315お気に入り数:0

日本の歴史を再江戸時代化および中国化というキーワードで読み解く「中国化する日本 日中文明の衝突」の書評・感想

 「歴史に裏切られた武士平清盛(上杉和彦)」「父が子に語る近現代史(小島毅)」「それでも、日本人は「戦争」を選んだ(加藤陽子)」「現代日本の
閲覧数:1814お気に入り数:0

磁力がもたらした学問の変化と大航海時代の関係、思弁的文献的現象論から実験的現象論へ

本書の構成 本シリーズは、物理学史でほとんど省みられることがなかったという、中世ヨーロッパの磁力観について、数々の文献による根拠を挙げながら
閲覧数:1514お気に入り数:2

5人5様

 有名なパン屋の経営者インタビュー集。各人、各店、それぞれ特徴があるので以下に列挙します。■渡辺陸「パンのペリカン」パン屋の四代目。先代のや
閲覧数:430お気に入り数:0