kuramaeさんのまとめ一覧ページ

リスクを受け入れ攻めで資産を守れ

ここ最近では減少しつつあるのだが、日本人は得たお金を郵便局の貯金口座や、銀行の預金口座に預け入れる傾向にある。しかし預金や貯金ばかりしていて
閲覧数:7861お気に入り数:0

インターネットの時代だからでこそ「調べる」力は重要!「調べる」論の書評・感想

第一章「調査取材で、一次資料にあたる」「一次資料」は真実を追う、あるいはリアルな情報を得るためには「一次資料」は書かせないものである。その「
閲覧数:987お気に入り数:0

カタカナは深く、それでいて広い。

日本語には様々な種類が存在する。ひらがな・カタカナ・漢字とあるので、その組み合わせによって、日本語には繊細な表現をすることができる。その中で
閲覧数:2900お気に入り数:0

デトロイトの破綻の「本質」とは何か

アメリカにある北東部にミシガン州があるのだが、その中心地にかつては「自動車の街」として名を馳せたデトロイトがある。デトロイトがなぜ「自動車の
閲覧数:9879お気に入り数:0

大事なのは稼ぐことではなく「稼いだ後」

正直本書のタイトルにある質問を聞かれると答えられない。最も私自身「金持ちになりたいか?」と聞かれると、Yesとは答えないと思う。確かにお金は
閲覧数:10716お気に入り数:0

「誤解」を学術的に考察してみた

人間には人間ならではの感情や考え方、行動が存在する。その一つとして「誤解」というのがある。これは価値観はもちろんのと、考え方の違いによる、コ
閲覧数:2247お気に入り数:0

会話が苦手でも「きっかけ」で良くなる

会話が苦手な方にとってはなかなかきっかけをつかめないと言うこともある。しかし会話はふとしたことできっかけをつかみ取ることができる。もちろん「
閲覧数:4127お気に入り数:0

ラテラルシンキングがわかる本「ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門」の書評・感想

「ラテラルシンキング」は文字通り直訳すると「水平思考」であるが、これはどのようなものか。本書はめくるめく「ラテラルシンキング」の世界を実践も
閲覧数:2927お気に入り数:3

バカボンのママから見る「嫉妬」の正体

かなりユニークなタイトルであるのだが、本書は「嫉妬」を題材にしている。そう考えると、なぜ「天才バカボン」のママを取り上げているのかというと、
閲覧数:10341お気に入り数:0

会計をストーリーで学ぼう!「問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい」の書評・感想

著者の「原点回帰」と言える一冊!会計の知識を「ストーリー」で学ぼう!1日目「平社員会計学」まずは会計の「基礎」の部分を取り上げている。収益を
閲覧数:1087お気に入り数:0

凡人だって起業や経営はできます!

10数年前の「起業ブーム」とまではいかないものの、フリーランスになったり、独立開業をしたり、あるいは会社を興したりする人は後を絶たない。それ
閲覧数:7661お気に入り数:0

定年後における第二の人生のために「講師」をやってみませんか?「定年前後の人のための「講師デビュー」入門」の書評・感想

1章「定年後に講師をすすめるこれだけの理由」会社を定年退職してから、自分自身には色々な「自由」が与えられる。最初に書いたようなことを行うこと
閲覧数:1314お気に入り数:0

経験と成功・失敗を元に加速していく方法がここにある!「初速思考」の書評・感想

第1章「経験と時間をムダにしない「1行」記録術」経験とそれにかかった時間を「残す」ために1行でいいから記録をすることが大事である。行動そのも
閲覧数:1253お気に入り数:0

脳科学から見た「依存症」の正体

「洗脳」と言うとなにやら催眠術やカルトといったような要素を持っているようなものを連想してしまうのだが、「洗脳」される要素は、ゲームや食べ物、
閲覧数:5370お気に入り数:0

メディアでは語られないロシアの戦争

ロシアというと4年前の2月にソチでオリンピックが行われた一方で、同年3月辺りからクリミア独立について欧米諸国と対立していると言う印象も捨てき
閲覧数:10261お気に入り数:0

生き方にも人それぞれの「流儀」がある

「生き方」と言うものにも「流儀」があるのだろうか、と言う疑問をもってしまうようなタイトルであるが、将棋棋士の故・米長邦雄氏と評論家の渡部昇一
閲覧数:4317お気に入り数:0

日本のこれからと若者たちを考える「僕たちの前途」の書評・感想

「前途」という言葉の意味は簡単に言うと「行き先」や「道のり」を表す。日本の労働の在り方として「若手起業家」のこれまでとこれからを描きながら、
閲覧数:1502お気に入り数:0

オイシイ健康法こそツッコんでかかれ!!「医師が本当に実践しているツッコミ健康法」の書評・感想

第1章「なぜあの健康法で健康にならないのか?」最近では医者がダイエット法や健康法を提示する本も出ている。流行なものでは某N氏の本であったり、
閲覧数:1444お気に入り数:0

コーヒーを伝える男の半生「私はコーヒーで世界を変えることにした。」の書評・感想

コーヒーに惚れ、コーヒーを求め、コーヒーを作り、コーヒーを伝える男の半生第一章「コーヒー屋になるのが子どものころからの夢だった」子供の頃から
閲覧数:1295お気に入り数:0

サークル、学校、書店などで行われる「ビブリオバトル」の根源とは?

第一章「ビブリオバトルの遊び方」「ビブリオバトル」は会社や社会人サークル、さらには中学や高校、大学でも部活やサークルなどで行われる。ビブリオ
閲覧数:1112お気に入り数:0