kuramaeさんのまとめ一覧ページ

成功のきっかけは大富豪の「教え」から

レッスン1「100冊読書する」変化をするためには様々な人の考え方などを取り入れていく必要がある。そのために「読書」がある。「100冊」の数を
閲覧数:7913お気に入り数:0

本質的な意味で「メディア・リテラシー」とは何か?

「メディア・リテラシー」と言う言葉は私が中学・高校の時からずっとその言葉を聞く機会が多かったのだが、実際の所どのようにして行うのかはいまいち
閲覧数:7937お気に入り数:0

原発を考える本「原発社会からの離脱 自然エネルギーと共同体自治に向けて」の書評・感想

いずれは「原発」から脱し、自然エネルギーの開発を模索すべきであるが、その「原発」から脱すること、そして電力独占や官僚支配からいかに脱するかを
閲覧数:1862お気に入り数:0

対人関係はマインドから

「対人関係」をどのように変えるかによって、自分自身の性格もそうだが、相手からの印象も変わってくる。特に対人関係に苦しんでいる人は「何でこうな
閲覧数:10739お気に入り数:0

まさに「ビジネス書」の羅針盤…6年の時を経て復活

本書は2009年に徳間書店にて出版された「『ビジネス書』のトリセツ」を6年の時を経て、最新の状況に合わせて新訂された一冊である。ビジネス書の
閲覧数:8077お気に入り数:0

ビジネスは「交渉」から…

ビジネス書のコーナーに行くと色々な「交渉術」が並んでいる。私自身交渉事がけっこう苦手であるため、ビジネス書でも交渉術を読んだり、取り上げたり
閲覧数:5574お気に入り数:0

人口は減少する、だからその変化に応じる必要がある。

北海道夕張市が財政破綻をして、もう12年の月日が流れる。現在もなお再建に向けて動いているのだが、まだまだ完全に立て直るまでに時間がかかる。夕
閲覧数:11051お気に入り数:0

ビジネス書をあらすじから読むと見えること

私自身仕事の性か、毎日のように本屋へ足を運ぶ。そこにいくと店の規模によるが、中型・大型の書店の場合は必ずと言っても良いほどビジネス書のコーナ
閲覧数:2330お気に入り数:0

働く理由がわかる!今日が「最後の1日」だとしたら、今の仕事で良かったですか?の書評・感想

人生は何が起こるかわからない。もし順風満帆の人生であったとしてもある日突然、交通事故や突発的な病により死んでしまったとき、今の仕事は本当に良
閲覧数:2904お気に入り数:3

「若者論」の変遷がわかる本「絶望の国の幸福な若者たち」の書評・感想

「俗流若者論」は古代ギリシャ時代から言われ続けており、今もまたそれが生き続けている。本書はその「若者論」の変遷、そして私たちの世代の「希望」
閲覧数:2534お気に入り数:0

人生の幸せや成功は、夢や希望を持つことから始まる「一生折れない自信のつくり方」の書評・感想

Ⅰ.「人生を変える力はあなたの中にある」「自信」や「希望」、「夢」は全て「思い込み」である。そう言ってしまうと反感を呼びそうであるのだが、い
閲覧数:1347お気に入り数:0

不機嫌な女性のための処方せん

人間には「快感」「不快感」の感情があり、特に後者を受け続けると「不機嫌」になってしまう。その「不快感」のきっかけは、女性であれば友達の些細な
閲覧数:612お気に入り数:0

斬新さは「逆」から見えてくる

私自身USJに行ったのは、今から16年前の2002年の1回だけである。ちなみにその1回は修学旅行で行っただけのことであり、個人で行ったことは
閲覧数:564お気に入り数:0

人は誰しもモテたがる、そこには「理由」がある。

人それぞれなのだが、「モテたい」感情は存在する。「モテたくない」とか「すでにモテている」という状態であれば、そういう感情は起こらないのだが、
閲覧数:10560お気に入り数:0

風評はいつでも起こりうるが、負けないことがとても大切である

東日本大震災を始め、農業・漁業などに関して災害が起こると、「風評被害」と言うのが起こる。風評被害について簡単に言うと、災害における無根拠な説
閲覧数:8290お気に入り数:0

松尾知枝氏の人生がわかる本「マイル 極貧からCAへ芸能界へ、階段をのぼる私」の書評・感想

先月、「1日5分で夢が叶う日記の魔法」が上梓された。10歳の頃から21年以上にわたって日記を書き続け、CAをはじめ様々な夢を叶えたものであっ
閲覧数:1912お気に入り数:0

本当のところ「キリスト教」とは何なのか?

キリスト教は私自身小さい頃に関わりがあった。保育園のころは「プロテスタント」の信仰があったため、キリスト教にちなんだ行事も多々行われた。もち
閲覧数:4241お気に入り数:0

新書の良さ、特色がわかる!新書がベストの書評・感想

本書は書評ブロガーの大御所である「404BlogNotFound」のdankogai氏こと小飼氏が新書の良さ、特色を余す所なく伝えている。P
閲覧数:2698お気に入り数:2

笑いを考察した本「笑い ─ その意味と仕組み」の書評・感想

人はどのような時に「笑う」という感情が起こるのだろうか。本書は人間の基本的感情である「笑い」を哲学・社会・文学など様々な角度から考察を行って
閲覧数:2685お気に入り数:0

上から目線はなぜ起こるのか

最近世の中の人々は「上から目線」でモノを言う人が多いのだという。意識しなくても、相手に対して「できていない」と批判したり、威張り散らしたりす
閲覧数:10325お気に入り数:0