kuramaeさんのまとめ一覧ページ

グリーンスパン、バーナンキの襷を受けたイエレンの政策

ベン・バーナンキの後任として連邦準備制度理事会(FRB)議長に就任したのはジャネット・イエレンであり、2014年の1月に就任した。就任当初は
閲覧数:6529お気に入り数:0

教育委員会――何が問題か

昨今から「いじめ」や「学力テスト」「体罰」など教育現場で起こる問題や事件が後を絶たない。その温床はいったいどこにあるのか、学校なのか、教育委
閲覧数:680お気に入り数:0

お清めのやり方によって人はすごくなる。

日本には八百万の神がいるといわれている。家の中や外、さらにはものそのものにも「神」が宿っていると言われている。その中で神々に愛されるためにど
閲覧数:7346お気に入り数:0

「生前供養」という日本独特の文化とは?

「生類供養」とは本書のまえがきにて、「「生類」が何なのか、本来は厳密な規定が必要なのかもしれない。だがここでは、生きもの=動物と考えていただ
閲覧数:9744お気に入り数:0

おっさんの「レンタル」とは?

「おっさんレンタル」とはいったいどのような存在なのか、そして「おっさんレンタル」をやっている中でどのような出会い・別れ・体験を行ってきたのか
閲覧数:6282お気に入り数:0

部下も言葉一つで動かすことができる

会社という組織にいると当然「上司」「部下」は存在する。部下にとって嫌な上司は存在する一方で、上司の立場を見ても嫌な部下、あるいはダメ部下と呼
閲覧数:6525お気に入り数:0

水が流れ、辿ってきた文化の変遷

そろそろ梅雨の時期であるが、その時期が抜けると真夏になる。30度以上の気温が続く状況にある中で水や塩分は必要になってくる。そうじゃなくても、
閲覧数:7994お気に入り数:0

「できる」「できない」は脳が握っている。

「私にはできない」「私には無理」というような仕事、あるいは状況に陥ってしまうことが往々にしてある。しかしそれらはすべて自分自身の心の中にある
閲覧数:7110お気に入り数:0

親の背中を見せることこそ「子育て」の真髄

「親の背中を見て子は育つ」と言うことわざがある。これは、「子供は、親のやっていることを見て、それがあたりまえのことと思って、自分の常識にして
閲覧数:5385お気に入り数:0

「護憲」や「改憲」の前に考えるべき事

憲法改正の論議は今のところ沈静化しているとはいえ、これからまた改憲の動きがある可能性がある。私の根本は改正したほうが良いという意見なのだが、
閲覧数:9445お気に入り数:0

「居眠り」は化学的に見たら「善」だった!

仕事にしても、勉強にしてもそういった居眠りは御法度である。しかしながら居眠りはそういったネガティブなイメージを持たれるが、本書の著者はそれを
閲覧数:6423お気に入り数:0

アニメコンテンツの未来はどこへ?

本書で取り上げる「コンテンツ」は主に「アニメコンテンツ」である。最近アニメも、実際のアニメ放映のみならず、DVD・BDの販売、さらにはグッズ
閲覧数:7346お気に入り数:0

サークル、学校、書店などで行われる「ビブリオバトル」の根源とは?

第一章「ビブリオバトルの遊び方」「ビブリオバトル」は会社や社会人サークル、さらには中学や高校、大学でも部活やサークルなどで行われる。ビブリオ
閲覧数:1160お気に入り数:0

中学受験の「変化」とは何か?

首都圏では5人に1人が中学受験をするのだという。私は体験したことがないのだが、中学受験に関する問題集や参考書は見たことがある。中学受験とは言
閲覧数:667お気に入り数:0

広大なユーラシアも揺れ動いている

かつては経済成長、あるいは発展の著しいところと言うと、日本や欧米諸国と言った所が中心だったものの、21世紀に入ると「BRICs」と呼ばれる国
閲覧数:10047お気に入り数:0

点字の技術の繁栄は並大抵ではなかった。

デパートや図書館などの建物にはありとあらゆるところに「点字」がある。点字が存在することによって目にハンディを抱える方々が自由に暮らせるような
閲覧数:5601お気に入り数:0

「(会社で)働かない」こともまた生き方。

今でこそ働き方は変容しているとはいえ、会社勤めは多くいる。日本国憲法には「勤労の義務」があるものの、何も「会社勤め」を義務にしているわけでは
閲覧数:6350お気に入り数:0

逆境があるからでこそ、成功する

1974年に新日本プロレスでデビューしてからちょうど40周年を迎える長州力。デビュー当時は本名の吉田光雄だったが、ファンの公募により長州力に
閲覧数:7520お気に入り数:0

プロ・ゲーマーとしての勝負のあり方!「勝ち続ける意志力」の書評・感想

「勝負の世界」にいる方々の「生き様」に関する本はいろいろと見てきた。本書もまた「生きざま」を描くとともに、囲碁や将棋と違うプロ・ゲーマーとし
閲覧数:2749お気に入り数:1

周りから「評価」されるにも「理由」や「法則」がある。

会社の中で働いていると、上司や先輩などに「評価」される機会が何度もある。またフリーランスなど独立をしている方々もまた、クライアントなど外部の
閲覧数:8051お気に入り数:0