kuramaeさんのまとめ一覧ページ

ハンディを抱えても大切なものを手に入れることができる。

本書を取り上げる前に、どうしても取り上げなければいけないものがある。それは2014年の9月8日、埼玉県の川越駅で、県内の盲学校に通う全盲の女
閲覧数:5296お気に入り数:0

マスコミと政治と国民の関係と影響とは?

本書は民主党政権が終焉し、自民党が政権復帰して間もないときに出版されたため、民主党政権の総括とも言えるような一冊である。民主党政権では衆議院
閲覧数:3329お気に入り数:0

メタボたちよ立ち上がれ!メタボでも健康になる術がある!!「メタボで何が悪い!」の書評・感想

1章「肥満がすべて悪いわけではない」メタボの基準として日本肥満学会をはじめとした医学会で2005年春に基準を以下の通り決めた。「ウェスト周囲
閲覧数:1415お気に入り数:0

「居眠り」は化学的に見たら「善」だった!

仕事にしても、勉強にしてもそういった居眠りは御法度である。しかしながら居眠りはそういったネガティブなイメージを持たれるが、本書の著者はそれを
閲覧数:6205お気に入り数:0

会社は進化する。しかしそこには「仕組み」がある。

企業は日々刻々と進化、ないしは変化をする。それはだれにも止めることができず、なおかつそれに乗らなければ淘汰されてしまう。その「進化」について
閲覧数:6673お気に入り数:0

統計データを見て誤解を解こう

一昨年あたりからビジネス書コーナーに「統計」に関する本がたくさん出てきた。「ビッグデータ」と呼ばれるようなものの解析を行い、新しいアプローチ
閲覧数:5666お気に入り数:0

知られざる「ネコ」の生態と歴史

散歩をしていると時々猫を見かける。私は猫好きなので、見つけるやいなや猫の声真似をして猫の反応を見て楽しんでしまう。地味と言ってしまえばそれま
閲覧数:7006お気に入り数:0

僕たちはこうして「マネー&フリー」となっていった。

インターネットを利用した情報ビジネス、いわゆる「ネットビジネス」と呼ばれる世界がある。その世界で年収億単位を稼いでいる長者も何人香り、中には
閲覧数:5916お気に入り数:0

「美人」は外見だけでは無い!「なぜか好かれる「ココロ美人」になる5つの幸せオーラ」の書評・感想

「美人」は外見だけでは無い!言葉・行動・思考・雰囲気・マナー全て合わさって美人となるThe1staura「言葉美人<言葉遣い&
閲覧数:2389お気に入り数:0

クラシックの名器「ストラディヴァリウス」ができるまで

楽器の中でも最も有名であり、なおかつ価格も数億、場合によっては数十億にものぼる「ストラディヴァリウス」という楽器なのだが、その楽器には未だ謎
閲覧数:6870お気に入り数:0

30代は「時間管理」で逆転できる!

30代になると、色々な考えを持ち、判断できるような時期である。もちろんそのための生活リズムも取り入れるべきなのだが、実際にどのような事をした
閲覧数:6547お気に入り数:0

「生きること」。それを考えると色々なものがでてくる。

「生きてるってなーんだろう」「生きてるってなーに?」このフレーズを知っている方であればおそらく20代後半から30代と言える。これは「笑う犬」
閲覧数:8041お気に入り数:0

説得は1枚の企画書から

私自身、いろいろな「企画書」を作ることがあるのだが、その企画書をできるだけ簡素に、なおかつわかりやすくつくるために、A4版用紙「1枚」で作り
閲覧数:6716お気に入り数:0

お清めのやり方によって人はすごくなる。

日本には八百万の神がいるといわれている。家の中や外、さらにはものそのものにも「神」が宿っていると言われている。その中で神々に愛されるためにど
閲覧数:7225お気に入り数:0

「不幸」はかならずしもネガティブなものではない。ポジティブになる要素はたくさんある。

「不幸」は人を惨めにするような感じがするが、実際には不幸な体験は決してマイナスになるのかと言うとそうでは無い。むしろ「逆境」という意識を持っ
閲覧数:5632お気に入り数:0

「つらい」感情を「楽しい」に変えさせるヒント! 「苦しい」が「楽しい」に変わる本の書評・感想

本書はストレスにもなる「つらい」感情を「楽しい」に変えさせるヒントを精神科医が科学的な実験に基づき、紹介している。第1章「「苦しい」と「楽し
閲覧数:2743お気に入り数:3

小説を愉しむにも、全ては「脳」から

小説を愉しめる人と、小説を愉しめない人の脳にはいったいどのような違いがあるのか。私は小説を書評している中で疑問に思ったことである。もちろん私
閲覧数:5855お気に入り数:0

「悩み」の要因となくなりかたとは?

自分自身かなり「悩む」ことが多い。特に最近は仕事をしている時も、この書評をしている時も、「これからどうするのか」「本当にこのまま進んで良いの
閲覧数:623お気に入り数:0

ワーグナーの紡ぐ音楽とオペラとは…

クラシックやオペラの世界は敷居の高いものなのかもしれない。実際に私は吹奏楽・オーケストラを経験しているため、身近なものになってきており、趣味
閲覧数:4974お気に入り数:0

クラシック通はどこまで「変」なのか?

私自身クラシックを聴くことが多いのだが、本や雑誌を読んだり、実際に演奏会に行ったりしてみると、「クラシック通」なるものがいる。本書はクラシッ
閲覧数:5686お気に入り数:0