kuramaeさんのまとめ一覧ページ

ラテラルシンキングがわかる本「ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門」の書評・感想

「ラテラルシンキング」は文字通り直訳すると「水平思考」であるが、これはどのようなものか。本書はめくるめく「ラテラルシンキング」の世界を実践も
閲覧数:2792お気に入り数:3

贈る言葉!「媚びない人生」の書評・感想

著者の最終講義の原点となった言葉である。漠然とした不安に苛まれる若者たちが内面の「革命」を起こし、真の意味での「自由」を手に入れるための考え
閲覧数:4793お気に入り数:1

「美人」は外見だけでは無い!「なぜか好かれる「ココロ美人」になる5つの幸せオーラ」の書評・感想

「美人」は外見だけでは無い!言葉・行動・思考・雰囲気・マナー全て合わさって美人となるThe1staura「言葉美人<言葉遣い&
閲覧数:2232お気に入り数:0

「流されてきた」人生をもとに、人生の「泳ぎ方」を説いている一冊「仕事は流されればうまくいく」の書評・感想

1章「この仕事、この職場合ってない?と思ったときのQ&A」希望と違う部署や仕事を任されて、「こんなはずじゃなかった」という人
閲覧数:1253お気に入り数:0

佐賀県武雄市市長の半生「首長パンチ--最年少市長GABBA奮戦記」の書評・感想

齢42を迎える佐賀県武雄市市長がいる。その市長は人生の中でまさに「パンチ」を浴びせられ続けた市長であったという。著者の半生を綴るとともに、今
閲覧数:1853お気に入り数:0

お金の本「定年までに資産1億円をつくる ロスジェネ世代家族持ちへの新マネー戦略」の書評・感想

「ロスジェネ世代」だからでこそ、お金の常識を見直し、定年までに資産を1億円をつくる方法を示した一冊第1章「絶望の時代を生き抜くために」誰も支
閲覧数:1418お気に入り数:0

相撲がわかる本「角界モラル考」の書評・感想

角界は「神聖」なものなのかと思ってしまうが、本書を読むと「高潔」かつ「神聖」な存在の相撲のイメージが崩れる。しかしなぜ「神聖」で「高潔」なも
閲覧数:1811お気に入り数:0

小島武夫の自伝「ろくでなし 伝説のミスター麻雀、酒と女とカネの無頼75年」の書評・感想

数十年にもわたってプロ麻雀の世界で魅せ続けてきた「ミスター麻雀」小島武夫。その男の「生きざま」とはいったいどうだったのだろうか。本書は最初で
閲覧数:2789お気に入り数:0

感情のメカニズムがわかる本「イライラや怒りをマネジメントしてツキと幸運を引き寄せる法」の書評・感想

「怒り」というと、「悲しみ」と並んでネガティブな感情の代表格として挙げられる。本書はその「怒り」の感情のメカニズム、「怒り」を抑えたり、利用
閲覧数:3079お気に入り数:3

気に入られる人になるコツがわかる本「誰からも「気に入られる人」の習慣」の書評・感想

「気に入られる」ことにより、一人ではできないこともなし得るだけではなく、好かれたい、親密になりたい、そういった願望を持つ人のために、「気に入
閲覧数:2253お気に入り数:0

印象を良くする!「人は語感で「いい・悪い」を決める」の書評・感想

語感一つ一つが感情的に「良い」「悪い」印象を与えるという。その「語感」の印象の違いについて紹介するとともに、他人からの印象を良くするためには
閲覧数:2497お気に入り数:3

「クソヤロー」と貶すべからず!「クレーマーに潰される! 」と思った時に読む本の書評・感想

第1章「クレームを知る!―8人の困った「お客様」たち」クレーマーにもいくつか傾向が存在する。営業マンを奴隷にするような人から、威圧し続ける人
閲覧数:990お気に入り数:0

アンソニー・ロビンズの最年少プラチナパートナーが教える!7日間で人生を「進化」させる方法

本書は極貧のアメリカ在住時代から成功者のノウハウを学び、それを講師やコーチを行いつつ、アンソニー・ロビンズの最年少プラチナパートナーとなった
閲覧数:3708お気に入り数:1

野球選手本「進化」の書評・感想

「現役最年長」で選手生活を続けている2選手が語る「メンタル」「技術」、そして「継続」の意味第1章「「心」を強くする~折れない心を保ち続ける」
閲覧数:1507お気に入り数:0

TSUTAYA伝説の店長のマネジメントが学べる本!上司は部下のためにいるの書評・感想

「TSUTAYA伝説の店長」「TSUTAYA伝説のマネージャー」と呼ばれる方がチームマネジメントをどのように実践して言ったのかを示した一冊で
閲覧数:2115お気に入り数:5

「若者論」の変遷がわかる本「絶望の国の幸福な若者たち」の書評・感想

「俗流若者論」は古代ギリシャ時代から言われ続けており、今もまたそれが生き続けている。本書はその「若者論」の変遷、そして私たちの世代の「希望」
閲覧数:2302お気に入り数:0

「ポジ出し」を提唱する本「僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか」の書評・感想

「ダメ出し」や「~叩き」をしている時間がないことを認識し、「外野」ではなく「当事者」として何を考え、提示する「ポジ出し」を提唱している。第一
閲覧数:1471お気に入り数:1

プロフェッショナルの交渉力の書評・感想

本章の最初にも書いてあったのだが、「交渉力」というとビジネスの場で使われることが非常に多い。ましてや「交渉力」という本も大概はビジネス向けに
閲覧数:2695お気に入り数:0

日本史が人生に悩んだときの処方箋?人生に悩んだら「日本史」に聞こう 幸せの種は歴史の中にあるの書評・感想

最近「歴女」がブームになっているのだという。確かに日本・世界のみならず「歴史」はこれまでの日本や世界を知る上で大事なことである。私も書評を介
閲覧数:2216お気に入り数:1

ハーバードに学ぶ!「ハーバード流宴会術」の書評・感想

12月となり、忘年会のシーズンである。もっともその名を冠した「宴会」が休日前となる金曜日を中心に多く行われるのも、恒例と言える。その忘年会の
閲覧数:1900お気に入り数:0