kuramaeさんのまとめ一覧ページ

デトロイトの破綻の「本質」とは何か

アメリカにある北東部にミシガン州があるのだが、その中心地にかつては「自動車の街」として名を馳せたデトロイトがある。デトロイトがなぜ「自動車の
閲覧数:9700お気に入り数:0

成功のきっかけは大富豪の「教え」から

レッスン1「100冊読書する」変化をするためには様々な人の考え方などを取り入れていく必要がある。そのために「読書」がある。「100冊」の数を
閲覧数:7611お気に入り数:0

企業は「社員から」変わる!

自分を変えるのは常に自分であると同じように、会社を変えるためには常に会社であり、かつ社員である。その言葉を知っていても、実際に実行している人
閲覧数:7264お気に入り数:0

アスペルガーは単なる障害に非ず

「アスペルガー症候群」とは「広汎性発達障害の一型。言語や認知の発達の明らかな遅れはないが、何らかの脳機能障害によって、対人関係とコミュニケー
閲覧数:7113お気に入り数:0

「起業」主婦になってみましょう

起業の垣根はドンドン低くなってきている。最近では大学生でも簡単に起業できると言うよりも、1円でも起業することができると言うのがある(実際には
閲覧数:6746お気に入り数:0

お金の稼ぎ方は進化するが、「使い方」も進化する必要がある。

あなたにとって「お金」はどのような存在か。人によって「人生そのもの」「権威づけ」「ツール」と答えはそれぞれ異なる。お金との接し方についてもお
閲覧数:6310お気に入り数:0

昭和の大横綱「大鵬」の品格と強さとは

2014年の九州場所にて、横綱・白鵬が歴代最多タイとなる32回目の優勝を果たした。その一方で、だめ押しや懸賞金の取り方が横綱審議委員会で問題
閲覧数:5794お気に入り数:0

知恵を身につけるべき、しかしどのように知恵を身につけるべきか分からない方がいたら…

「もっと知恵を使って!」本書と出会った時に、高校時代に上記の言葉を思い出した。最も「知恵」とはどうやって出るのだろうか、そうやって身につける
閲覧数:6303お気に入り数:0

未来は名言で切り拓く

「言葉」は人と人とのコミュニケーションを円滑にするためのツールであるが、それは対面での会話だけとは限らない。例えば電車の中で気になる広告を見
閲覧数:7358お気に入り数:0

アンソニー・ロビンズの最年少プラチナパートナーが教える!7日間で人生を「進化」させる方法

本書は極貧のアメリカ在住時代から成功者のノウハウを学び、それを講師やコーチを行いつつ、アンソニー・ロビンズの最年少プラチナパートナーとなった
閲覧数:3798お気に入り数:1

「生き方」術を伝授した本「比べない生き方」の書評・感想

本書は「生き方」術を伝授した一冊である。ビジネススキルと言うよりもどちらかというと哲学や宗教、心理学と言ったところに傾いているように思える。
閲覧数:2688お気に入り数:1

だからでこそ「明けない夜はない」

人生の中で「苦しい」と感じるときは何度かある。私自身も今まさにそのときかもしれないのだが、「苦しい」時が学生でも社会人でも、今やっている仕事
閲覧数:561お気に入り数:0

理想の男性に出会える本「1年以内に理想の自分で理想のパートナーを引き寄せる魔法のレッスン」の書評・感想

「理想の男性」に出会うことができない…そんな女性のために1年以内に出会えるための磨き方第1章「プリンセスマインドレッスン」自分自身どうありた
閲覧数:2535お気に入り数:0

日本世界問わず、特徴的な「地名」を旅する本「世界でもっとも阿呆な旅」の書評・感想

タイトルからしてインパクトの強い一冊である。では中身はどうか。おそらく「旅」にまつわる本の中でも、色々な意味「最強」に無類する一冊である。も
閲覧数:1959お気に入り数:0

天野雅博氏のビジネス思考がわかる本「貧乏は完治する病気」の書評・感想

「居酒屋革命」をプロデュースしたことで知られる天野雅博氏のビジネス思考を「生き様」と共に語られている。第1章「すべてがマイナスから始まった」
閲覧数:2563お気に入り数:0

本屋ストーリー「本屋さんで本当にあった心温まる物語」の書評・感想

本屋には様々な心温まる物語がある。本だけを売っているだけではない。物語を売っているのだから。私は子供の頃から本が好きだった。小さい頃から何度
閲覧数:1189お気に入り数:0

米国のエリートとはどのような人か?

最近ビジネス書を見たり、雑誌を見たりすると諸外国の有名大学、もしくは大学院を卒業している方を見かける。そう言う方々はエリート教育を受けており
閲覧数:580お気に入り数:0

日記が夢をかなえる?1日5分で夢が叶う 日記の魔法の書評・感想

皆さんは現在日記をつけているのだろうか。私は昨年の3月から日記を付け始めた。特別な日記帳を買ったわけではなく、手帳で「この日やったこと」「で
閲覧数:3607お気に入り数:1

佐賀県武雄市市長の半生「首長パンチ--最年少市長GABBA奮戦記」の書評・感想

齢42を迎える佐賀県武雄市市長がいる。その市長は人生の中でまさに「パンチ」を浴びせられ続けた市長であったという。著者の半生を綴るとともに、今
閲覧数:1879お気に入り数:0

「ポジ出し」を提唱する本「僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか」の書評・感想

「ダメ出し」や「~叩き」をしている時間がないことを認識し、「外野」ではなく「当事者」として何を考え、提示する「ポジ出し」を提唱している。第一
閲覧数:1516お気に入り数:1