kuramaeさんのまとめ一覧ページ

日本人が持っている「ハーフ」の幻想とは?

皆さんは「ハーフ」というとどのような印象を持つだろうか。私の場合は、ハーフというとそれぞれの良いところのかいつまんだ「いいとこ取り」の印象を
閲覧数:6613お気に入り数:0

セキュリティは進化する。それは国も法も然りである。

「セキュリティ」にまつわる話題は今も昔も存在しているのだが、セキュリティが進化するとともに、サイバー攻撃など、セキュリティの抜け穴を見つけて
閲覧数:6131お気に入り数:0

感情を整理できる人にはある「法則」がある

人間というよりも動物には「感情」が備わっている。しかしその感情を整理できるのが人間といえる。しかし人間によってはその感情の整理ができない人が
閲覧数:5662お気に入り数:0

ヒトは難産である理由は「ヒトならでは」の特徴にあった

ヒトが子供を産むときには、肉体的負担がかかるといわれている。そのため「難産」と言われているのだが、もともと「出産」自体死ぬ可能性のあることが
閲覧数:5163お気に入り数:0

トップ1%になるためにはまずは「考え方」から

「人間は考える葦である」]これは数学者・哲学者として名を馳せたブレーズ・パスカルの言葉である。人間はどんな形であれ「思考」をするのだが、思考
閲覧数:4659お気に入り数:0

自分も組織も高められるのは、やはり「仕組み」

仕事において「仕組み」を作ることは非常に大切である。実際に会社自体もいろいろな「仕組み」によって成り立っており、それが利益を生み出す構造にな
閲覧数:4283お気に入り数:0

経済は成長から「脱」成長へ

本書は2008年に起こった「リーマンショック」を契機に急速に景気が後退したのを機に経済的な「大転換」が求められたことから出たのかもしれない。
閲覧数:3771お気に入り数:0

なぜ日本は働きづらいのか

日本の出生率は下げ止まりになってはいるものの、高度経済成長期から見たら本書のタイトルにあるような事態になっている。とはいえ日本では世界第3位
閲覧数:3391お気に入り数:0

「科学ジャーナリスト」はどのような仕事か?何を伝えるのか?

私自身、昨年の小保方問題にて「科学ジャーナリズム」とは何なのかを考えるようになった。科学ジャーナリズムといえば、科学における新発見や事件など
閲覧数:2917お気に入り数:0

上司だからでこそ気をつけるべきこと

管理職になると当たり前なのだが部下を持つことになり、その部下とのコミュニケーションも必要になってくる。しかしそのコミュニケーションのやり方に
閲覧数:2391お気に入り数:0

おっさんの「レンタル」とは?

「おっさんレンタル」とはいったいどのような存在なのか、そして「おっさんレンタル」をやっている中でどのような出会い・別れ・体験を行ってきたのか
閲覧数:1907お気に入り数:0

「(会社で)働かない」こともまた生き方。

今でこそ働き方は変容しているとはいえ、会社勤めは多くいる。日本国憲法には「勤労の義務」があるものの、何も「会社勤め」を義務にしているわけでは
閲覧数:1454お気に入り数:0

W杯で戦ったベルギー、その国家事情とは?

ベルギーはヨーロッパの国々の中にある国だが、フランス、イギリス、オランダに挟まれていることから「ヨーロッパの十字路」という名がついている。そ
閲覧数:998お気に入り数:0

人と関わるからでこそ、職場のマネジメントはどうしていくべきか?

「マネジメント」という言葉はビジネスで使われることが多い。ましてやその多くは「職場」など、ビジネスが行われる現場にて使われる。実際に「経営マ
閲覧数:548お気に入り数:0

ワーグナーの紡ぐ音楽とオペラとは…

クラシックやオペラの世界は敷居の高いものなのかもしれない。実際に私は吹奏楽・オーケストラを経験しているため、身近なものになってきており、趣味
閲覧数:5032お気に入り数:0

2択はシンプルかつ決断力を研ぎ澄ませる

ビジネスにおいて「決断」は必要不可欠のものである。その決断をいかにして簡素にするのかも大切であり、簡素であればあるほど決断しやすくなり、なお
閲覧数:3850お気に入り数:0

日本史が人生に悩んだときの処方箋?人生に悩んだら「日本史」に聞こう 幸せの種は歴史の中にあるの書評・感想

最近「歴女」がブームになっているのだという。確かに日本・世界のみならず「歴史」はこれまでの日本や世界を知る上で大事なことである。私も書評を介
閲覧数:2345お気に入り数:1

感情のメカニズムがわかる本「イライラや怒りをマネジメントしてツキと幸運を引き寄せる法」の書評・感想

「怒り」というと、「悲しみ」と並んでネガティブな感情の代表格として挙げられる。本書はその「怒り」の感情のメカニズム、「怒り」を抑えたり、利用
閲覧数:3239お気に入り数:3

説得は1枚の企画書から

私自身、いろいろな「企画書」を作ることがあるのだが、その企画書をできるだけ簡素に、なおかつわかりやすくつくるために、A4版用紙「1枚」で作り
閲覧数:6753お気に入り数:0

アンソニー・ロビンズの最年少プラチナパートナーが教える!7日間で人生を「進化」させる方法

本書は極貧のアメリカ在住時代から成功者のノウハウを学び、それを講師やコーチを行いつつ、アンソニー・ロビンズの最年少プラチナパートナーとなった
閲覧数:3882お気に入り数:1