kuramaeさんのまとめ一覧ページ

2016年にあったパナマ文書とタックス・ヘイブンの真実

2016年の3月末から4月にかけて世界中で「パナマ文書」が話題となった。その文書を巡ってアメリカ・西欧・日本の富裕層や政治関係者の名前が次々
閲覧数:4430お気に入り数:0

メジャーな商品を生み出すきっかけとマーケティングとは?

第一章「言葉があふれ、言葉に意味がなくなっているー「OverTheDogs」恒吉豊に聞く」「OverTheDogs」というバンドは2002年
閲覧数:5618お気に入り数:0

地味で多彩なポジション、それは「二塁手」

野球における「二塁手」のポジションはどのようなものか私自身は漫画やテレビの知識でしかないのだが、文字通り「二塁を守る」だけでは成り立たない。
閲覧数:4215お気に入り数:0

経済学からマーケットを「デザイン」する

マーケットをデザインするということとは一体どのようなものなのか、私自身も本書に出会うまでは全くと言ってもいいほどわからなかった。しかし経済を
閲覧数:3771お気に入り数:0

やっぱり「体が資本」!養生にも術がある!

私自身仕事が「激務」になることがある。その激務の連続をどのようにして養生していくのか、私自身も課題としてある。そもそも20代は体力が有り余っ
閲覧数:2846お気に入り数:0

理不尽だらけの職場で怒らない、そのためには?

職場には様々な人物がいる。その中には「理不尽」に怒りを振りかざし、場の空気を乱すような人も少なくない。もちろんそういった理不尽な「怒り」は誰
閲覧数:2489お気に入り数:0

「神は死んだ」後の哲学・思想の姿

今から9年ほど前に「ニーチェの言葉」がベストセラーになったのだが、そのニーチェの言葉の中に「神は死んだ」という言葉がある。元々の西欧思想はキ
閲覧数:1904お気に入り数:0

見方を変えれば日本は「最強」なんです!

日本が最強である理由は色々とある。もちろん様々な角度が存在するのだが、同じように最強の部分もあれば、最弱と呼ばれるような弱点も存在する。本書
閲覧数:1380お気に入り数:0

強烈なオヤジが子どもたちを育てた軌跡

どのような「強烈」なオヤジなのか気になってしまい本書を手に取った。風貌からして強烈なのか、それとも中身が強烈なのかどちらかなのだが、その中で
閲覧数:878お気に入り数:0

「はたらく血管」からのメッセージ

人間の体内循環を担う重要な存在が「血管」にはある。その血管が何らかの異常をきたしてしまうと、高血圧をはじめとした生活習慣病にかかる引き金を患
閲覧数:460お気に入り数:0

著者から見た日本の「貧しさ」

本書のタイトルを見るに、経済的には「貧しい」かと言うとそうじゃないのかもしれないが、心的な「貧しい」のであれば、その通りの部分もあるのかもし
閲覧数:6128お気に入り数:0

孤独死などの社会問題についての本「無縁社会」の書評・感想

最近は「コミュニティ」という言葉が薄れている。その影響により影響からか「孤独死」が増え、社会問題と化している。本章ではそれらも含めた「無縁社
閲覧数:4645お気に入り数:1

日本の雇用と社会保障はどうなるのか?

「雇用崩壊」はいつ起こったのかというと、バブル崩壊のイメージが持たれるのだが、本書で取り上げられているのは、「リーマンショック」による雇用崩
閲覧数:6463お気に入り数:0

売上の左右は「接客」にあり

私自身も大学のアルバイトで接客を行った事があるのだが、実際に人と人とが接して、商品を売り込んでいくために接客を行う必要がある。しかし接客とひ
閲覧数:8583お気に入り数:0

成功のきっかけは大富豪の「教え」から

レッスン1「100冊読書する」変化をするためには様々な人の考え方などを取り入れていく必要がある。そのために「読書」がある。「100冊」の数を
閲覧数:8207お気に入り数:0

町場の不動産屋が「潰れない」理由とは?

私の家の近くにはいろいろな不動産屋がある。自分自身は今のところ「土地」に興味はなく、不動産屋のお世話になることはないのだが、本書のタイトルを
閲覧数:2602お気に入り数:0

病院への出前授業の変遷

「授業の出前」というのがあるという。そもそも「出前授業」の概念は様々な場で存在するのだが、本書で取り上げるものは長らく病院に入院している子ど
閲覧数:4382お気に入り数:0

決めることは多々あれど、早く決めるには?

「決める」ことは様々な場面で必要なことである。その必要な「決める」ことをいかにして行っていくべきか、そのうえでどのような「決める」ための要素
閲覧数:3490お気に入り数:0

付き合い方は生命保険を「知る」ことから

私自身は生命保険に入っていないし、現在それに加入する考えはないのだが、もしものことを考えて生命保険を選ぶとして、どのように付き合っていけば良
閲覧数:3605お気に入り数:0

自分自身の身を守るために、正論から避ける方法とは?

私自身、言い争いに絡むことはたまにはあるが、そういったことになると必ずと言ってもいいほど負けてしまう。最も口が全くと言ってもいいほど達者では
閲覧数:3904お気に入り数:0