kuramaeさんのまとめ一覧ページ

エネルギーは選べる、だからでこそ

昨今のエネルギー問題において、一番の焦点となっているのが「原発再稼働か否か」「原発を即時廃止するか否か」と否応にも「原発」ばかりが叫ばれてい
閲覧数:707お気に入り数:0

東京オリンピックを前に行われる空港と鉄道のコラボレーション

航空と鉄道は長年ライバル関係にあり、今もなおそのような状態が続いているイメージがある。もっとも新幹線のような長距離鉄道のルートに航空ルートが
閲覧数:4533お気に入り数:0

カタカナは深く、それでいて広い。

日本語には様々な種類が存在する。ひらがな・カタカナ・漢字とあるので、その組み合わせによって、日本語には繊細な表現をすることができる。その中で
閲覧数:3171お気に入り数:0

日本の雇用と社会保障はどうなるのか?

「雇用崩壊」はいつ起こったのかというと、バブル崩壊のイメージが持たれるのだが、本書で取り上げられているのは、「リーマンショック」による雇用崩
閲覧数:6514お気に入り数:0

「安心」「安全」はどこから来ている?どこにある?

商品にしても、サービスにしても「安全」がどうしても大切な要素であるのだが、それだけでは「安心」はできない。なぜ安心ができないのか、そしてその
閲覧数:6631お気に入り数:0

「左遷」はピンチではない、チャンスである。

社会人、それも会社勤めの人々にとって「左遷」はネガティブなイメージを浮かぶ。左遷を受けると、自分自身のキャリア形成において悪影響を及ぼすとい
閲覧数:6258お気に入り数:0

「ごはん」を使ったコミュニケーション法

ごはんを食べることは生きていくうえで非常に重要なことであるのだが、そのご飯を通じてコミュニケーションを取ることもまた重要な手段であるという。
閲覧数:5665お気に入り数:0

日本地図から天候・気候を見る。

日本には「モンスーン」と呼ばれる気候の影響から春夏秋冬という季節がはっきりとある。しかしその春夏秋冬のあり方も地方によって異なる。そのことな
閲覧数:5280お気に入り数:0

ブームとなっている「民泊ビジネス」の展望と実態

2016年あたりから民泊がブームとなり、民泊関係のビジネスも急成長を遂げてきた。本屋に行くと民泊に関連するビジネスもドンドンと出てきた。その
閲覧数:1807お気に入り数:0

京都でしか分からない京都とは?

私自身京都は今までで1回しかない。その1回は高校2年生の時に行った修学旅行の時であり、その時は観光地巡りしかなかったため、京都についてほとん
閲覧数:4787お気に入り数:0

これから10年後、20年後の仕事は?そしてどう働くべきか?

今から10年後、20年後の世界は誰にもわからない。現在の世界でものすごく通用できる世界でも、その後には全くもってして廃れてしまうようなことも
閲覧数:4392お気に入り数:0

学べば学ぶほどまた学びたくなる。そこから探究の道が始まる。

私自身「学び」をよくする。その学びの中でどのような記憶や知識、さらには考え方から行動、習慣に至るまで「学ぶ」ことをすることによって自分自身の
閲覧数:3999お気に入り数:0

ビジネスは「風水」で活きる!

私の住んでいる鎌倉の家の近くにはどういうわけかパワーストーンの店がいくつかある。「風水」に関連するグッズの一種であるのだが、そもそも「風水」
閲覧数:3517お気に入り数:0

「箱根駅伝」と言う名のドラマ

毎年1月2日と明日3日に箱根駅伝が行われ、放送される。普段テレビを見ない私だがこの2日間だけはとても楽しみである。スピードレースになっている
閲覧数:3061お気に入り数:0

かつて、大阪・ミナミは花街であった。そしてそこには「大和屋」があった。

花街というと様々な「遊び」を嗜むことができる場所である。その多くは京都・花街であるのだが、大阪にも花街は存在する。その場所は現在でいう所の「
閲覧数:2591お気に入り数:0

マンション管理は闘って楽しもう!

マンションのオーナーとなっている人・企業がいる。たいがいは家賃収入などを利用して投資で稼いでいる人もいれば、代々受けて管理している人もいる。
閲覧数:2200お気に入り数:0

雇用区分が「身分」となる社会。

雇用形態における「身分」があるのだという。それは一体どのようなものかと考えていくと、最近では「正社員」「契約社員」「派遣」「アルバイト」「パ
閲覧数:1315お気に入り数:0

知られざる男の「生きづらさ」

男は苦しい立場に立たされているという。その苦しい立場に立たされている男性はどうしてそうなったのか、そしてどのように脱し、救われる方が良いのか
閲覧数:391お気に入り数:0

戦後の教育はどのように変化していったのか?

学校は歴史とともに変化をしていく。その変化の中で最も大きなものとしたら大東亜戦争後に行われた「六・三・三制」が作られたことが挙げられる。しか
閲覧数:826お気に入り数:0

ニッポンを覚醒する「魁!!男塾」

本書のタイトルを見てパッと思いついたのが宮下あきら氏の「魁!!男塾」という漫画である。その漫画の内容とはもちろん異なる。そもそも本書のタイト
閲覧数:2723お気に入り数:0