kuramaeさんのまとめ一覧ページ

退屈は、使いようによって人生は豊かになる。

私自身、仕事が多く、なおかつやることも多いため、退屈になることは少ないのだが、時として退屈になることもある。そういった状況になると、自堕落な
閲覧数:1970お気に入り数:0

ツキ・運には波がある。では、それをたぐり寄せるにはどうすべきか?

「ツキ」というのは何とも説明しがたいものであるのだが、その性質を知り、利用することができる方々もいるという。いわゆる「流れをつかむ」といのが
閲覧数:1918お気に入り数:0

「読書」とは独学への道を拓くこと。

私自身、いろいろなところで書いたのだが、本格的に多読を始めたのは今から8年前、大学3年生で就職活動を行っている最中の時である。当時は小樽に住
閲覧数:2206お気に入り数:0

デジタルの時代だからでこそ「デトックス」を!

私自身、仕事をする際にパソコンやスマートフォンなどのガジェットを使うことが多い。もっとも仕事柄ほとんどそれに触れることが多く、やりとりを行う
閲覧数:2014お気に入り数:0

「生きること」。それを考えると色々なものがでてくる。

「生きてるってなーんだろう」「生きてるってなーに?」このフレーズを知っている方であればおそらく20代後半から30代と言える。これは「笑う犬」
閲覧数:7345お気に入り数:0

お清めのやり方によって人はすごくなる。

日本には八百万の神がいるといわれている。家の中や外、さらにはものそのものにも「神」が宿っていると言われている。その中で神々に愛されるためにど
閲覧数:6358お気に入り数:0

「できる」「できない」は脳が握っている。

「私にはできない」「私には無理」というような仕事、あるいは状況に陥ってしまうことが往々にしてある。しかしそれらはすべて自分自身の心の中にある
閲覧数:5935お気に入り数:0

クラシックの名器「ストラディヴァリウス」ができるまで

楽器の中でも最も有名であり、なおかつ価格も数億、場合によっては数十億にものぼる「ストラディヴァリウス」という楽器なのだが、その楽器には未だ謎
閲覧数:5523お気に入り数:0

説得は1枚の企画書から

私自身、いろいろな「企画書」を作ることがあるのだが、その企画書をできるだけ簡素に、なおかつわかりやすくつくるために、A4版用紙「1枚」で作り
閲覧数:4969お気に入り数:0

「言葉」を通じて伝えて行くには?

私自身、ブログを通じて色々な文章を書いているわけだが、その言葉は何のためにあるのだろうか。一言でいったら「相手に伝える為のツール」と言える。
閲覧数:4514お気に入り数:0

30代は「時間管理」で逆転できる!

30代になると、色々な考えを持ち、判断できるような時期である。もちろんそのための生活リズムも取り入れるべきなのだが、実際にどのような事をした
閲覧数:4218お気に入り数:0

知られざる「ネコ」の生態と歴史

散歩をしていると時々猫を見かける。私は猫好きなので、見つけるやいなや猫の声真似をして猫の反応を見て楽しんでしまう。地味と言ってしまえばそれま
閲覧数:3600お気に入り数:0

会社は進化する。しかしそこには「仕組み」がある。

企業は日々刻々と進化、ないしは変化をする。それはだれにも止めることができず、なおかつそれに乗らなければ淘汰されてしまう。その「進化」について
閲覧数:3283お気に入り数:0

「居眠り」は化学的に見たら「善」だった!

仕事にしても、勉強にしてもそういった居眠りは御法度である。しかしながら居眠りはそういったネガティブなイメージを持たれるが、本書の著者はそれを
閲覧数:2799お気に入り数:0

統計データを見て誤解を解こう

一昨年あたりからビジネス書コーナーに「統計」に関する本がたくさん出てきた。「ビッグデータ」と呼ばれるようなものの解析を行い、新しいアプローチ
閲覧数:2269お気に入り数:0

ビジネスは「交渉」から…

ビジネス書のコーナーに行くと色々な「交渉術」が並んでいる。私自身交渉事がけっこう苦手であるため、ビジネス書でも交渉術を読んだり、取り上げたり
閲覧数:984お気に入り数:0

僕たちはこうして「マネー&フリー」となっていった。

インターネットを利用した情報ビジネス、いわゆる「ネットビジネス」と呼ばれる世界がある。その世界で年収億単位を稼いでいる長者も何人香り、中には
閲覧数:1468お気に入り数:0

疲れるから「疲れなく」するために行うべき簡単な方法

仕事をしていると当たり前のように疲れてしまう。私の場合は大学生の頃から毎日疲れっぱなしの状態であり、仕事をし終わったあとはもちろんのこと、夜
閲覧数:600お気に入り数:0

働き盛りが過ぎたとき…あなたは自らの「最期」を考えたことがありますか?「47歳からのエンディングデザイン」の書評・感想

第1部「そろそろ親のことを考えなきゃ」第1章「新人類も避けて通れないこと」人はいつか死ぬ。最初にも書いたように明日死んでもおかしくないと言っ
閲覧数:1311お気に入り数:0

「赤ヘル」の哲学

「赤き」と書いてあるが、本書の裏を見ると広島東洋カープのユニフォームを着ている選手がいる。表紙・裏表紙に映っている男性こそが著者の高橋氏であ
閲覧数:9849お気に入り数:0