ktakuさんのまとめ一覧ページ

速読に限らない効率的な読書法

ABCの3ランクでA(付加価値をつけて提供)を目指す書評を書く前提で強制速読自分が本を読んで得た概念を間違っていても良いから使ってみる引用ベ
閲覧数:3028お気に入り数:1

夢をかなえるゾウ「ガネーシャ」の名言

ガネーシャの名言寝る前に食いすぎると目覚めが悪いビジネスが得意なやつは、人の欲を満たすのが得意なやつ人はわざわざ「○○が欲しい」なんて教えて
閲覧数:3660お気に入り数:3

君がオヤジになる前によりホリエモンの名言紹介!

堀江貴文の名言独立を一度でも経験しておくと、ビジネススキルが飛躍的にアップする。この時代に必要なのは行動と提案。自分の頭でものを考えてる人の
閲覧数:6586お気に入り数:7

カーネギーに学ぶ話し方入門!上手にスピーチをするヒント

勇気と自信を養う1.良い話手になろうという一途な執念を持つことから始める2.話そうとする内容を知りつくす3.あえて自信ありげにふるまう  ど
閲覧数:4233お気に入り数:9

略奪大国に学ぶ!日本の経済状況のヤバさ

序論日本の現状はやばい・日本人の貯金が盗まれている・日本の社会保障は、40%削減しなければならない・銀行は銀行業をやっていない・日本では実質
閲覧数:3503お気に入り数:1

「わかりやすく教える」の5つのポイントと心構え。「分かりやすく教える」技術

「わかりやすく教える」5つのポイント1.サービスすること2.説明すること 「分かりやすい説明」の条件①情報のサイズがある程度小さいこと②情報
閲覧数:3463お気に入り数:4

フォトリーディングを実践する5つのステップ

1.準備・目標を明確にする→目的を持つと「ムダ」がなくなる・ミカン集中法→肉体的にも精神的にもリラックスする2.予習・目次、題名、見出しなど
閲覧数:3188お気に入り数:6

本がどんどん読めるようになるヒント

本をたくさん読むと普通の人が10経験しなければわからないことが、3くらいの経験で済む。脳には脳にあった効率的な勉強法がある。1か月以内に復習
閲覧数:2813お気に入り数:6

ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションハックス

生きていく上で一番大切なものは、コミュニケーションソーシャルメディアとは、人間関係構築ツール自分が相手に提供できるものを提示し、自分が提供し
閲覧数:3175お気に入り数:0

何を悩んでいるのか?道は開けるで大切なこと

「起こりうる最悪の事態とは何か」と自問することやむを得ない場合には、最悪の事態を受け入れる覚悟をすることそれから落ち着いて最悪状態を好転させ
閲覧数:3604お気に入り数:2

生き方より印象に残った稲盛和夫の名言

印象に残った言葉(名言)をまとめました。「もう、これ以上のものはない」と確信できるものが完成するまで努力を惜しまない。それが創造という高い山
閲覧数:3326お気に入り数:4

残念な人にならないためのヒント

印象に残った所です。家族、趣味、夢は仕事がうまくいってこそ得られるサブセット人生は下りのエスカレーターを逆走しているようなものしかし、二階に
閲覧数:3324お気に入り数:1

「質問力」で勝つためのヒント集

・質問力と回答力をペアで持つ・アメリカでは「どんな質問でもしないよりマシ」・オリジナルな仮説を出せ・日本人は「照れずに発言する能力」が足りな
閲覧数:2711お気に入り数:3

「IT断食」のすすめ!ITを適切に使いこなす考え方

第1章本当は恐ろしい職場のIT・職場にはびこるIT中毒・情報洪水とバカのロングテール・電子メールは責任回避の道具・「コピペ」ばかりで「自分の
閲覧数:2684お気に入り数:1

成功と成長を遂げるユーマネーのポイントまとめ

はじめに これからの時代、成功と成長にリアルマネーはどんどん必要なくなってくるリアルのお金ではなく、成功と成長を遂げるためには、「YouMo
閲覧数:2432お気に入り数:2

500ページある大作「自分を超える法」より「5つの法則」まとめ

法則1 成功の心理学・人生の質は、あなたが居心地の良さを感じられる、不安定感の量に正比例する・行動のさなかでは、恐怖は消える・真の「重要感」
閲覧数:3451お気に入り数:3

新しい能力開発メソッド「速書術」の実践方法

「書く・読む・話す」の基本は、論理的思考力。しかし、「書く」については、ほかのどの要素よりも論理的思考力が求められる。新しい能力開発メソッド
閲覧数:3458お気に入り数:10

伝える力の簡単なまとめポイント

簡単なまとめです。本質を理解していれば、易しい言葉に置き換えることは可能謙虚にならなければ、物事の本質は見えない分かったつもりは怖い悪口は面
閲覧数:3110お気に入り数:1

いかにして問題をとくか?問題をとく4つのステップ

本の最初と最後にある記載です。1 問題を理解すること・未知のものは何か。与えられているもの(データ)は何か。条件は何か。・条件を満足されうる
閲覧数:3073お気に入り数:4