hisap0さんのまとめ一覧ページ

自分の才能を知ることで、自分で自分の背中を押してくれてるような感覚になった

この本で一番大事なこと◆「いばらの道」を選ぶなほとんどの学習プログラムが「本当のあなたでない人」になるための支援を目的としているが、それは根
閲覧数:27477お気に入り数:1

大切なのは、すべてを吸収することではなく、自分にとっての本当に価値のある「1%」を見つけること

≪目次≫はじめに もっと快適に読書を楽しみたいと思っている人へ ・読書は「誰にでも身につく」 ・消極的読者から脱出しよう ・書評家の読書事情
閲覧数:24799お気に入り数:0

お金について突き詰めていくと、たどり着く終着駅は人生観になる

この本で一番大事なこと 難しい道と簡単な道があった場合、「難しい道を選びなさい」といったのはアインシュタインですが、常に難しい道を選べばいい
閲覧数:23166お気に入り数:1

「才能は磨けばのびる」「才能は変化しない」あなたのマインドはどっち?

第8章 マインドセットをしなやかにしよう しなやかなマインドセットの根底にあるのは、「人は変われる」という信念である。ちなみにマインドセット
閲覧数:96956お気に入り数:0

もっとも厳しい基準で決める

第9章「絶対にイエスだと言い切れないなら、それはすなわちノーである」チャンスを正しく選別するには①そのチャンスについて記述する②考慮するに値
閲覧数:20068お気に入り数:0

生々しい感情との向き合い方

第1章 「原始人」に照らし合わせればすべての悩みのナゾが解ける第2章 「サイアク」と思ったとき役立つ「こころのトリセツ」「原始人モード」に照
閲覧数:23926お気に入り数:0

30の心理的トリガーをあなたの仕事に活かそう

最大の武器「心理的トリガー」 「心理的トリガー(引き金)―それはお客様の心に働きかけ、心を動かし、ついには購入を決めさせてしまう。 ところが
閲覧数:57604お気に入り数:0

「ママ、一生分の幸せを使っちゃってるよ」と言ったら、「でも幸せは まだまだこれからだよ」

この本で一番大事なこと 「愛ってなぁに」 ある結婚式で神父の誓いの言葉を受けて、子どもが親に向かって投げかけた言葉です。会場が笑いに包まれ、
閲覧数:3473お気に入り数:0

人が痛みをともなわずに本当の意味で幸せになれる方法なんか、この世に存在せーへんっちゅうねん。

「気づいている」ステージ・ねこフィールドから降下しないためにSection1 人間関係の断捨離 気付きを得た自分の思考をより強固なものにすべ
閲覧数:92677お気に入り数:0

「引き分けでいい」なんて思っていたら最後は消え去るだけ

第1章 私のせいで、得意先がつぶれちゃった?!~智者の慮りは利害を雑う~ 仕事をするうえで必要なことは、やみくもな努力ではなく、頭を使うこと
閲覧数:1944お気に入り数:0

みなさんは今、「逆境に負けない力」を手に入れるスタートラインに立ちました

第1章 自分を強くするためのヒント・思い通りにならなかったとき・欠点だらけの自分が嫌い!・成長のひけつってなに?・とにかく早く強くなりたい!
閲覧数:2185お気に入り数:0

すべてはお金を貯めることから

超シンプルな投資法 安定した退職後の生活を送るためにはいくつかのステップがある、いずれもとても簡単なものだ。 しかし同時に、一喜一憂しない精
閲覧数:29155お気に入り数:0

語彙が桁違いに増える「語源」学習法とは?

語源で学ぶ3つの効果その1 同じルーツ(語源)の単語を芋づる式に増やせる 一般的な単語学習として真っ先に思い浮かぶのは、単語帳や単語カードな
閲覧数:29070お気に入り数:0

長い目で見ると正しい生き方を貫いた人の勝ち!不名誉は死んだ後にも続いてしまう。

【目次】第一章 調子がいい時こそ、自らを戒めて1.最後に勝つのは…。2.心まで環境に染まらない。3.にせエリートの条件。4.一流が一流に見せ
閲覧数:8776お気に入り数:0

「発達障がい」は「個性」でしょうか?それとも「障がい」でしょうか?

この本で一番大事なこと私の家には五人の天使たちがいます。この子たちには発達障がい(または疑い)という診断名がついています。どの子も愛おしくか
閲覧数:6650お気に入り数:1

苦手な人、イヤな相手は利用価値が高い

はじめに 本書は、メンタルが弱い人に「強くなれ」と要求するような本ではありません。 メンタルが弱い人だからこそ持っているリソースを使って、無
閲覧数:34378お気に入り数:0

他人を傷つけるのはダメで、自分を傷つけるのはOKなんて絶対にありえない

この本で一番大事なことボクがうつ病に罹って回復する過程で心の変化について、また取材させていただいた方々に対してボクが感じたことについては本編
閲覧数:5898お気に入り数:0

親ができることそれは親の望む方向に子どもは動いてくれるという期待を親が上手に諦めることかもしれません

この本で一番大事なこと①子どものエネルギーが貯まるような関わりをする②子どもが自分だ考え、自分で決めて行動できるように支える③子どもは本来、
閲覧数:9973お気に入り数:1

かかわることを避けず、信頼関係を築こうという意識があってこそ、相手をほめることができる

≪目次≫第1章 「ほめ達」へステップするためにこんなほめ方していませんか? ~下手なほめ方の例~「言われてうれしいほめ言葉」を五分間で三〇個
閲覧数:6808お気に入り数:0

気が抜ける高齢出産本

はじめに はじめまして。金田朋子、タレントで声優をしています。43歳で妊娠、44歳で第一子を出産して、現在は45歳です。 この本を手にとって
閲覧数:4687お気に入り数:0