韓非さんのまとめ一覧ページ

現代の人口論!?

ローマクラブが発表したものを踏まえつつ今後の地球環境や社会を予測した本。かつてのマルサスのように、人口増加とテクノロジーの進化による自然環境
閲覧数:1834お気に入り数:0

モンテーニュ エセー3

この随筆録は、モンテーニュが書いた代表的な著作である。自身の貧弱な記憶力や理解力や、感情的にならない、などを解決しようという試みたりといった
閲覧数:3482お気に入り数:0

ビッグ ドライバー スティーブンキング

この小説は、素晴らしき結婚生活とビッグドライバーという二つの作品によって構成されている。少しホラー的というか、不気味で怖い所がよく見られるの
閲覧数:4918お気に入り数:0

独裁者のためのハンドブック

この本は、独裁者について書かれた本だ。議会制民主主義に生きる日本人にとって、独裁者、独裁国家は理解しにくいのかもしれない。考えた事もないかも
閲覧数:5883お気に入り数:0

独特の文

梶井基次郎という名を知らぬ者は少なくないかもしれない。一応高校の現代文に梶井氏の檸檬は取り扱われているためにふと思い出すということもあるのか
閲覧数:11325お気に入り数:0

140字の戦争 snsが戦争を変えた

Facebook、Twitterなどsnsにより、人々の生活は、大きく変わった。情報を仕入れたり発信できる人は、一部のエリート、富裕層だけで
閲覧数:1919お気に入り数:0

ヒトラーの秘密図書館

これも以前読了した書物だ。しかし簡単に記憶上にあるだけメモしておく。20世紀で一番世界に影響を与えた政治家は誰かとなるとヒトラーが上がるので
閲覧数:10525お気に入り数:0

大衆の反逆。

この著作は、1930年に刊行されたにも関わらず現代でも色褪せず我々に衝撃的な印象を与える。オルテガはいちはやく現代大衆社会の到来を予告し、警
閲覧数:9675お気に入り数:0

snsがトランプ大統領を生み出した!?

ラインやTwitter、Facebook、Instagramなど様々なsnsは、今や私たちの生活とは切っては切れない関係にある。学校や会社間
閲覧数:1702お気に入り数:0

IBM 奇跡のワトソンプロジェクト

青い巨人と言われたIBMは、スティーブ・ジョブズ率いるApple、ビルゲイツ率いるMicrosoftに敗北した。今でも巨大な企業であるがAp
閲覧数:6210お気に入り数:0

三国志 演技から正史。そして史実へ

三国志を読んだことがないならともかく嫌いだという人は少なくないのではないだろうか。三国志は古い時代からシナと日本で読み継がれ人々を魅了してき
閲覧数:8322お気に入り数:0

罪と罰 下

良心の呵責により苦しむラスコーリニコフは、ついに娼婦であったソーニャに罪の告白をする。そして罪を償うことを決意し、シベリア送りになる。絶望し
閲覧数:5937お気に入り数:0

罪と罰 上

最近、新幹線の無差別事件の犯人が愛読書だったと聞き興味を持って読んでみた。主人公のラスコーリニコフは、かなり端正な顔をしているようだ。いわゆ
閲覧数:5983お気に入り数:0

多動力 堀江貴文

図書館にあったので速読してみた。堀江氏は私の出身と近いから親近感をわく。堀江氏はライブドアを設立した後、粉飾決算などで逮捕されたが、出所した
閲覧数:5171お気に入り数:0

西郷隆盛の思想がわかる本

この本は西郷隆盛の語録や詩、手紙などが書かれている本だ。語録のところは毛沢東語録を読んでいるような感じもした。語録では孟子などの引用が多数み
閲覧数:719お気に入り数:0

ユニクロ創業者の自伝的なビジネス本

この本はユニクロ創業者の柳井正が書いた本である。彼は孫正義と違ってあまりメディアなどに出ないために彼のことはあまり知られていない。孫正義と聞
閲覧数:658お気に入り数:0

難しいが一読の書

最近本は結構読んでいるのだがレビューの方は忘れていた。というわけでレビューを書いていく。この本を読む前にはプロテスタンティズムを知っていた方
閲覧数:10461お気に入り数:0

職業としての政治 マックスウェーバー

職業としての学問は読んだので次は政治の方を読んだ。政治とは何なのか、どのような人物がやるべきなのかを100ページで書いている。しかし、短いに
閲覧数:5811お気に入り数:0

イギリスの英雄チャーチルの半生の自叙伝

この本はチャーチルの半生が書かれている本である。少年期、青年期、軍人時代、そして政治界へ進出するまでである。彼はいわゆる貴族生まれであるが結
閲覧数:871お気に入り数:0

レ ミゼラブル ユゴー

私が読んだレミゼラブルが検索しても出てこなかった為に、ここで総まとめ的な簡潔なレビューを書く。レミゼラブルはそう簡単に読める本ではないんだが
閲覧数:6249お気に入り数:0