こころとまなぶさんのまとめ一覧ページ

うつ病の基礎知識、 職場復帰までの手順、 職場側のサポート方法を ケーススタディとともに解説!

本書を記しているのは、労災病院の心療内科の医師で、企業において労働者の健康管理等を担う産業医でもある山本氏。本書では、まず典型的なうつ病のほ
閲覧数:823お気に入り数:0

落ち込んでもまた立ち直る力「レジリエンス」を育てるために親ができること

* 家庭は子どもの居場所であり、同時に家族が節度を保って共同生活をする場所でもある。2つのバランスを意識し、「居場所」の重視しすぎで家庭のル
閲覧数:770お気に入り数:0

子どものうつってなあに?を知る入門書

小学生の12~13人に1人、中学生にいたっては4人に1人が高い「うつ」状態にある時代。もはや、「うつ」を知っておくことは、現代を生きる親にと
閲覧数:697お気に入り数:0

復職はゴールではない。うつ病でも健康な人と互角に戦える戦術が必要である!

「うつ」とよりそいながら仕事するうえで著者が実行している42の小さな工夫を紹介した本です。著者は中小企業に勤めるごく普通のサラリーマン。復職
閲覧数:524お気に入り数:0

うつ病の原因は不況か、ストレスか、はたまた性格か?

本書は精神科医の富高氏がうつ病の常識について、様々な資料をもって答えたものです。1章 なぜ自殺者は3万人を超えているのか?不況がほんとうに原
閲覧数:1010お気に入り数:0

うつままをめぐる、結婚、発病、出産、子育て。うつとともに生きる家庭内奮闘記!

原作もマンガも編集担当もみんな精神疾患をもつ当事者とのこと。なので制作もぼちぼちで、3年以上かかったと書かれています。うつからの回復者たちの
閲覧数:589お気に入り数:0

それは認知症?それともうつ病?

高齢者に多くみられる認知症とうつ病。うつ病は認知症をおこす危険因子の一つであり、同時に認知症の当事者がうつ状態を起こすこともあるなど、認知症
閲覧数:567お気に入り数:0

うつ病歴15年の著者が描くうつ病あれこれ

この漫画は少しでも多くの人にうつ病について知ってほしいという思いで描かれたものです。『状態が悪い時、下手な励ましは病状を悪くした。うつ病を知
閲覧数:671お気に入り数:0