KaPiWaGiさんのまとめ一覧ページ

統計詐欺を見極める考え方。「考える技術としての統計学」

日々の情報は数字で溢れている。株価、為替レート、内閣支持率、果ては野球の打率。高度に情報化された社会ではデータの処理技術が必須であり、その伝
閲覧数:2409お気に入り数:4

福島原発事故から考える。「節電社会のつくり方 スマートパワーが日本を救う! 」

今夏、電力需要量が可能供給量を上回る可能性が非常に高い。6月下旬の時点で、電力需用量はすでに供給量の9割にまで及んでいる。少なくとも東電管内
閲覧数:1986お気に入り数:3

サイバージャーナリズム論 「それから」のマスメディアの書評・感想

新聞はどうなる?まずアメリカと日本の新聞業界の販売収入の違いを指摘している。アメリカの新聞社はその収益を多く広告収入に頼っているのに対して、
閲覧数:1883お気に入り数:3

メディアが世論を決めるの書評・感想

新聞とテレビー報道スタンスの違い新聞とテレビの報道のスタンスの違いについて、筆者は次のように分析する。日本新聞協会がさだめる新聞倫理網領では
閲覧数:1805お気に入り数:1

街場のメディア論の書評・感想

メディアはビジネス?まず著者は、情報を評価する場合の最優先の指標は「その情報を得ることで世界の成り立ちについての理解が深まるかどうか」である
閲覧数:2345お気に入り数:2

ハイ・コンセプトとハイ・タッチと重要な6つのセンス

「ハイ・コンセプト」、「ハイ・タッチ」この本の根幹となっている二つの概念、「ハイ・コンセプト」と「ハイ・タッチ」。「ハイ・コンセプト」はパタ
閲覧数:2671お気に入り数:7

ウェブ進化 最終形 「HTML5」が世界を変えるの書評・感想

「HTML5」その名前を聞いたことのある人も少なくはないと思う。これはHTMLをさらに発展させた次世代型のウェブ技術を指す言葉である。従来の
閲覧数:2227お気に入り数:3

アイデアは考えるな。量より質が大切です。

面白法人カヤックの創設社であり代表取締役である柳澤大輔氏の著書。活発なアイデア提案のノウハウが詰め込まれており、柔軟なアイデア発想のヒントを
閲覧数:9347お気に入り数:12

労働論理と消費社会「新しい貧困 労働消費主義ニュープア」

労働倫理産業か初期の段階でヨーロッパ人の意識に芽生え始めた「労働倫理」は、労働者が働き、報酬を受け取るうえでもっとも根源的な価値観だろう。労
閲覧数:3735お気に入り数:3

中国の新聞、広告、インターネットの歴史「中国の広告とインターネットの実態」

中国「新聞」史中国の広告の歴史は、19世紀後半においてイギリス人商人メージャーによって創刊された『申報』に始まる。当時、清国では阿片が蔓延し
閲覧数:2438お気に入り数:6

任天堂独自性が生み出したWii。任天堂の経営戦略を分析してみた!

皆さんご存知、世界的ゲームメーカーの任天堂。彼らのWiiとニンテンドーDSが一世を風靡したのは記憶に新しいと思う。最近も3DSが発売され、任
閲覧数:5477お気に入り数:6

文具メーカー「デザインフィル」に学ぶ!「デザインで視せる企業価値」

文具メーカー、デザインフィルの代表取締役社長である会田一郎の著書。冒頭で新しい時代におけるデザインというコンセプトは、有形のデザインを駆使し
閲覧数:2442お気に入り数:2

ジャーナリズムが亡びる日の書評・感想

これからの広告総じて、マス4媒体における広告費は低迷している。新聞広告は、広告の浸透率を計る手段がなく、読者層もしぼれないため、広告のムダ打
閲覧数:2581お気に入り数:1

ゲイリー・ヴェイナチャックの3つの成功の秘訣とパーソナルブランディング

はじめにTwitter,Facebook,Tumblr,YouTube...今やさまざまなソーシャルネットワーキングサイトがインターネットの
閲覧数:2369お気に入り数:3