ils.t.nさんのまとめ一覧ページ

同じ世界、同じ時代、間違いない真実

 イラクのマイノリティ宗派ヤズイディ教。その宗派はオスマン帝国時代、サダム・フセイン時代と様々な時代で宗派が違うという理由だけで迫害を受けて
閲覧数:2382お気に入り数:0

交尾が終わると爆発するオスがいる⁉︎

 生物のオス・メスについて書かれている本。いかにして生物は遺伝子を残そうとするのか、その中で身を張る悲しいオス達の姿が読み易い文体で、面白可
閲覧数:5725お気に入り数:0

お金について知識を得たい人に

『お金を安全に持っておく編』・定期預金よりましな方法・日本経済ってやばいの?・銀行には近づいちゃいけない?・ネット証券の選び方・SBI証券に
閲覧数:1071お気に入り数:0

恋愛小説を読まない人にも

30代後半の男女の恋物語。互いに惹かれあっているのに、立場、仕事、その他の人の思惑によって近づきかけた関係にも距離が生じて・・・という物語。
閲覧数:897お気に入り数:0

破壊の衝動、生への欲望

 コインロッカーに捨てられた二人の子供、キクとハシ。捨てられた子供がほとんど死んでしまう中で彼らは生き残った。キクは外交的で肉体的、ハシは内
閲覧数:5921お気に入り数:0

日常に疲れているあなたへ

様々な人の日常に対するつぶやきが書かれており、その中には著名人がつぶやいたものも記載されている。読んでいると思わず吹き出して笑ってしまう内容
閲覧数:1108お気に入り数:0

マイクロ法人というこれからの生き方

 終身雇用制度の破綻、税金の上昇、収入は上がらないが、搾取される金額はゆっくりと、しかし確実に上昇し、進行する病気のように生活を脅かしていく
閲覧数:6631お気に入り数:0

誰が殺したのか、殺したことにしたいのか、殺されたいのか・・・

 男が血を流し生を終えている。現場検証をしている警察官。脳裏にある女性の姿がよぎる、その女性に容疑がかかることを阻止したいと考える。意識をし
閲覧数:4838お気に入り数:0

色によって人はどう変わるのか

・色を理解する色の認識色の温度色は何色あるのか動植物の色覚共感覚色の再現視覚の錯覚・色の与える影響危険と身体的優位を表わす色リラックスさせる
閲覧数:864お気に入り数:0

睡眠がいかに大切であるか

題名通り睡眠に関した内容である。より快眠するにはどのようにしたら良いか、不眠が体に与える影響はどうなのか。これを読むときちんと寝ようと思わせ
閲覧数:870お気に入り数:0

是非読んで欲しい、その一言

 ツタヤの創業者であり、CCCの最高経営責任者である増田宗昭が社員に向けて発信したブログが一冊の本になったものである。 仕事に関する考え方、
閲覧数:7936お気に入り数:0

理性も感情も

 ICカードを海外で販売している平凡な主人公が非現実な、現実に入り込んでしまう物語。それは間違って曲がり角を曲がってしまったり、電車を乗り間
閲覧数:5745お気に入り数:0

様々な愛の形に触れたい方に

本書は海外の短編恋愛小説を村上春樹が訳したものが数話掲載されているものである。どの物語も恋・愛を語っているが、その形は様々であり、どれ一つと
閲覧数:709お気に入り数:0

知行合一、吉田松陰という人物

第1巻の物語は幕末の思想家であり、明治政府の礎となった人物たちを輩出した松下村塾の塾長吉田松陰の一生である。2巻以降は松陰に影響を受けた高杉
閲覧数:964お気に入り数:0

退廃的な生活の先に見たものは

 怠惰、暴力、セックス、薬物、退廃した生活を送っている主人公の目を通して起こった出来事が、まるで人ごとのように淡々と進んでいく。まるで読者の
閲覧数:6430お気に入り数:0

電車の中と外では時間が違う!?

 重力について様々な知人の逸話を盛り込みながら書かれている本。難しいイメージである相対性理論、量子力学、超弦理論などを理数系でない人でも読み
閲覧数:3676お気に入り数:0

社会と隔絶された場所で生きる兄弟の物語

 母との約束は大きな声を出さずに、塀の外に出ない事。それを忠実に守る三人兄弟の日常と、現在の様子が交互に織り交ぜられながら描かれている。 成
閲覧数:3093お気に入り数:0

人生にブレーキをかけ続けてる人たちへ

やりたいことがあるけど踏み出せない、仕事が嫌で毎日が楽しくない、もっと自由に仕事楽しみたいという人たちの背中を押す一冊。なぜ一歩踏み出せない
閲覧数:1339お気に入り数:0

悲しみの奥にある仄かな温かみ

 妻を亡くした男、時間経過の中で友人との仲に溝が入った女性、過去に傷を負いながらも気丈に振る舞う女、愛に敏感な童貞の男、社会の目に黙殺され友
閲覧数:3585お気に入り数:0

本当に自分の求めているものは・・・

 本当に自分のしたい事を理解した上で行動している人はいるだろうか。どこかで自分のしたいことに目を背け、しなくてはいけないことをする事が幸福だ
閲覧数:2102お気に入り数:0