purinさんのまとめ一覧ページ

みずたまのたび

水滴が、空に登り、雲になり、雪になり、地上でまた水滴に戻って、地中を旅し、川の流れになり、海について、やがてまた空へ・・というような、水の循
閲覧数:687お気に入り数:0

「竹取物語」(作者不詳)

美しさの罪を描く物語天上界で天女の一人が罪を犯し、彼女は赤子の姿で人間界に送られることになった。その赤子を偶然に竹の中から見つけた老夫婦は、
閲覧数:94お気に入り数:0

大長編ドラえもん のび太の恐竜

あらすじティラノサウルスの爪の化石を自慢するスネ夫に対抗し、のび太は「恐竜の化石を一匹分丸ごと見つけてみせる!」と、突拍子もない宣言をしてし
閲覧数:659お気に入り数:0

大長編ドラえもん ドラビアンナイト

あらすじドラえもんとのび太はひみつ道具の「絵本入りこみぐつ」で絵本の中に入り『シンドバッドの冒険』を楽しんでいた。のび太は最近、絵本の世界に
閲覧数:369お気に入り数:0

井上靖「天平の甍」

鑑真の招聘に尽力した若き留学僧たちの壮絶な運命を描いた歴史ロマン天平4年、日本に仏教が渡来して既に180年たっていたが、当時の日本には未だ僧
閲覧数:183お気に入り数:0

島崎藤村「破戒」

逃げずに闘うことを選んだとき、若者は大きな代償を支払うことになった。「決してそれとは自白けるな」「隠せ」「忘れるな」―それが丑松が父親より与
閲覧数:228お気に入り数:0

伊藤左千夫「野菊の墓」

無垢な魂の流した涙の記録旧制の小学校を卒業したばかりで15歳になる斉藤政夫と、その従姉で2つ年上の戸村民子とは、たいへんに仲がよかった。彼ら
閲覧数:219お気に入り数:0

中島敦「李陵」

漢の武帝時代に生きた二人の傑人の壮絶な物語漢の武帝の時代である。北方に勢力を張っていた騎馬民族の匈奴は、秋になると決まって漢の北辺に侵入し、
閲覧数:196お気に入り数:0

泉鏡花「高野聖」

どこまでも美しく、やさしく、そして恐ろしい魔性の女の物語私は旅先で一人の旅僧と知り合って、同宿することになった。その晩、私が眠れずにいると、
閲覧数:185お気に入り数:0

樋口一葉「たけくらべ」

吉原を舞台に、子供時代への郷愁と淡い恋を美文で綴った名作舞台は吉原遊郭に隣接する町、通称大音寺前。吉原は江戸時代の初期に造成された遊郭で、「
閲覧数:226お気に入り数:0

尾崎紅葉「金色夜叉」

人生を見失った男女の物語両親を亡くして孤児となっていた間貫一は、15歳のときに鴫沢隆三という父親の恩人に引き取られ、隆三の援助を受けて学生と
閲覧数:267お気に入り数:0

大岡昇平「野火」

極限状態におけるカニバリズムという究極のテーマを扱った問題作太平洋戦争中、私は敗色濃厚な戦況下のフィリピン、レイテ島に派兵された。肺病だった
閲覧数:214お気に入り数:0

永井荷風「濹東綺譚(ぼくとうきだん)」

玉の井の私娼とのはかない交流を描いた美しい作品この小説の主人公である「わたくし」は、大江匡という名の老作家で、現在「失踪」と題する小説を構想
閲覧数:228お気に入り数:0

横光利一「日輪」

復習に燃えた一人の美少女が、邪馬台国に君臨するまでを描いた時代小説不弥の国の王女・卑弥呼は卑狗の大兄と相思相愛であり、婚姻の日も迫っていた。
閲覧数:246お気に入り数:0

有島武郎「カインの末裔」

神に呪われし者の生きざまを見よ!国道に出ると雪道がついていた。踏み固められない深みに落ちないように仁右衛門は先きに立って瀬踏みをしながら歩い
閲覧数:228お気に入り数:0

菊池寛「恩讐の彼方に」

伝説を題材に人間精神の偉大さを謳い上げた短編中川三郎兵衛という旗本に中間として仕えていた市九郎は、三郎兵衛の愛妾である弓との密通が露見して主
閲覧数:231お気に入り数:0

林芙美子「放浪記」

貧苦と不運のままに彷徨いながらも生き抜く、女流作家の自伝的作品「私は宿命的に放浪者である」。主人公のこの言葉から、流転の物語は始まる。九州桜
閲覧数:211お気に入り数:0

「伊勢物語」(作者不詳)

懲りない、負けない、諦めない。それが男のモテる道?「伊勢物語」は全部で125もの短篇物語を収めた物語集であり、その大半が「むかし、おとこ・・
閲覧数:231お気に入り数:0

堀辰雄「風立ちぬ」

死にゆく婚約者との最後の日々を描き、究極の純愛を歌い上げた感動作「風立ちぬ、いざ生きめやも」それは私たちが出会った晩夏の頃、白樺の木陰から立
閲覧数:235お気に入り数:0

幸田露伴「五重塔」

「自分は不器用ですから」という男の生き方名人肌の大工である十兵衛は、非凡な腕を持ちながらも、「のっそり」という渾名を付けられるほど世渡り下手
閲覧数:200お気に入り数:0