tamaさんのまとめ一覧ページ

さよならポリファーマシー

ポリファーマシーについての疑問を解消!本書は、ごく標準的な現場の薬剤師が今欲しい情報を盛り込み、現場で即戦力として使え、かつ無理なく取り組め
閲覧数:788お気に入り数:0

一番わかりやすい栄養学の本

もっと元気に、もっと健康になれる「栄養学」ポリフェノール、大豆イソフラボン、カテキン、タウリン、リノール酸などなど、近年「体にいい!」といわ
閲覧数:1939お気に入り数:1

セルフメディケーション支援の基本

目標セルフメディケーションのための一般用医薬品、医療機器、健康食品など適切に選択・供給できる。セルフメディケーションと薬剤師セルフメディケー
閲覧数:706お気に入り数:1

OTC医薬品に関する情報提供の基本

目標一般生活者の健康を支援するトリアージ業務の重要性を理解する。OTC医薬品を安全で有効に使用するために、適切な聞き取りと情報提供を行うこと
閲覧数:602お気に入り数:1

日経DIクイズ 12

●肺炎を患った乳児喘息患児●咽頭部に水疱を生じる乳幼児の夏かぜとは●ゾビラックス顆粒の剤形変更を希望されたら●ホクナリンテープが効かない4歳
閲覧数:683お気に入り数:1

こどもと薬のQ&A

小児薬物療法研究会が日々の疑問に答えます2013年3月より開始された小児薬物療法研究会ML(メーリングリスト)では、日常業務での疑問や困った
閲覧数:1305お気に入り数:0

どっちを選ぶ? 糖質制限vsカロリー制限 データBOOK

太るのはどっち?生活環境VS遺伝子●太るのは遺伝子のせい?肥満でないのに糖尿病が多い日本人●「日本人はインスリン分泌能力が低い」はとんでもな
閲覧数:2671お気に入り数:1

DDS(ドラッグデリバリーシステム)

DDSとは医薬品の有効時間を長くしたり吸収を改善したりするための技術。放出制禦徐放製剤化薬をゆっくり溶け出させることで、血液中の薬物濃度を一
閲覧数:814お気に入り数:0

ハイリスク薬チェックシート 第3版

チェックシートで質の確保と効率化が向上特定薬剤管理指導加算の対象となるハイリスク医薬品について、薬剤・薬効ごとの①副作用モニタリングのポイン
閲覧数:831お気に入り数:0

医療用の「麻薬」について

医療用麻薬と呼ばれるもの麻薬というと「怖い」「危険」といったイメージがあるかもしれないが、医療用麻薬と呼ばれるものが存在する。これは覚せい剤
閲覧数:648お気に入り数:0

「糖質オフ!」健康法

主食を抜けば生活習慣病は防げる人類がチンパンジーと分かれて誕生したのが約700万年前です。農耕が始まるまで人類の生業は狩猟・採集であり、すべ
閲覧数:2865お気に入り数:1

食品等と医薬品の相互作用例

グレープフルーツジュースCYP3A4阻害(血中濃度↑)Ca拮抗薬、ベンゾジアゼピン系薬、スタチンなど効果発現の遅延レボチロキシンNa効果減弱
閲覧数:999お気に入り数:0

糖質制限の真実

日本人を救う革命的食事法ロカボのすべて生活習慣病が急増している。その8割を占める糖尿病、高血圧、脂質異常症は、さらにガン、心臓病、脳卒中の三
閲覧数:2754お気に入り数:1

医者が患者に教えない 病気の真実

内視鏡とアンチエイジングの第一人者が説く「健康長寿のヒント」●イカ・タコで胃の細胞の自殺を防げ●タマネギが「男性力」をアップさせる!その調理
閲覧数:5167お気に入り数:1

かるたde漢方

Amazonレビュー親しみやすいイラスト。 ☆4漢方薬に適する人物像をイラストで説明してある本。この手の本は今までいくつか購入しましたが、こ
閲覧数:677お気に入り数:1

日経DIクイズ―服薬指導・実践篇6

●乳幼児嘔吐下痢症に併用された坐剤と経口剤●貼付剤の効果を心配する喘息児の母親●ADHD児に処方された中枢刺激剤●ニキビ患者に処方された抗真
閲覧数:583お気に入り数:1

毒を出す生活 ためる生活

その健康習慣があなたの体をダメにするここが「メタボ」の分かれ道●週末はジョギングで健康度アップ ⇒ ✕●会社帰りにジムへ通う ⇒ ✕●食事は
閲覧数:5041お気に入り数:1

調剤報酬請求事(平成28年4月改定準拠) 基礎知識とレセプト作成

医療保険と保険薬局保険制度国民皆保険制度(昭和36年~)により、全ての国民は何かしらの医療保険に加入。けがや病気の時に、誰もが一定の医療を受
閲覧数:1040お気に入り数:1

日経DIクイズ 11

●溶連菌感染症への抗菌剤の服用期間●春季カタルに処方された免疫抑制点眼剤●小児の頭痛に出された抗アレルギー剤●若年性関節リウマチの子を心配す
閲覧数:580お気に入り数:1

食物アレルギーの食事療法

原因は蛋白質アレルギー反応は抗原(アレルゲン)と呼ばれるアレルギーのもとになるものを摂取することで起こる。抗原が体の中に入ると抗体ができ、そ
閲覧数:804お気に入り数:1