サイトイさんのまとめ一覧ページ

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~ 第一作

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。古書店主・栞子が古書にまつわる謎と秘密を解き明かしていく物語。第一話 夏目漱石
閲覧数:3176お気に入り数:0

「理由があるから変われないのではありません。変わりたくないから変われないのです」

そして、計画は立てている時に欲求を消費するホメオスタシスとアロスタシス人間の脳はそもそも変化を嫌う性質がある。[現状維持しようとすることをホ
閲覧数:1625お気に入り数:1

夏目漱石『坊っちゃん』|教師になった坊っちゃんの葛藤とは?

『坊っちゃん』は、一から十一章に分かれています。ここでは七章までのあらすじです。一親譲りの無鉄砲で子供の頃から損ばかりしている坊っちゃんは、
閲覧数:5898お気に入り数:0

ニーチェは、自分を悲劇の主人公にはしなかった

自分で価値観を創造して生きる、自分の内なる声に従って強く生きることを主張した。ニーチェの思想には「明るさ」があり、陰に反発するのではなく、陽
閲覧数:1837お気に入り数:0

ビブリア古書堂の事件手帖2  栞子さんと謎めく日常

第一話 アントニイ・バージェス『時計じかけのオレンジ』(ハタカワ文庫NV)ビブリア古書堂の常連客である小菅奈緒が、ビブリア古書堂に相談をして
閲覧数:6607お気に入り数:0

小山清『犬の生活』 ~心に残る一文~

<概要> 「私」が捨て犬・メリーと出会う物語。メリーは、妊娠していた。子犬が産まれるまでの「私」の徒然日記である。<心に残る一文>  私はそ
閲覧数:3691お気に入り数:0

夏目漱石『門』 ~心に残る一文たち~

<概要>宗助は、かつての親友である安井の妻である御米を得たが、その罪ゆえに、ひっそりと暮らしている。やがて安井の消息が届きく。宗助は救いを求
閲覧数:1969お気に入り数:0

自分を愛すると夢は叶う?

とてもスピリチュアル色が強く、読んでいる間は、めずらしく苦痛でした。「世界は愛しかない」という言葉が飛び出てきた時は、ぎょえー!となりました
閲覧数:6542お気に入り数:0

「われわれは花を見て枝葉を見ない」

植物は地上に見えている部分と地下にかくれたら根とは形もほぼ1同系でシンメトリーをなしているというp14われわれは花を見て枝葉を見ない。仮に枝
閲覧数:996お気に入り数:1

あなたは、変わりたくないから変われないのです

ホメオスタシスとアロスタシス人間の脳はそもそも変化を嫌う性質がある。現状維持しようとすることをホメオスタシスという。ホメオスタシスのわかりや
閲覧数:3427お気に入り数:0

十角形をした館で巻き起こる本格ミステリの名作

久しぶりに検索したら、新装版というのが出ているようです。初めて読んだのは15年以上前で、久々に読み返す。あらすじ、登場人物、犯人、全然覚えて
閲覧数:7007お気に入り数:0

中島敦『文字禍』 そもそも、文字とは何なのか?

毎夜、図書館でひそひそと怪しい声がしている。治世第二十年目のアシュル・バニ・アパル大王は、碩学ナブ・アヘ・エリバ博士に事の真相をについて調べ
閲覧数:3345お気に入り数:0

純文学を読まないと人間として成長しないよ

純文学の作品を通じて現代社会の空気のようなものを感じる事が出来るからp48映像は視神経を通じて後頭葉の「視覚野」→〈場面の意味を理解〉NAは
閲覧数:1307お気に入り数:0

私は舞台監督、仕事をするのはリハーサルの間だけで、開幕してしまえば、ステージに上がることはない。

中編p82大型商談でも、潜在ニーズを見つける質問から始めはするが、そこで終わりではない。成功のカギは、潜在ニーズをどう育て、どのような質問の
閲覧数:935お気に入り数:0

人はときに、自分のしていることは効果的だと信じて、成果の出ない行動をとり続けるものだ

後編p204プライベートの話で興味を引こうとするのをいやがるバイヤーは多い。~~見込み客は社内における立場が高ければ高いほど、自分の時間は貴
閲覧数:1038お気に入り数:0

ギリシャの歴史家ヘロドトスがこう言っている。「説得力のある人たちの共通点は、質問を数多くすることだ」

前編 大型商談商談と小型商談の違いp26あとで、自分なりにこの商談を分析してみたところ、彼からコンピュータ・システムを購入するのに私がためら
閲覧数:1078お気に入り数:0

中島敦『山月記』主人公が虎になった理由とは?

唐代の中国に李徴という男がいました。彼は、若くして科挙に合格し地方の役人になるほど頭が良く、そして、とても意志が強い妥協のできない男でした。
閲覧数:6316お気に入り数:0

小山清『落穂拾ひ』 「僕」の日録とは?

きっかけは、ビブリア古書堂の事件手帖でした。作中の登場人物、志田の好きな本として『落穂拾い』は出てきます。<あらすじ>冒頭で、出来れば早く年
閲覧数:5772お気に入り数:0

大切なのは意思より行動です。

p27 lesson8 不安や怒りを書き出してみる大切な人を亡くした人を専門にカウンセリングするスーザンからのアドバイスです。不安や怒りを感
閲覧数:842お気に入り数:0

小山清『夕張の宿』 ~心に残る一文たち~

<概要>北海道夕張の硬い寒さのなかの人が寄り添う物語。坑内雑夫をしている順吉が、痔ぢの手術をするために炭坑病院に入院する。その付き添いにきた
閲覧数:3761お気に入り数:0