maedaさんのまとめ一覧ページ

建国と同時にチベット、ウイグルを占領し数千万もの人民を虐殺した男

まえがき共産主義がなぜ間違っているか。それは嫉妬心が集まれば「正義」となり、その「正義」が暴力的手段で支配階級を打ち倒し、結果「全体主義の悪
閲覧数:4424お気に入り数:0

蒙古襲来と天変地異で神威高揚はなぜ起こったのか?そしてその果てにはー

神国日本の舞台裏 第一章 異国の襲来二度の元寇の難局を乗り切り一応の安定をみた1301年8月、時の執権北条貞時は鎌倉円覚寺にて幕府の威信をか
閲覧数:7439お気に入り数:0

明治維新の原動力となった、江戸後期における最高の儒学者、思想家、佐藤一斎の至高の書

少にして学べば、即ち壮にして為すことあり。 壮にして学べば、即ち老いて衰えず。 老いて学べば、即ち死して朽ちず。     言志晩録 第六十条
閲覧数:6741お気に入り数:0

大富豪の条件 アンドリュー・カーネギー

序章 私の修行時代成功の秘訣1 業務知識を身につける成功の秘訣2 勤務時間外に練習する成功の秘訣3 通常の仕事を超えたビジネスをする成功の秘
閲覧数:1344お気に入り数:0

日本経済を復活させ、中国軍事経済を封じ込める”新・黒田バズーカー”

消費税について大川隆法 日銀は秀才の集まりだと思うのですが、意外に頭がシンプルで、「公定歩合を上げたら勝ち、下げたら負け」と考えています。こ
閲覧数:3790お気に入り数:0

30日で人生を変える 「続ける」習慣

この本で一番大事なこと人は習慣によってつくられる優れた結果は、一時的な行動ではなく習慣から生まれる   アリストテレスこれでうまくいく続ける
閲覧数:1801お気に入り数:1

世界を騙した毛沢東の大罪、加速する習近平の野望、闇に覆われた中国覇権主義その源流に迫り、正体を暴く

まえがき本書は、商鞅・韓非・毛沢東・林彪など今日の中国に影響を与えたとみられる方々の、霊的な意見をまとめたものである。 はっきり言えば、毛沢
閲覧数:6763お気に入り数:0

借りたお金、返す?返さない? 室町時代の「不思議の法」

室町時代、「借金棒引き」を実現させた徳政令。しかしそれは、やがて人々から忌み嫌われる存在となったーいったいそれはなぜなのか?本来徳政とは、天
閲覧数:3602お気に入り数:0

原発は、明るい未来の道筋をつくる! 原発興国小論

「はてな」のはじまり学生寮に広島で原爆を体験し、その爆風のため、その方向に向けていた耳がやられて片耳が聞こえない学生がいた。私はその男と二年
閲覧数:1323お気に入り数:0

「平成後」の大戦略 失われた30年を逆転する

憲法の呪縛から天皇陛下を自由に マスコミは報じないが、皇室は危機にある。憲法が定める「政教分離」(20条)により、宮中祭祀が形骸化され、神道
閲覧数:7029お気に入り数:0

人権なき独裁国家の暴挙に、いま、世界が声をあげ始めた

まえがき 全く困った隣人だ。まるで「超人ハルク」のようで、世界を護っているのやら、破壊しているのやらわからない。 安倍自民党は、「長いものに
閲覧数:3437お気に入り数:0

蒋介石が明かす、南京大虐殺の実態

まえがき「中華民国」初代総統、蒋介石の霊言である。最近出した「毛沢東の霊言」とぜひ対比して読んで頂きたい本である。 習近平・中国から見れば、
閲覧数:4416お気に入り数:0