スエズ運河を消せ(デヴィッド・フィッシャー)の書評・感想

708views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
スエズ運河を消せ―トリックで戦った男たち

本書は、一人の偉大なマジシャンが、マジックの知識・技術を駆使して敵軍を翻弄するイリュージョンを戦場で行った、その記録です。
ジャスパー・マスケリンは、代々マジシャンを輩出する一家に育った。特に祖父のジョン・ネヴィル・、マスケリンが有名で、彼は『現代マジックの父』と呼ばれるほどの存在だった。
そんなマスケリン家の10代目であるジャスパーは、イギリスで好評を博す人気のステージマジシャンだった。
しかしジャスパーは、満足できない日々を送っていた。このままステージマジシャンとしてい続けても、一家の中で特別な功績を残せるわけでもない。
そんなジャスパーを駆り立てたのが、戦争だった。
ジャスパーには、マジックやイリュージョンの知識や技術が、必ず戦場で活かせるという確信があった。しかし、ジャスパーは38歳で、軍人になるには年を取りすぎていた。だからジャスパーは、軍の入隊センターに日参するも、なかなか自分の言い分を理解してもらえず、軍にも入ることが出来ないでいた。
ようやく入隊できたものの、ジャスパーはすぐに戦場に行けたわけではなかった。カモフラージュ部隊が作られ、そこで訓練や講義などに明け暮れるも、なかなか戦場へという命令が来ない。彼らは一計を案じ、少佐相手に自分たちのカモフラージュを見抜けるかどうか実験することで、自らの力を証明した。
そうしてついにジャスパーは、戦場に行くことが出来ることになった。行き先は、エジプトだ。
当時エジプトの砂漠では、「砂漠のキツネ」と恐れられたドイツ軍のロンメル司令官が、イギリス軍を苦しめていた。ジャスパーはそこで、軍隊のあちこちではみ出している、しかし一芸に秀でた仲間をあちこちから集めた。動物の擬態が専門の大学教授、材料さえあれば何でも作ってしまう大工、色を知りぬいた画家など、戦場にいても大して役には立たないが、ジャスパーの目指すイリュージョン作りには欠かせない人員をかき集めてきた。
そうしてジャスパーのカモフラージュ部隊は誕生したが、しかし仕事がなかった。彼らは、自らに何が出来るのか示すことが出来ないでいたし、上官も彼らに何が出来るのかさっぱりわからなかったのだ。
そんなジャスパーの元にやってきた最初の任務は、なんと魔道士との闘いだった…。
というような話です。
いやー、これはもうハンパなく面白かった!!面白いだろうなとは思ってたけど、まさかこんなに面白いとは思ってなかったんで、ホントにびっくりした。
本書では、ジャスパーが様々なイリュージョンを生み出すのだけど、その一つ一つの詳細を書いてしまうとちょっと興ざめだろうなと思うので、その詳細には触れない。ホントは言いたくて言いたくて仕方ないけど(こいつら、マジこんなとんでもないことやったんだよ!と、全然関係ない俺が自慢したくなる 笑)、それは自重しよう。でも、ふんわりとでも伝えたいので、各章の章題だけ列挙してみようと思う。

「入隊志願」
「最初の任務」
「カモフラージュ部隊、結成」
「戦車をトラックに見せかけるわざ」
「アレクサンドリア港を移動せよ」
「ゴミの山から軍隊を作り出せ」
「スエズ運河を消せ」
「エジプト宮殿でのスパイ活動」
「命がけのイリュージョン」
「第二十四”ボール紙”旅団」
「折りたためる潜水艦」
「戦艦建造プロジェクト」
「失意と絶望の日々」
「砂漠での失敗」
「刻々と変わる戦況のなかで」
「史上最大の偽装工作」
「司令官からのメッセージ」
「ニセの戦車で奇襲をかけろ」

感想

逆に言えば、ロンメルがあっさり倒れなかったからこそ、ジャスパー率いるカモフラージュ部隊は活躍できた、という言い方も出来るだろう。何にしても、指揮官の違いによってこうも戦闘というのは変化するのだなと痛感させられました。
本当は、ジャスパーらがどんなイリュージョンを見せたのか、そして彼らカモフラージュ部隊をどんな状況が襲ったのかなんかを、かなり詳細に書いてしまいたいのだけど、やっぱりそれは興ざめになるだろうから止めておきます。そうなると、なかなかたら嬉しいなと思います。久々に、ここまでド級の面白さのノンフィクションを読んだなという感じがします。とにかく、すっげー面白いです!是非是非読んでみてください!戦争について、歴史について全然知識がない人(僕のことです)でも全然楽しめる作品です。すっげー面白いですよ!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く