学生時代にやらなくてもいい20のこと(朝井リョウ)の書評・感想

1678views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
学生時代にやらなくてもいい20のこと

本書は、早稲田大学在学中に「桐島、部活やめるってよ」で作家デビューし、「もういちど生まれる」で直木賞候補にもなった、今をトキメク新人作家の、主に学生時代のエピソードをあれこれ書いたエッセイになります。タイトルだけみると、なんとなくビジネス書っぽい感じに見えるかもですけど、れっきとしたエッセイ集です。
しかしまあ色んなことをしている。
自転車で500キロ先の京都まで行ってみたり、100キロを超える大学の徒歩イベントに参加したり、学祭のために謎のダイエットドキュメンタリーを撮影したり、眼科医と謎の攻防をしたり、マックで出会った謎のおじさんと緊迫感のあるやり取りをしたり、友達とピンク映画を見に行ったらとんでもないことが起こったり、就活というワンダーランドで奮闘したりと、とにかくアホなこと満載の学生生活を送っていたようである。
朝井リョウ自身は、自らのスペックをなかなか低めに見積もっていて、馬面で田舎者、機械オンチで心配性などなど、自己評価がなかなか低めな感じである。早稲田大学在学で、在学中に作家になり、ダンス部に所属してるなんて、リア充の塊!みたいな印象もあるんだけど、本書を読むとどうもそういうわけでもないようだなぁ、という感じがしてくる。デビュー作の「桐島~」の著者近影と著者略歴を見た僕は、なんたるリア充!と思っていたのだけど、本書を読む限りそういう感じでもないようなので、過去に遡ってお詫びしたい気持ちでいっぱいである。
そんな、現在は社会人一年目としてバリバリ働くサラリーマン作家になった著者による、爆笑エッセイ集です。
これは面白かったなぁ!エッセイが面白い作家っていうのは本当に稀だと僕は思っていて、三浦しをんがずば抜けてダントツだとして、乙一や森見登美彦なんかの名前が思い浮かぶけど、他になかなかいない。小説が抜群に面白くてもエッセイはさほど…、というような作家が結構多い印象であるのだけど、朝井リョウは小説もエッセイもまあべらぼうに面白い、なんとも才能に満ち溢れた男であることよのぉ、このリア充!という感じである。
しかし、面白いエッセイというのは、なかなか内容紹介をしにくいものである。ネタバレするわけにもいかないし、僕がざっくりエピソードを要約したところで、別に面白いわけじゃない。だからさっきみたいに、ざっくりとしたポイントだけを箇条書きにする、みたいな感じでざっと内容を書いてみたんだけど、具体的な内容に踏み込もうとするとそれぐらいが限界かなぁと思ってしまうなぁ。
とはいえ、ちったぁなんか書いてみよう。
結構僕は、朝井リョウの感覚が随所で理解できてしまう男である。いくつか挙げてみよう。
まず、朝井リョウはなかなかの心配性である。旅行先に、絶対に旅行先では使わないだろうというものを、もしかしたら使うかもしれない、と言ってバッグに忍ばせてしまうような、そんな人間だ。僕もそうで、『もしかしたら』という想定を色々と思いついてしまうので、それに対処しておかなくては不安だ、という感じになってしまうのだよなぁ。どう考えても起こる確率が低そうなことについても何らかの対処を施してしまいたくなるような、とても効率の悪い人間で、まあこの心配性の部分は直らんだろうなぁと思いつつ、変わったらいいなぁ、と思ったりもしている。

感想

大学時代に戻りたいかと聞かれたら、全力で『戻りたくない!』と即答する僕だけど、でもあれだけアホなことをやれていた時代って、やっぱり貴重だったよなぁと、本書を読んで感じたりしました。やっぱ、羨ましい部分もたくさんありますよね。リア充!って叫びたくなるような人生にはそこまで興味を惹かれないけど、朝井リョウみたいな、後々話をして爆笑を取れそうなエピソードって、ちょっと羨ましいなぁ、なんて感じがしてしまいました。
とにかくアホアホで、小説を読んでの著者のイメージとのギャップも甚だしいわけですけど、とにかく笑えるエッセイです。小説も面白くてエッセイも面白いという作家がそこまで多くないこの時代にあって、また一人僕の中で、エッセイが面白いと思える作家に出会えたな、という感じがしました。是非読んでみてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く