実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE(森博嗣)の書評・感想

679views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
実験的経験 Experimental experience

と思うのですけど、やっぱり内容には入らないことにしようと思います。
なんというか、楽しい作品です。
本書を読んで僕は、なんだか森博嗣に感謝したい気分になりました。それはどういうことかというと、よくもまあ出版という不合理な世界で活動を続けてくれたものだな、ということです。
恐らく森博嗣にとって、出版業界というのは、まったく理解不能な業界だったことでしょう。
恐らく、時間当たりの効率が凄くいいとか、結構労なくお金を稼ぐことが出来る、というような理由で『出版』というものと関わり続けてくれたのだろうけど、いやはやホントありがとう、という感じになりました。
ありとあらゆることに共通することだけど、どんな物事にも『前提』は存在する。『納豆を食べる』であれば、『臭いのは当たり前』という前提が存在するはずだし、『死ぬのが怖い』であれば、『長生きしたと思うのは当然』という前提が存在するはずだ。
そういう前提に、森博嗣は敏感だ。
森博嗣は、明文化されていない、なんとなくそういうことになっている事柄について、納得出来ないような思いを抱いていることだろう。もちろん、納得しなければいけない理由はない。森博嗣は、自らの考えでは掴み切れない『出版』というそのものについて、諦めたり距離をおいたりすることもできたはずだ。これほど、不合理な世界もないと、呆れ返ってほったらかしにすることもできたはずだ。
でも、森博嗣は、何らかの理由によって作品を発表し続けてくれたし、今でも書き続けてくれている。なんというか、それに対して凄く感謝したくなる作品だ。
本書は、説明不能だけど、森博嗣の価値観が全開に放出されている作品だ、という印象がある。
が、もう少し説明が必要だろう。『森博嗣』とは誰なのか、について。
ここで言及している『森博嗣』は、現実の、どこかで庭園鉄道を作り、作品を発表し、時々バナーナさんとかウミノチーカさんと会ったりしている実在の『森博嗣』ではない。そうではなくて、これまで小説やエッセイなどを通じて森博嗣が構築してきた、あるいは読者の側が勝手に構築してきた『森博嗣像』のことを、『森博嗣』と表現している。
実際の森博嗣としては、本書で言及している様々な事柄については、特に言及する必要を感じることもないほど自明なことだろうし、特別言葉に置き換えて発表するものではない、と考えていることだろう。しかし、そのようにして放出された様々なものは、これまでの作品を通じて形成されてきた(あるいは形成されたきたと想像できる)『森博嗣像』をくっきりとさせるみたいな印象があった。小説ではなかなか明言されないし、エッセイに書くほどでもないと森博嗣が判断した様々なことがらが、親父ギャグやトリッキーなショートショートなどに載せられて描かれていく。現実の森博嗣が、本書で描かれているような主張をしたいわけではないだろう。きっと森博嗣としては、自明のことであるし、言葉を介して伝えなければならないのであれば、言葉を介しても恐らく通じないだろう、なんて風に思っているのではないかなぁ、と想像する。それでも森博嗣が本書のような作品を物したのは、小説と虚構、エッセイと創作、現実と非現実と取り混ぜることで、形成され続けてきた『森博嗣像』をうまく利用して補完することが出来ると考えたからではないか。
と書いているけど、自分でも何を言っているのかよくわかってなかったりする(笑)。

感想

森博嗣の、なんとなく漂ってくる諦め、みたいなものも読みどころではないかな、という感じがします。基本的に他者に対する期待をしていない森博嗣の、主張してはみるけどきっと届かないんじゃないかなぁ、というような諦めみたいなものが結構如実に現れているような感じがして、個人的には面白かった。まあそうだよなぁ。森博嗣ほど合理的な人間であれば、世間の人々の不合理な判断は全然理解できないだろうなぁ、という感じがします。
結局内容にはほとんど触れませんでしたけど、ホント内容紹介とか無理です。ここまで実験的で意味不明な作品は、なかなか読む機会がなかったりしますね。でも、個人的には凄く面白かったです。爆笑しながら読んだし、感心しながら読みました。凄く変な小説で、小説なのかもなんとも言えなくて、人によっては放り投げたくなるかもしれないけど、僕は読んでほしいなぁと思います。ホントに

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く