昭和十七年の夏 幻の甲子園 戦時下の球児たち(早坂隆)の書評・感想

1332views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
昭和十七年の夏 幻の甲子園 戦時下の球児たち (文春文庫)

本書は、戦時中たった一度だけ開催された「幻の甲子園」について、開催されたいきさつや全試合内容の詳述などが描かれたノンフィクションです。
「全国中等学校優勝野球大会」いわゆる「甲子園」は、大阪朝日新聞主催の大会として今日まで続いている。朝日新聞の記録上では、「昭和十六~二十年 戦争で中止」となっている。
しかし、昭和十七年、一度だけ「甲子園」が開かれている。しかしそれは、普通の「甲子園」ではなく、あくまでも戦時下における「幻の甲子園」であった。
主催は文部省(と大日本学徒体育振興会)であり、大会名も「第一回全国中等学校体育大会野球大会」とされ、「ベンチとの選手の交代は不可」「打者はボールを避けてはいけない」などの、普通の「甲子園」にはないルールが設定された。また選手たちは「選手」ではなく「選士」と呼ばれた。戦時下にあって、戦意高揚を促すような、そんな目的で行われたものだった。
それでも球児たちにとっては、この昭和十七年の「幻の甲子園」開催は、本当に喜ぶべきものだった。
前年の昭和十六年、大阪朝日新聞社が交渉に交渉を重ねた末、結局「甲子園」は中止と決まった。戦時下にあって、敵国のスポーツをやるものではない、という風潮が次第に蔓延する中、それでも「甲子園」を目指して辛い練習を重ねてきた球児たちにとっては、辛い現実であった。
昭和十七年に行われた「幻の甲子園」は、「甲子園」の正史には記録として残っていない。この「幻の甲子園」においても様々な記録が生まれたが、それは「甲子園」の正史としては残されていないのだ。昭和十七年のこの大会が「幻」と呼ばれる所以である。
しかし選手たちにとっては、幻でも何でもなかった。どんな思惑で開かれようが、ルールが変わろうが、野球が出来るという喜びに満たされていた。
本書のメインは、参加16校によって行われた全15試合の詳述である。現在も残るスコアボードや、80歳を超える戦争を生き残った当時の選手たちへの取材を通じて、当時の熱戦を再現している。試合の話だけではなく、「球場の昼時に満員になってたカレーを食べたかった」「試合終了と共にふくラッパを吹く学生が、9回裏2アウトになると準備を始めると、観客席から「縁起でもない」と野次が飛ぶ」と言ったようなちょっとした小咄的な話も随所に入れながら、それぞれの試合が詳細に描かれていく。選手たちのその後(戦争で亡くなったり、プロ選手になったりなど)などもかなりふんだんに描かれ、昔を知る野球ファンには非常に面白いのではないかと思う。
「幻の甲子園」でも、様々なドラマが引き起こされる。
試合直前になって監督が戦争に招集され、監督不在のまま戦ったチーム。開催直前に突如設けられた「年齢制限」という特別ルールに引っかかって出られなくなってしまった各チームのエースたち、強引な日程の組み方によって生まれたドラマ、怪物のような投手、審判の判断。
台湾から参加したチームは、日本まで行くのにアメリカに船をやられるかもしれないから、全員親の同意書を取り付けなくてはならなかった。
戦時下という条件の中、普通の「甲子園」ではありえない形で涙が流される場面があり、その環境の中でも全力でプレーし続ける選手たちの輝きが光る。
公式には5年間のブランクがある夏の甲子園。その期間に、たった一度だけ「幻の甲子園」が開催されていた。その記録。

感想

しかし、試合内容の詳述は、面白いかどうかということより、凄いなという感じが先行しました。だって、今から70年ぐらい前の話ですよ。スコアブックがいくら残ってたって、あそこまで試合内容をリアルに再現できるものなんだろうか、と感心しました。もちろん、当時の選手たちへの取材で補った部分も多いのだろうけど、かつての選手たちもホント、よくもまあ覚えてるなぁ、という感じで、そこは凄いなと思いました。
とにかく本書は、野球に詳しい人が読んだら凄く楽しめる作品だと思いました。「幻の甲子園」の存在そのものを知らない人も多いだろうし(もちろん僕も知らなかった)、そうでなくても70年近くも前の球児たちの試合をここまでリアルに再現できている点、そして戦後の職業野球界を背負って立った名選手たちのプロ以前を知れるという意味で、凄く興味深い作品なんじゃないかなという感じがします。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く