お金を生み出す方法がわかる本「頭のいい人だけが知っているーお金を稼ぐ読書術ー33歳で3億円をつくったインプット・アウトプット法」

41173viewsgainsta626pongainsta626pon

このエントリーをはてなブックマークに追加
ー頭のいい人だけが知っているーお金を稼ぐ読書術ー33歳で3億円をつくったインプット・アウトプット法ー

まえがき

・新聞から得られるのは情報、本から得られるのは情報を洞察する力。
・読書は「自己投資」趣味ではなくリターンを期待した行為。

第一章 読書は金を生み出す道具

・本を「どうすれば人の役に立てるか?」または「どうすれは収入を増やせるか?」という視点で読む。
・早く読む、多く読むことは重要ではない。
・本を読むという「作業」の後、「実行する」ということで変革を起こせる。
・ひとつの主張に流されず、色々な主張の本を読み自分で判断。
・本の答えは書かれていない。

第二章 お金を生み出す読書の仕組み

・ライフスタイルに合わせて読書する「仕組み」を作る。
・気分によって読む本を変えるため並行して何冊か読み、複数の本を持ち歩く。
・全部、読む必要はない。興味の持てるところのみでOK。
・時間があるときは本は読まない。考えることとアウトプットをする。

第三章 お金に換える読書の技術

・著者の生業を知って読む。
・スケールの大きな人の発想を吸収する。
・一旦は著者の立場に立って読んでみる。
・同じテーマ、異なる著者の本を読み多角的に問題を捉える。

第四章 アウトプット読書法

・読書時間の5倍の時間を考え、10倍の時間、実践する。
・読書しながらノートに書き出すことでインプットしながらアウトプットする。
・本の目次をto doリストにする。

第五章 高速大量インプットする読書術

・速読のコツは経験値、読書量、関心度、集中力。
・「何をするのか」目的を意識することで高速インプット可能。
・反復読書で理解の幅と深さを生む。
・入門書を10冊、読めば即席専門家になれる。
・専門書などの複雑な内容は自分の言葉で話せるほど咀嚼する。
・他人のフレームワークを普遍的に使えるか見極め、必要に応じて修正していく。

第六章 トレンドを読む技術 

・普段買わない雑誌を読んで好奇心を刺激する。
・雑誌に掲載の怪しげな広告はコピーのお手本。
・「役に立たない」は自分の情報を認知する成熟度を疑え。

おわりに「本から学ぶということ」

・本は矛盾した方法を組み合わせながらよむ。
①受け入れつつも疑う。
②じっくり速く読む。
③全部読んだり、飛ばしたり。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く