おもかげ復元師(笹原留似子)の書評・感想

1039views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
おもかげ復元師 (一般書)

世の中には、凄い人がいるもんだな。

僕には、人の「死」というのがよくわからない。
なんだか、どんな風に捉えたらいいのか、よくわからないままだ。
今まで、葬儀には二度出たことがある。
どちらも、まったく悲しくなかった。
死んでしまった人間に対して、何を思えばいいのか、よくわからない。
何を感じたらいいのか、よくわからない。
たぶん僕は、悲しくはなかった。その時は、自分はなんて非情な人間なんだろうと思ったのだけど、最近はあまりそういうことは考えない。
「死」というものに触れることが、凄く少なくなったように思う。
昔は、出産も今以上に危険なものだったし、生まれてきた子供も大人になる前に死んでしまうことも多かっただろうと思う。寿命も今よりは短かっただろうし、克服できない病気も多々あったはずだ。
今は、どうだろう。「死」は、あまり身近なものではないような気がする。
接する機会がなさすぎて、それがどんなものなのか、よくわからなくなっている。僕は、僕自身についてそう思う。
「死」というものが普遍的に持つ感情が、僕には届かないのかもしれない。
「人が死んだら悲しい」というのは、後天的かつ社会的な価値観だと思う。「死」と「悲しみ」が地続きではない社会というのは、きっとどこかにあるはずだと思う。
僕はその、後天的に獲得するはずの価値観を、獲得し損ねたのかもしれない。
だから僕には、「死」というものがよくわからない。
どう感じればいいのか、よくわからない。
だから正直に言えば、葬式などの儀式に意味を感じられないし、「遺体」そのものに対する思い入れというのも、全然ない。

世の中には、凄い人がいるものだなと思う。
本書の著者である笹原さんは、「おもかげ復元師」だ。様々な事情により生前の面影を喪ってしまった遺体の顔や体を修復することで、生前と同じような面影を取り戻すことが出来るようにする。そういう仕事をしている。

僕には、生前の面影を失った遺体を目の前のした時の自分というものが、あまり想像が出来ない。それが親しい人だとして、僕はどう感じるだろう?あまりにも違う見た目に、その死を受け入れることが出来ないだろうか?変わり果てた姿の先に生前の面影を幻視して、その死を受け入れることが出来るだろうか?
わからない。その時になってみないと、きっとわからない。

本書では、笹原さんがこれまで関わってきた人・状況の中から様々なエピソードを取り上げた作品だ。
世の中には、凄い人がいるものだなと思う。
「おもかげ復元師」というのは、当然のことながら、キレイな仕事ではない。笹原さんは、『ウジ虫がわいても復元するのは、日本でもわたしくらいかもしれません』と書いている。遺体によっては、相当な臭いがすることもある。とても普通の人間には耐えられないようなものだという。子供の遺体の修復が続くと、自身もシングルマザーで二人の子供を持つ親として、いたたまれない思いになる。あまりにも根を詰めて仕事をしすぎて、体が動かなくなってしまうこともあった。
それでも、笹原さんは復元を続ける。その凄さ。

道具や人体の様々な知識を駆使するその技術力の高さも凄い。どうしても復元してあげたいという想いの強さも凄い。自分の体が悲鳴を上げてもやり続ける執念も凄いし、会社の経営者として事業を回さなければならないのに、東日本大震災の被災地を回って復元ボランティアを続けるという決断も凄い。
でも、なんというか、それだけではないのだ。それだけが凄いのではない。

感想

亡くなった方のことを、忘れることはないと笹原さんはいう。笹原さんは、生きている者に何を残すか。それを真剣に考えている。あまり良いものが残らなければ、それは後悔に繋がってしまう。良いものを残すことが出来れば、その別れは前向きなものになる。
様々な思いが交錯する被災地にあって、笹原さんの活動は、人々に笑顔を、そして前を向いて歩こうと思える力を与えてくれるのかもしれません。

世の中には凄い人がいるものです。軽々しいことは何も言えないけど、自分の体が限界を迎えない程度に頑張って欲しい。そう願うほかありません。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く