愛すべき娘たち(よしながふみ)の書評・感想

958views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
愛すべき娘たち (Jets comics)

先に書いておくと、漫画です(いや、わかるかもですけど、一応。あんまり漫画の感想って書きませんからね)。
ある母娘を中心に据えて、彼女たちと関わる人たちを描く、連作短編集のような感じの長編です。

「第一話」

雪子は、母・麻里と、ずっと中のいい親子をやってきた。母は美しいが決して自分の美しさを認めることなく、再婚もせずに二人でやってきた。
その母が、再婚するという。雪子は30歳。母は、癌を患っていた。好きなように生きるの、と母はいう。これまでだって好きなように生きてきたくせに、と娘は思う。
大橋健は、27歳。母の再婚相手だ。
時代劇の役者になりたいという。母とはホストで出会った。
そんな大橋と、一緒に暮らすことになる。

「第二話」

大橋の友人である和泉は大学教授で、研究室に押しかけてきた『薄気味の悪い女』に強引に押し倒され、口で処理された。という話を、夕食に招待された麻里・雪子宅で相談をする。
どうしたらいいだろう?
その後もその学生は、研究室にやってきては口で処理をして帰る。会話の端々から、これまでまともな恋愛をしてこなかったんだなということがわかる。当人は、そんな風にはまったく思っていないけど。
なんというか、次第に和泉の気持ちが変わってくる。まあ、男は単純というかなんというか。

「第三話」

雪子は、大学時代の友人である、作家の唐沢と、祖父の仕事である建築士を継いだ莢子の二人と飲んでいる。唐沢は結婚相手に求める条件がなんというか微妙に高くて、それで結婚が出来ないでいる。雪子は、キレイなくせにあんな十人並みの男と結婚するのね、なんて茶化される。
それにしても、莢子が未だに結婚できていないのが、二人には不思議で仕方がない。それはもう、絵に書いたような「清楚で優しい女」なのだ。男だったら放っとくはずがないのだが、未だに結婚が出来ない。
莢子は、身辺がちょっと落ち着いたこともあってお見合いをすることにするのだが、誰に対しても結局断りの電話を掛けてしまう。
あの人に会うまでは。

「第四話」

中学時代。雪子には、牧村と佐伯という女友達がいた。牧村は、結婚したら男が家事をしないのは当然だ、女が戦うしかない、私は後々の女性のために民間で定年まで勤めあげるよ、と言っていた。雪子は唐突にそんなことを思い出し、牧村と佐伯に結婚の報告をする手紙を書く。
雪子は別の高校に進学し、牧村と佐伯は同じ高校に進んだ。
佐伯は牧村とその後も関わり続けた。牧村の言い分は、どんどん変わっていく。編集者になりたいと言った牧村の代わりではないが、佐伯は出版社で派遣として働いている。
あの頃の牧村は、もういない。

「最終話」

ひいばあちゃんの葬式で祖母が号泣しているのを、母・麻里は冷徹に見ている。私は、あなたが死んだって泣かないわよ。
子どもの頃麻里は、母に容姿について悪く言われ続けた。未だにそれをひきずり、再婚相手である大橋の褒め言葉さえも聞き入れない。客観的に見て、麻里の容姿はとても美しいというのに。
どうして祖母は、母・麻里にそんなに容姿について強く当たったのか。

というような話です。
これはいい話だったなぁ。僕は男だから、どうしたってこの作品の隅々までその良さを理解し切ることは出来ないんだろうけど、凄くいいと思いました。

感想

女性が読めば、もっと深くまで心に届く作品なんだろうなという気がします。女性にとっては、『社会』というのは山ほどある。『家庭』だったり『職場』だったり『恋愛』だったり。そして、そのほとんどで闘いを強いられる人生だ。どれもが戦場。それを当たり前のこととして生きてきた女性に、男がとやかく言えることは多くない。闘いによって選択肢を増やすことが逆に女性たちを苦しめることになるという悪循環の中に囚われる、そんな風に思えて仕方ない女性という存在。そんな難しい存在を、非常に豊かに描き出していると感じました。是非読んでみて下さい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く