ルーズヴェルト・ゲーム(池井戸潤)の書評・感想

1214views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ルーズヴェルト・ゲーム

舞台は、現会長が創業し、年商500億円までに成長させた、機械部品メーカーの青島製作所。
創業者の青島は大の野球好きで、創業7年目に自社の野球部を創設した。当初こそ野球好きの社員を集めてやっていた程度だったのだけど、少しずつ規模は大きくなり、青島製作所野球部は、社会人野球でもかなり名を知られた伝統あるチームとなった。
しかし去年。監督だった村野が、青島製作所野球部のエース二人を引き連れて、本業でもライバル関係にあるミツワ電器の野球部に移籍してしまう。青島製作所野球部は、いきなり監督不在という大ピンチの中、野球部の部長も引き受ける役員の三上は、監督探しに奔走することになる。
チームも、エース二人を引きぬかれて、満身創痍だ。マネージャーの古賀、キャプテンの井坂らが奮闘するも、チーム作りにも難航することになる。
そんな青島製作所にやってきた新監督は、元高校野球の監督だった大道だ。大道は勝つために、データ重視のチームの組立をし始める。それは、レギュラーを奪われることになる古参の選手の反発を買うことになるが…。
しかし、そんな野球部は、そもそも存続が危ぶまれてる。
青島製作所は、創業者である青島が社長を退き、青島が営業部長として他社から引き抜いてきた細川が抜擢人事で社長に就任していた。細川は、社内で誰も注目していなかったイメージセンサを青島製作所の主軸に据える提案を行い、5年間で50億円もの売上を伸ばした功績がある。
しかし、米国発の金融不況の煽りを受けて、業績は急激に悪化。先の見通せない状況が続いている。
問題はそれだけに留まらない。ミツワ電器が強敵なのだ。
ミツワ電器は、営業力で売上を伸ばして来た会社だ。創造力はないが、他社で売れているものも自社でも開発し、コストダウンで受注を取るという戦略でやってきた。
そのミツワ電器が、イメージセンサ部門に注力するようになったようで、青島製作所と競合する。
不況の煽りで、大手取引先からの大幅な生産調整を飲まなければならない中、さらにミツワ電器が食い込んでくるために、受注を取るためにはさらなるコストダウンを迫られることになる。
青島製作所は、青息吐息の状態だ。
そんな中で、年間の維持費が3億円も掛かる野球部を存続させる理由があるのか。青島製作所の番頭である笹井や、製造部役員である朝比奈など、役員の中にも野球部嫌いは多い。
果たして野球部は、そして青島製作所は、生き残ることが出来るのだろうか…?
というような話です。
素晴らしい!!さすが池井戸潤としか言いようがない最高の物語ですなぁ。やっぱ池井戸潤、好きだなぁ。
銀行や中小企業を中心にした作品を多く発表してきた池井戸潤だけど、企業野球を描いたのは今回が初かもしれませんね。
企業野球部の視点から『会社』というものが描かれる物語は、とても新鮮だと思う。
これまでは、経営者の視点、銀行の視点、一社員の視点、そんな方向から『会社』というものを見る作品が多かったと思うのだけど、今回は企業野球部の視点から『会社』を見る作品だ(もちろんその視点だけではないのだけど)。
確かに、不況の中、リストラを推し進めなくてはいけないという状況の中で、莫大な維持費の掛かる野球部を存続させる必然性は、強く感じられることはないだろう。
役員の中には、はっきりと野球部のことを「コスト」と言い切る人間もいて、さっさと廃部にするように部長である三上に何度となく言い続ける。

感想

他にも、チラッとしか登場しないたくさんの人物がいるんだけど、一人ひとりが結構個性的だ。本書は、冒頭から大量の固有名詞が出てきて、初めはちょっと不安だったんだけど、キャラクター一人ひとりがきちんと作品の中で『生きている』ので、登場人物の名前を覚える苦労はほとんどありませんでした。社長や銀行マン、ライバル会社の社長と言った人物だけではなく、技術者や契約社員や応援団と言ったちょっとした端役に至るまで個性が与えられている、見事な作品だと思います。
素晴らしい作品だと思います。池井戸潤は本当に、安心して読める作家の一人になったな、という感じが強くあります。エンタメというほど軽いわけではなく、でも経済小説と言うほど堅いわけでもなく、絶妙なバランスを保ちながら、読みやすくかつすべての働く者をたぎらせるような作品を描き出すのが本当に巧いと思います。是非読んでみて下さい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く