浜村渚の計算ノート(青柳碧人)の書評・感想

1732views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
浜村渚の計算ノート (講談社文庫)

本書は、とある事情からテロリストになってしまった天才数学者・高木源一郎と、彼の挑戦に立ち向かう中学生・浜村渚の闘いの物語です。
まず全体の設定を説明しましょう。
高木源一郎は、現在日本を震撼させているテロ組織「黒い三角定規」の主導者であり、自ら「ドクター・ピタゴラス」を名乗っている。
彼の目的はただ一つ。学校教育における数学の地位向上だ。
とある心理学の権威が、少年犯罪の急増の理由を義務教育の内容と関連付けた論文を発表した。それを受け文部科学省は、小中学校における教育内容を刷新することにした。
刷新の大きな柱として導入されたのは「心を伸ばす教科」。つまり、絵画や道徳などの科目の比重が増した。
その一方で、これまで「勉強」と呼ばれていた科目はどんどんと削られ、なかでも数学と理科は徹底的に迫害され、学校によってはほとんど教わらない、そんな状況になってしまった。
そんな現状を変えるべく立ち上がったのが高木源一郎である。彼は、全国の高等学校の数学教育で使われていた数学ソフトの監修者であり、彼はそのソフトの中に特殊な信号を仕掛け、日本国民全員に予備催眠を掛けていたのだ。高木源一郎は、ちょっとした数学的操作を加えることで、そのソフトに一度でも触れたことのある人間を自由に操ることが出来るようになった。
国民全員が人質に取られた形だ。
高木源一郎は、学校教育における数学の地位向上を、動画配信サイト「Zeta tube」で訴え、政府に一ヶ月の猶予を与えると告げたが、政府は高木源一郎の思惑と真逆の対策を取ることになる。
かくして高木源一郎は、テロ行為に手を染めることになる。
それに対するのが、中学生の浜村渚だ。
何故中学生が捜査に加わるのか。
高木源一郎が作った数学ソフトは20年以上使われており、警察の捜査本部には、「39歳以上、または高木源一郎作製のソフトを一度も見たことがない警察官」のみが集められた。その結果、捜査本部に数学的な知識を持つ人間がいなくなったのだ。
しかし、数学に強い人間に協力を求めるのも難しい。何故ならそういう人間は、まず間違いなく高木源一郎のソフトに触れているからだ。高木源一郎のソフトに触れれていないのは、39歳以上か中学生以下という条件になるが、中学生以下でも塾などでそのソフトが使用されていることがあり、難しい。
そんな中で白羽の矢が立ったのが、浜村渚だったのだ。彼女は、数学の恐るべき才能を持ちつつ、これまで高木源一郎の作成したソフトを一度も見たことがないという、日本国内においてこれ以上望むべくもない人材だったのだ。
かくして、高木源一郎率いるテロ組織「黒い三角定規」が仕掛ける様々な「数学が絡む犯罪」を、浜村渚と共に解決していく…。
というような話です。
では、4編ある各章の内容を紹介しようと思います。

「ぬり絵をやめさせる」
「黒い三角定規」は、長野県内で殺人を犯し続けている。殺されている人たちには関係性はなく、捜査本部は、何故彼らが殺されているのかまったくわからない。
浜村渚はこの事件に、「四色問題」が関係していると見抜くが…。

「悪魔との約束」
美術館で、揮発性の毒ガスが撒かれる事件が多発する。捜査本部は、毒ガスの入手経路から、渋谷にある『カルダノ』という名の数学喫茶にたどり着く。
その数学喫茶には、『何もないことを示す』数字である『0』が重要なモチーフとして扱われている。捜査本部の面々は、「0で割り算をしてはいけない」という、数学における最も基本的なルールを学ぶことになるが…。

感想

設定はまさに荒唐無稽です。そういう荒唐無稽な設定に馴染めない、という人もいることでしょう。でもこの設定は、あくまでも『数学を物語に落としこむための舞台設定』に過ぎないわけで、そこをとやかく言って楽しみを半減させてしまうのは面白くありません。数学が好きな僕としては、予想していたよりも遥かに面白い話で、大満足です。数学を小説にしたということでは先駆者である、結城浩「数学ガール」という作品があるのだけど、これはそこそこ以上の難易度がある。しかし本書は、数学初心者にだって理解出来るストーリーである。そして本書を読むと、数学好きの「数学に対しては誠実でいたい」という、文系の方にはなかなか理解し難い感覚を少しは知ることが出来るかもしれません。個人的には、シリーズの続きも読んでみたくなってしまうような、面白い物語でした。是非読んでみて下さい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く