探検隊の栄光(荒木源)の書評・感想

822views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
探検隊の栄光

舞台は1980年代。まだまだテレビの勢いがガンガンあって、テレビ屋も自由にバリバリ仕事が出来た時代。
「杉崎探検隊」は、不定期のスペシャル番組として既に6年続き、本数にして40本に迫ろうという局の看板番組だった。
元プロ野球選手だった杉崎正雄を隊長として、プロデューサーの井坂善三、構成作家の水島啓介、ディレクターの瀬川学、ADの赤田康弘、音声の小宮山秀一、カメラマンの橋下政明、照明の渡部繁というメンバーでロケにやってきている。
今回の設定は、ジャングルの奥深くに潜む伝説の大蛇「ヤーガ」を追うというものだった。金色に輝く「ヤーガ」は、無数の蛇たちに守られて洞窟に暮らしている、という設定で、長い行程の間にいくつもの撮影を挟みながら、ようやくロケハンの時に使えそうだと判断した洞窟までやってきた。
彼らにとっては、とにかく「本物らしく」見えればなんでもよかった。ヤラセ、どころではない。『探検』という形で撮影されるほぼすべての行程が捏造だ。しかし、それでいいと思っている。視聴者だって、そういうもんだと思って見ているはずだ。とにかく、楽しければいい、くだらなければいい。彼らは、設定には出来るだけ忠実に、それでいていかにインパクトがあり、かつ馬鹿馬鹿しい映像を撮れるか。それを真剣にやっている。
その洞窟には、異物があった。
薬莢だ。
そしてその洞窟には、人型の的もあり、それを見た現地ガイドらは、報酬も受け取らずに逃げた。
しかし彼らには、その重要性は理解できず、そのまま撮影を続けたのだった。
その洞窟で寝袋を敷き眠っている一行の元にやってきたのは、迷彩服を着た三人の男たちだった。
彼らは、反政府組織に所属するゲリラなのだった。
確かに彼らがロケにやってきた国は独裁的な政権が続いており、反政府組織との武力紛争も時折日本のニュースで伝えられていたが、反政府組織は南部を中心に活動しており、彼らがロケをしている北部周辺にはいないはずだった。外務省が指定する渡航危険地域というわけでももちろんない。どうしてこんなところにゲリラがいるのか?
ゲリラたちは隊員たちに危害を加えるつもりはなさそうだったが、目的があるらしく、そのために隊員たちは拘束されることになった。意志の疎通は可能だが、完全に安全が保証されたわけではない。
そんな状況で彼らは、ゲリラたちを仰天させるとある提案をすることになる。
「撮影の続きをさせてくれないか?」
というような話です。
これはなかなか面白かったです。サクサク読める軽いタッチの作品としては、かなり優秀だなぁ、と思いました。
本書は、まず何よりも設定がスーパーに素晴らしい。言ってしまえば本書は、その絶妙すぎる状況設定こそが肝であって、これだけ設定が秀逸だと、よほどのヘマをしない限り、作品がつまらなくなることはないだろうな、という感じがしました。そしてやはり本書には、そんな「よほどのヘマ」はないわけで、それだけでもうある一定以上の面白さは間違いないと思います。

感想

まあそんな物語だからこそ、虚構を離れて現実に戻ってしまえば、魔法が解けたようになってしまうのはある程度しかたないだろう。正直そういう意味で、最後の最後はもう少しどうにかならないかなぁ、とか思ってしまった。確かに、あれを描くためには最後の最後がなければどうにもならないのだけど、でもそれなしで、どうにか虚構の世界に留まったままで物語の幕をうまく閉じる方法はなかったものかなぁ、という気はしてしまいました。まあ、僕には思いつかないですけどね。
おちゃらけた雰囲気全開で突き進みながら、なかなかグイグイ読ませる作品だなと思いました。エンタメとして上出来じゃないかなぁ、と思います。何よりもやはり、設定が素晴らしい。この設定を思いついた時点で8割ぐらい勝ってるよなぁ、という感じがしました。是非読んでみて下さい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く