2100年の科学ライフ(ミチオ・カク)の書評・感想

1478views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
2100年の科学ライフ

本書は、物理学において秘めたる可能性を持つ理論「ひも理論」の創始者の一人であり、全米で放送されるサイエンス・チャンネルの司会を務め、また一般向けに科学を分かりやすく伝えるサイエンスライターとしても知られる著者による、現在の科学テクノロジーから、100年後の未来を想像する、という内容になっています。
とはいえ、ただの想像ではありません。
本書は、新発見の最前線にいるトップクラスの科学者300人以上へのインタビューに基いて書かれている。そして何よりも、本書で描かれているすべてのテクノロジーのプロトタイプは既に存在している、という点が大きいだろう。本書は、「まだ微塵も可能性が感じられないものを、未来には出来てるんじゃないかな」と楽観的に予測する本ではなく、「現在技術の萌芽はあるが、まだ実用化には至っていない。しかし、100年もあれば、技術的困難さやコストの問題をクリアして、一般に広まっていくのではないか」というものばかりを取り上げているのだ。例えばこういうことだ。もし『紙』というものがまだ発明されていなければ、「未来の世界でいずれ『本』が発明されるだろう」というのは、ただの空想に過ぎない。しかし、『紙』が発明されていれば、「『紙』を束ねて『本』を作れるだろうし、将来的に何らかの技術革新があって、その『本』を大量生産するための仕組み(まあ、つまり印刷技術ってことですけど)が生まれるだろう」というのは、プロトタイプを元にした根拠ある予測といえるのではないだろうか。
本書では、ホントに!?と言いたくなるような様々なテクノロジーが山ほど出てくる。たった100年で、そんなとんでもない未来がやってくるんだろうか、と疑いたくなってしまうようなテクノロジーが次々に紹介されるのだ。
しかし、肝心なことは、それらのプロトタイプは既に存在している、ということである。まだ実験室レベルでしか存在していないものたちばかりだが、世の中に存在するありとあらゆるものは、初めは実験室レベルの存在でしかなかっただろう。いずれそれが、様々なブレイクスルーによって、一般人のところまで普及していく。そう思えれば、本書で描かれていることを、リアルな未来として受け止めることが出来るのではないだろうか。
そしてもう一つ書いておきたいことがある。それは、『100年後を想像することの難しさ』だ。
これは、1900年の人が現在を想像するのと同じようなものだ、と考えれば近いイメージになるだろう。本書の冒頭でも、それについて触れている。
1900年はどんな世界だったのか。ラジオも映画もなく、自動車は登場したばかりで、人びとは100年後も馬に乗っていると考えていた。飛行機もトラクターもなく、多くの人は将来人類が大西洋を渡る飛行船が出来るだろうと予測できていたが、それは気球によるものだと考えていた。
そんな1900年の人から見れば、目の前にいない人と話が出来る機械や部屋を涼しくしたり温めたりする機械は想像も出来ないだろうし、治るはずがない病気が治るという現実にも驚かされることだろう。
僕たちも本書を読む前に、そういう視点に立たなくてはいけない。1900年の人から現在を見た時と同じか、あるいはそれ以上の変化(何故なら、科学の進歩は恐ろしい速度で進んでいるから)が100年後やってくる、と考えるべきだろう。そういう心構えで読まなければ、本書はどうしたって荒唐無稽な代物に思えてしまうだろう。

感想

本書で描かれているアイデアも、僕らにとってはタイムトラベルとそう大差なぐらい荒唐無稽に思える。しかし、科学者はそれを本気で考えている。彼らは、「目の前の現実を理解する」という好奇心に駆られる一方で、「科学によって判明した事実を何に使えるか」ということも日々考えている。そうやってたくましい想像力を駆使した様々な結果が本書には書かれている。
本書の中にも、長生きをするためのテクノロジーについてページが割かれているけど、僕は正直長生きはしたくないと思っている人間だ。特に、長く生きることに興味がない。でも、こんな本を読んじゃったら、自分が死んだ後どんなテクノロジーが広まっているのか気になって仕方ないなぁ、という感じがする。実現するかはともかく、なんかワクワクさせてくれる未来がやってきそうな予感を抱ける作品です。是非読んでみて下さい。

2100年の科学ライフ

2100年の科学ライフ

  • ミチオ・カク

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く