磯崎新の「都庁」 戦後日本最大のコンペ(平松剛)の書評・感想

1144views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
磯崎新の「都庁」―戦後日本最大のコンペ

本書は、新宿副都心にある都庁のコンペと、日本の建築界の歴史を描いたノンフィクションです。
1985年11月。一本の電話からそれは始まる。
社員20名ほどの小規模な設計事務所である「磯崎アトリエ」に、都庁のコンペへのお誘いがやってきたのだ。
都庁の設計のコンペである。
社員20名ほどの設計事務所に舞い込んでくる話では、普通はない。
都庁の設計コンペは、指名コンペと呼ばれる方法で行われた。当時の東京都知事・鈴木俊一の諮問機関である東京都庁舎設計協議審査会は、主に「国内で高層ビルの設計を請け負ったことがあるか」という基準に沿って、国内の設計事務所から9社を選び、コンペへの参加報酬2000万円、合計1億8000万円をかけた設計コンペを発表したのだ。
磯崎アトリエは、国内で高層ビルの設計を請け負ったことはない。9社の中で、磯崎アトリエだけが浮いているのだ。他はみな、社員を大勢抱える大組織設計事務所ばかりだ。何故かそこに磯崎アトリエは組み込まれた。
磯崎アトリエは、磯崎新を「親分」とする設計事務所だ。そして、その磯崎新の師匠に当たるのが、建築界の天皇と呼ばれた丹下健三である。当然、丹下健三の設計事務所も、都庁の指名コンペに選ばれた。というか、その裏にはもっと深い繋がりがあるのだけど、まあとりあえずそれは置いておいて。
東京都から提示されたコンペ要項を読むと、都庁の基本的な設計方針は一つしかないことがわかる。
それは、本庁舎をビル二棟のツインタワーに分ける、というものだ。広大な敷地面積と、法律で定められた容積率などを考慮し、また要項によって求められている条件を満たす答えは、それしかありえない。
しかし磯崎新は、3つの案を同時に検討するようスタッフに指示を出した。①一棟の超高層ビル案 ②二棟の超高層ビル案 ③低層案 の3つである。
そして、これは帯に書いてあるから書いちゃうけど、磯崎新は最終的に、9社の中で唯一低層案を提示するのである。
一方、戦前から日本の建築界を牽引し、代表作とも言える建築をいくつも残している天皇・丹下健三は、「ぶっちぎりで勝とう!」とスタッフに檄を飛ばしていた。
丹下健三には、ぶっちぎりで勝たなければならない理由があったのだ。
本書は、基本的には磯崎アトリエの動きを追いながら、同時に時系列を様々に行き来し、主に磯崎新と丹下健三の生涯を追いながら、日本の建築界の歴史を追う、というような内容になっています。
正直あまり期待しないで読んだんですけど、これはかなり面白い作品でした。
まず本書は、タイトルと構成が素晴らしいと思いました。
本書のタイトルは、「磯崎新の「都庁」」なんですけど、これ、内容の半分ぐらいしか表現してません。確かに都庁のコンペの話なんですけど、でも決してそれだけじゃない。むしろメインは、都庁のコンペの方ではなくて、丹下健三と磯崎新の生涯を追いつつ日本の建築界の歴史を眺める、という方なのではないかな、という感じがしました。
でも、例えば本書のタイトルを、「丹下健三と磯崎新」とか、「日本の建築の歴史」みたいな感じのタイトルにしちゃったら、手を取る人がかなり限られちゃうだろうな、と思うんです。本書はあくまでも、『都庁の話である』という部分が引きなんだと思うんですね。もちろん、建築そのものに関心を持っている人もいるでしょうけど、あんまり多くはないと思います。それでも本書のようなタイトルなら、「なるほど、あの都庁の設計コンペの話なのかぁ」という形で、ちょっとは関心を持ってくれる人が出てくれるかもしれません。

感想

本当に、時間軸の主軸を都庁コンペに据えつつ、縦横無尽に時系列が錯綜していく構成は見事だなと思うし、師匠と弟子という関係である丹下健三と磯崎新二人の相反する個性の持ち主である建築家の、様々に違う設計思想であったり、コンペへの戦略なんかがすごく面白い作品でした。建築物に興味がある人はそれなりにいるかもだけど、建築家や建築思想なんかに興味を持っている人はそこまで多くはないかもしれません。でも、そんな人でも存分に楽しめる作品だと思います。いろいろあって、読んですぐ感想が書けたわけじゃなくて、ちょっと今回の感想には不満が残りますけど、魅力がうまく伝わらなかったとしたら僕の文章がイケてないせいだとおもいます。ぜひ読んでみてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く