おとなの進路教室。(山田ズーニー)の書評・感想

1291views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
おとなの進路教室。 (河出文庫)

本書は、ベネッセコーポレーションの小論文編集長として16年勤めた後、なんのあてもなく38歳で仕事を辞め独立、そこからもがきながらも現在の立ち位置を獲得していった著者による、「働くとは?」「生きていくとは?」というような、主に進路をテーマとした文章をまとめた作品です。元々は、「ほぼ日刊イトイ新聞」内で連載されていたものだったようです。
いや、ホント、これは久々に超絶的に素晴らしすぎる作品に出会いました!サラッと読むつもりで手にとった一冊だったんですけど、予想外というか、予想以上の素晴らしさで、ちと山田ズーニーのファンになってしまった気がします。これはホントに、色んな人に薦めたくなる作品だなぁ。実際今日、昔一緒に仕事をしていた人と久しぶりにあって、その人が、仕事的なことでちょっと悩んでいるというんで、じゃあということでこの本を勧めてきたばかりです。これはマジで、人生に悩んでいる人には是非とも読んでほしい作品だと思いました。
本書はまえがきで、こんな風に書かれています。

『特効薬ではありません。
さらさら読める文章でもありません。
ひっかかり、ひっかかり、読むところもあります。
でも、自分の考えを引き出すのによく効きます。』

確かにその通りです。
本書は、明確な答えを提示してくれる作品でもなければ、何かズバッとしたものを提示してくれるような作品でもありません。著者が、自身の経験から、あるいは自身と関わりのある他社の経験から、様々に悩み苦しみ考え、そうやって表に出てきたものをまとめている、そんな印象があります。文章は、読みやすいし分かりやすいです。でも、書かれている内容は、スルッと読めるものでもないし、消化するのに時間が掛かるようなものも多いです。
一般的に「自己啓発本」と呼ばれる作品をあんまり読まないんでちゃんとした比較は出来ないんですけど、でもなんか、本書のような作品って凄く珍しいなと感じました。僕のイメージでは、一般的な「自己啓発本」って、『自分の方がこんな経験をしている、こんな知識がある、こんな立場にいる、だから私の言ってることって正しいでしょう?』みたいな印象があります。書かれている内容に共感できる部分もあるのかもしれないのだけど、それと同時に、うーむっていうような違和感も覚えてしまいそうな気がします。
でも本書は、『著者が一緒に寄り添って考えてくれる、悩んでくれる』そんな作品なような気がしました。読むと、マッサージでも受けてるみたいに肩の力が抜けていくし、なんだか前に進めそうな気がしてきます。等身大というか、著者が自分自身を大きく見せないようにしているところがあるんで、寄り添いやすいんだろうと思います。あまりにも凄すぎる人の話って、「へぇー」とは思えるけど、自分と同じ世界の話だと感じることって難しかったりするだろうなという印象があります。本書は、著者が読者と同じ土俵に立ってくれているんで、著者の言葉がすんなり届くような、そんな感じがありました。
僕は、読みながらメモを取ってて、こんなようなことを書いていたりする。

『就活生は、P36・P66・P73・P125・P173・P199を読んでみてください。
転職を考えている人は、P20・P50・P85を読んでみてください。
働くことに悩んでいる人は、P102からの第二章を全部読んでみてください。
そして、人生に悩んでいる人は、頭から全部読んでみてください』

感想

ホントは、もっと言葉を尽くしてあれこれ絶賛したい作品だ。でも、なかなかそれは難しい。一つのコラムそれ自体で一つの完結を生み出している作品を、コラムを全文引用する以外の方法で紹介したり褒めたりすることがなかなか難しいのだ。とにかく、この作品は素晴らしかったです。間違いなく、他の山田ズーニーの作品も何か読んでみることでしょう。とにかく悩んでいる人は、絶対に読んでみてください。あなたのその悩みが、すぐに解消されるような一冊ではありません。でも、あなたが前に進もうという気力を得られるかもしれないし、時には、後ずさってもいいんだよね、というような勇気も得られるかもしれません。本当に素晴らしい作品です。是非読んでみてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く