幕が上がる(平田オリザ)の書評・感想

695views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
幕が上がる

高校の演劇部に所属する高橋さおりは、なんとなく、つまらない。部活が。うーん、つまらないというのでもないのか。なんか、物足りない。でも、こんなもんなのか、って感じもする。3年生の最後の大会が終わって、もちろん地区大会もいつものように突破できなくて、毎年の伝統で、大会で使った大道具なんかを2年生だけで燃やしている。
ユッコ(橋爪裕子)とガルル(西条美紀)とさおりの三人が、来年部を引っ張っていくことになる。
とりあえず、地区大会突破を目標にして、三人で色々考えて進めていく。新入生勧誘のための公演がかなりうまくいって、一年生も結構入ってきてくれた。2年になったわび助は、相変わらず演技がとてもうまい。さおりが一年生だった頃の、あのギスギスした感じも全然なくって、部も凄くいい雰囲気になってきた。
でも、やっぱり顧問の先生は演劇に詳しいわけじゃないし、これという手応えがあるわけでもない。
そんな演劇部に、立て続けに色んなことがあった。
まず、新しく赴任した美術の先生が、なんと東京で『伝説』と言われたこともある元「学生演劇の女王」だというのだ。彼女たちは、副顧問をお願いに行き、研修などで忙しい合間を縫って稽古を見てくれることになった。
そしてもうひとつ。去年の地区大会で優勝したS高で、主役以上に演技がうまかった女の子。中西さんっていうその女の子が、なんとウチの高校に転校してきた!早速演劇部に誘うのだけど、なんだかちょっと難しい女の子なのかもしれない。
とはいえ、なんというか、凄い布陣が敷かれている感じ。これなら、地区大会の突破も、夢じゃないのかも。
「小っちゃいな、目標。行こうよ、全国!」
というような話です。
思ってたよりは良い作品でした。劇作家である著者の初めての小説らしいですけど、なかなか良かったなと思います。
本書にちょっとだけ載っている著者の略歴と、作中でちょろっとだけ触れられている話からなんとなく想像するだけなんだけど、平田オリザっていう人はたぶん、「普通の口語で演劇をやる」みたいなのを再評価した、みたいな感じみたいです(よくわからないけど)。なんかこの小説も、小説なんだけど地の文も口語っぽい感じで進んでいく感じがあって、なんとなくなるほどなーって思ったりしました。
さすが劇作家だけなことはあって、演劇に関する部分は凄く鋭いなという印象がありました。どんなワークショップをするのか、どんな視点から演劇を見るのか、演出家としてどんな風に役者を動かして行くのか。そういう、演劇そのものに深く関わっていく部分については、やはり本業の強みということでしょう、凄く強い印象がありました。
高校演劇って、そういう風にやっていくんだなぁ、って思う部分もありました。
高校演劇の場合、ってまあ高校演劇に限らないだろうけど、どんな台本でやるのかっていうのが問題になってくる。なかなか高校生で、台本を書けるっていう人は多くないだろうからね。
色んなパターンがあるみたいです。既存の台本を使う(ただ、大会は規定の時間があるから、色々削って短くしないといけない)。顧問の先生が書く(役者のキャラクターを想定して当て書きしていくので、役者がその役に無理やり合わせる必要がなくてうまくいく事が多い)。大枠だけ誰かが決めて、後はエチュードをしながら稽古の場で創っていく(本書でさおりは、このやり方を採用します。なるほど、そんなやり方もあるんだな、と思いました)。

感想

そういうようなことを明確に考えながら読んでいたわけではないんですけど、でも途中から、さおり=平田オリザっていう頭でなんとなく読んでいたような気がします。
あと、演劇と合唱という違いはあるんだけど、中田永一の「くちびるに歌を」っていう小説も連想しました。なんとなく、雰囲気は近いような気がします。
なかなか面白く読める青春小説ではないかなと思います。青春小説が好きという方は読んでみてください。

幕が上がる

幕が上がる

  • 平田オリザ

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く