「儲けのしくみ」を知り尽くした4名に学ぶ成功本。「非常識に儲ける人々」が実践する図解 成功ノート

10131viewsJackJack

このエントリーをはてなブックマークに追加
「非常識に儲ける人々」が実践する図解 成功ノート (知的生きかた文庫)

はじめに

カリスマコンサルタント神田昌典監修の、
「儲けのしくみ」を知り尽くした4名の執筆陣の成功のための本です。

以下響いた言葉をまとめていきたいと思います。

ポイント

・成功する人はコインの裏側を見ている。

・どちらも自分自身の深い欲求に正直にいただけだが、普通の人とちょっと違うのは
「私がこんなに欲しかったんだから、きっと商売になる」
と考えた事だ。

・「実際に億万長者になれる人」こそ、誰が儲けているのかに気づいている人。

・「億万長者になりたいという欲があるか?」
「行動する意思があるのか?」

欲求があり、行動に移せればとりあえず億万長者になる資格はできる。

・成功するための一番の近道は「成功者を真似る」ことだ。

・人生や仕事に対して彼らが考えている事、
知っている事などをちゃっかりいただいてしまおう。

・「やりたいこと」を見つけるのに一番良い方法は
「やりたくないこと」を考えていく事だ。

・常に「もうひとりの自分」をもって検証する習慣を!

・具体的な質問ができるまで、質問の中身をブレークダウン(分解)すべき。

・儲ける人間はうさんくさい所で学んだものを、
一般大衆が好む安心、有名、明快なメカニズムに組み込むのが上手だ。

・あなたの知識はどの段階?

1.その存在を知っている。
2.なじみがある
3.知識として知っている(やってみてわかっている)→約に立たない
4.専門家としてのスキルがある(人に教えられる。)→役立つ。

・対象者を絞り込むことによって、深い悩みを抱えている人に対して、
その悩みを解消してくれる商品を提供する。
これが「売り方」の基本だと考えて欲しい。

・不満を聞くところから相手の本音を聞きだす。

・100%のことをできる時間はない。

・最優先すべきはこの二つ

1.お金で買えないもの
2.長期的効果を期待するもの

・決断できなければ成功はできない

まとめ

具体的な方法がたくさん書いてあり、
実行の大切さを感じました。図画多くとても読みやすいです。

人に教えられる人、
決断する人になります!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く