死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日(門田隆将)の書評・感想

1051views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日

これは、日本を「最悪」から救った男たちの物語だ。
著者は、本書のスタンスをこう書いている。

『本書は、原発の是非を問うものではない。あえて原発に賛成か、反対か、といった是非論には踏み込まない。なぜなら、原発に「賛成」か「反対」か、というイデオロギーからの視点では、彼らが死を賭して闘った「人として」の意味が、逆に見えにくくなるからである。
私はあの時、ただ何が起き、現場が何を思い、どう闘ったか、その事実だけを描きたいと思う。原発に反対の人にも、逆に賛成の人にも、あの巨大震災と大津波のな中で、「何があったのか」を是非、知っていただきたいと思う。』

本書は、「いつ、どこで、誰が、何を、どんな風にしていたのか」が、それが徹底的に語られていく。
しかし、無味乾燥な「事実の羅列」なわけではもちろんない。「時系列に沿って何が起こっていたのか」は、もちろん詳細に扱われる。しかしそれ以上に、福島第一原発という「死の淵」に踏みとどまり、そこで闘い続けた人間たちの「極限の姿」が多く描かれていく。
僕はこれまでにも、震災や原発に関する本をそれなりには読んできたつもりだ。そういう本を読むと、やっぱりこういうことは「知っておかなくてはいけない」と感じる。日本人として、知らないで過ごすわけにはいかないだろうな、と感じることがとても多いのだ。
だからそういう本の感想にも僕は、そういうようなことを書く。「日本人として、知っておかなくてはいけない事実なのだから読みましょう」というようなことを。
本書は、もう少し違う薦め方が出来る。
それは、「信頼力」を身につけることが出来る、というものだ。
僕は震災当時も今も関東に住んでいて、福島第一原発のことはテレビやネットの情報などで断片的に知っていただけだった。
あの当時、本当に色んな人が、色んなことを言っていた。
これは危険じゃないのか?本当に安全なのか?これこれはどうなっているんだ?何故これはこうではない?…
テレビでも、色んなことをやっていた。遠くから見える僅かな変化と、大量の憶測で、色んなことを言っていた。
もちろんそれは、不安で仕方がなかったからだ。誰もが不安で、その不安を抑えきれなかったし、その不安を解消してもらいたくて色んな人に聞くし、そういう要望があるならテレビでも不安を取り除こうとする説明をしようとする。だから、そういうことが悪いわけじゃない。
でも、もっと「信頼」してもいいのだと、本書を読んで改めて思った。
現場は、凄いぞ。
僕らは結局、テレビやネットで流れた情報しか知らない。本書でもちょっと触れられているのだけど、福島第一原発で二人作業員が行方不明になった時に、「その二人は福島第一原発から逃げたんだ」というデマがネット上で流れたらしい。何を考えてそんな嘘を言えるのかはよく分からないのだけど、まあでも、そういうデマがある程度真実味を帯びて拡散されてしまうほどには、皆「信頼」していなかっただろうと思う。
僕もそうだったかもしれない。
当時は情報が混乱していただろうし、国民に情報を伝える立場の人間が情報をほとんど持っていないということが非常に多かった。僕らには、結局そこしか見えない。そこしか見えないから不安になって、そうやってどんどん雰囲気が悪くなっていく。
本書を読むと、現場の凄さが分かる。僕らの視界には入っていなかったとは言え、この人達のことを「信頼」していなかったのかと思うと恥ずかしい気持ちになるほどに、現場は凄い。
彼らは本当に、自分の命を賭けて「日本を守った」のだ。

感想

『その時のことをきこうと取材で彼らに接触した時、私が最も驚いたのは、彼らがその行為を「当然のこと」と捉え、今もって敢えて話すほどでもないことだと思っていたことだ。』

そんな、「当然のこと」なわけないんです。彼らは、とんでもなく凄いことをやっています。だからこそ、彼らの勇気を知りましょう。そして、どんな状況であっても、その事態に最前線で対処している現場のことは「信頼」できるようになりましょう。そのために、是非本書を読んでください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く