パンドラの匣(太宰治)の書評・感想

1318views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
パンドラの匣 (新潮文庫)

本書は、2編の中編が収録された作品です。

「正義と微笑」
芹川進という少年が、ある日突然始めた日記だけで構成されている作品。「わが混沌の思想統一の手助けになるように」、そして「わが日常生活の反省の資料にもなるように」、そして「わが青春のなつかしい記録として」日記を書くことにした進少年の悩める日々が描かれていく。
父を亡くし、病床につく母とその母を介護し続けて婚期を遅らせてしまった姉。小説を書いている聡明な兄と、書生やお手伝いさん。中学生である進少年の学校への幻滅や、大学への入学、そしてついに自らの道を進み始めるまでの内心の葛藤が描かれていく。

「パンドラの匣」
健康道場という、結核患者のための医療施設に長期入院することになった少年が、友人に宛てた手紙だけで構成されている作品。そこは、死と隣合わせの世界である、決して楽しい環境ではないのだけど、しかし少年はそういう暗い雰囲気を手紙に反映させまいとする。いかに、この「健康道場」で面白おかしい日常が繰り広げられているのか。死を待つ少年が見据える、患者と看護婦たちのささやかで暖かな交流の物語。

というような話です。
僕は、何度も何度も書いていることだけど、本当に古典作品が読めない人間です。文章が全然頭に入ってこない。いわゆる「文豪」と呼ばれている作家の作品は、基本的に難しくって全然ダメなんです。時々チャレンジしてみるんですけど、なかなか僕がまともに読めそうな作品ってなかったんですね。
でも、本書は凄く面白かったです。っていうか、とにかく読みやすくてびっくりしました。
太宰治を真っ当に読んだのは初めてかもしれません。過去、森見登美彦が太宰治の短編を集めて一冊の文庫にした作品は読んだことがあるんですけど、それぐらいです。
本書は、どちらも少年が描いている日記/手紙という形式です。少年らしい言葉で、少年らしい感情のほとぼりが描かれていく感じで、凄く読みやすい。なんとなく太宰治って暗い作品が多いっていう印象だったんだけど、この作品はどちらも凄く明るくて、なんかウキウキしたような気分で読み進めることが出来ました。文豪の作品を読んで、こんなに面白かったのは初めてだなぁ。なんとなく今年は、「太宰治」と「ウィトゲンシュタイン」の作品を読む、っていうのが漠然とした目標としてあったんだけど、太宰治はどうにかタイミングを見つけてあと何作か読んでみたいなと思わされます。
本書が凄くいいのは、「本当の日記/手紙」だと思わせられる点です。
これまでも僕は、もちろん主に現代作家の作品ですけど、日記や手紙だけで構成された小説というのを読んだことがあります。でも、そういう作品は、やっぱりどうしても「なんらかのストーリー」を伝える物語であって、どうしても「日記」や「手紙」としてのリアリティには欠けてしまう印象があるんですね。
本書ではどちらも、特別なストーリーはなくて、本当に少年たちが自分たちの日常を書き綴っているのだな、と思わされるような記述になっていて、とにかく僕はそこが素晴らしいなと思いました。
実際本書はどちらの話も、元になる日記/手紙が存在するんだそうです。
解説によると、「正義と微笑」は、

「太宰治の許に出入りし、小説の指導を受けていた文学仲間であり弟子であった堤重久氏の弟の、堤康久氏の昭和十年前後の16歳から17際にかけての日記」

を元にしているようだ。

感想

内容についてはどんな風に触れたらいいのかちょっと分からないので諦めるんだけど、文豪の作品でこれだけ読みやすい作品に初めて出会ったし、そしてとても面白かった。日記文学という観点から見ても、そのリアルさは見事なもので、小説である、ということを忘れさせるほどの力はさすがだなという感じがしました。文豪の作品は、読んでみてはやっぱりダメだった…ということをこれまで繰り返してきましたけど、太宰治はもう何作か読んでみたいと思わされました。是非読んでみてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く