ソロモンの偽証(宮部みゆき)の書評・感想

1298views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソロモンの偽証 第I部 事件

久しぶりに、物語に浸りきった。
これほど長い物語を読んだのに、まだ読み終わりたくないとずっと思いながら読んでいた。
ずっと、彼らの物語に付き合っていたいと。
そして、こんなに魅力的な面々に囲まれた、苦しくても前向きな夏休みが、凄く羨ましいと。
本当に、そんな風に思わせてくれる物語でした。
あー、ホント、読み終わりたくなかったなー。

内容に入ろうと思います。
本書は、1巻当たり700ページ強で、全3巻という、なかなか化け物みたいな分量の物語です。間違いなく、僕がこれまで読んできた本の中で、一番長い物語です。
それぞれの巻毎に、かなりはっきりと区切りが分かれていて、まずその区分からざっくり書いてみます。

1巻 【事件発生&そこから始まる怒涛の展開】
2巻 【裁判開廷の決意&準備】
3巻 【裁判】

という形になります。
ここで大事なポイントは、この作品における『裁判』は、普通の裁判ではないという点です。
彼らは、中学校で起こったとある出来事について、現実の裁判所に対して何らかのアプローチをし、裁判を開かせようとするわけではありません。どだい、中学生にそれは無理でしょう。
彼らがやろうとしていることは、『中学生の被害者』を追い詰めたという容疑を掛けられている『中学生の被疑者』を、『中学生の検事』が追究し、『中学生の弁護人』が擁護し、『中学生の裁判官』が裁定しつつ、『中学生の陪審員』によって評決が下されるという、非常にざっくりとした表現をすれば【裁判ごっこ】をやろうとするわけです。
もちろん、『ごっこ』なんて表現できるような生ぬるいレベルではない。それが、この物語に凄まじさを与えている。
本書は、確かに物凄く分量のある物語だ。僕も、本屋大賞の一次投票でノミネートされなければ、きっと読まなかっただろうと思う。そう思わせてしまうほどのとてつもない分量だ。僕も、「読み始めたら一気読みだ」という評判は前々から聞いていたのだけど、なかなか手が伸びなかった。確かに一気読みなのだけど、ただまだ1巻目を途中までしか読んでいない頃に、こんな風にも思った。

『そりゃあ、こんだけ枚数を費やせるなら、どんな風にでも展開させられるし、なんだって書けるだろう。もちろん、そういう作品を書ける環境を実力でもぎ取った宮部みゆきは凄いと思うけど、でもこれだけの分量を使って描くのはやっぱりズルいな』

でも、その印象は、読み進めていく内に大きく変化して行きました。

『なるほど。この物語には、これだけの分量がどうしても必要だったのだ』

『中学生が自前で裁判』と聞いただけで、おいおい大丈夫かよ、と思う方もいるのではないかと思います。そんなん、出来るわけないだろうがよ、と。もちろんその反応は、本作中の大人たちの反応でもあり、裁判に関わらないことに決めた多くの生徒達の実感でもあります。
ただ、読んでいると、なるほど彼ら彼女らであればこの裁判をやろうという意志を持つだろうし、そしてやり遂げるだろうと、そんな風に自然と思わせてくれる。裁判シーンについては、おいおい中学生にはちょっとオーバースペックすぎやしないかい、と思わせる部分もないではないけど、でもそれも、それまでの緻密な書き込みによって、ある程度の納得感を与えてくれる。『中学生が自前で裁判を行なう』という、現実にはありえなさそうな途方も無い物語に、可能な限りリアリティーを付与するために、どうしてもこれだけの分量が必要だった。僕は読んでいてそう理解しました。

感想

長いから、というだけの理由でこの作品を読まないとしたら、それはあまりにももったいない。「読まないと損をする」という表現は、僕にはちょっと意味不明であんまり使いたくないのだけど、今回は使ってみよう。読まないと損をします。そう言ってしまいたくなるぐらい素晴らしい物語でした。読んでいる間、僕は彼らと一緒に目の前の出来事に関わっていたし、読み終わってしまう時には彼らとお別れなんだと思って凄く寂しい気持ちになりました。こんな気持ちになれる物語は、本当に久しぶりに出会いました。是非とも読んでください。本当に、メチャクチャ面白いです!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く