月刊佐藤純子(佐藤純子)の書評・感想

1058views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
月刊佐藤純子 (仙台文庫)

本書は、仙台駅前の書店「ジュンク堂書店仙台ロフト店」で書店員として働く佐藤純子さんが、3年間書き続けてきた「異色フリーペーパー」をまとめたものです。
書店員がフリーペーパーを作って店頭を配布するというのは、ここ最近ではもう珍しいことでもなくなりましたけど、3年前だとまだやっている人も多くはなかったでしょう。それに加えてこの「月刊佐藤純子」が異色なのは、「店頭で配布しているわけではない」という点だ。佐藤純子さんが、好きな時に書いて(だから、「月刊」と銘打ってはいるものの、月に何回も出るし、2ヶ月描かなかったこともあるという)、友人やお客さんに「押し配り」しているのだという。なかなかそんなフリーペーパーはないでしょう。しかも、この「月刊佐藤純子」は、結構全国区レベルの知名度を誇っている(もちろん、書店・出版界隈では、ということだけど)。だからこうして書籍化もされるわけである。佐藤純子さん自身の知名度がどんどん上がっていって、それにともなって「月刊佐藤純子」の知名度も上がっていくという感じなんだと思うんだけど、凄いもんだなぁと思います。
内容はというと、まあこれがかなり脱力的といいますか。「自分で髪を切ったら結構酷い感じになっちゃいました」とか「病気したり怪我したりしました」とか「酒飲み過ぎて記憶を失いました」みたいな、日常の色んなことが描かれていく。本書を読む限り、かなり変わった女性で、変わった人が好きな僕としてはなかなか惹かれる感じです。
あと凄いなぁと思うのは、とにかく人との繋がりの幅の広さ。書店・出版関係のみならず、とにかく色んなことに興味を持って、手当たり次第色んなところに突っ込んでいく。だから、別に親族がやっているわけではないお店屋さんの店番を頼まれて引き受けたり、取材に無理やりついていって挿絵を描かせてもらったりなんてことをしている。「人と繋がる力」なんて書くと、最近の風潮っぽくてちょっと嫌だけど、でも本当にそういう力が強いなぁ、という感じがしました。羨ましい限りです。
自分の備忘録的な感じで、琴線に触れた部分をざっと列挙してみようかな。

・「こたつをしまうと寒くなるよねぇ」に続けて、「本も返品すると問い合わせがあるよねぇ」
・ボーダーの服が好きで、かつ、店内で背中が出ていると注意される佐藤純子さん。だから、「背中にボーダーの刺青をしちゃえばいいよねぇ」って
・店内で台車を通すために「失礼します~」とお客さんに。だからついうっかり街中で自転車に乗ってる時も、周りの人に「失礼します~」って言っちゃう
・血管がまったく出なくて、驚異的に採血が不可能
・レジ閉め中にやることがなくなると、ムーンウォーク

さて本書には、通常の「月刊佐藤純子」とは別に、「ゆらゆら日記」と題された特別編も収録されている。これは、2012年3月12日から4月5日まで毎日描かれた、震災日記である。
どんな想いでこの日記を描いていたのかは想像するしかないのだけど、描かれたものを読むと、「楽しかったことを覚えておきたい/誰かに知ってほしい」というような気持ちが伝わってくる。辛い、辛いと描いても、心は晴れないし、周りも明るくなれない。しんどい日常の中にも、良かったこと、嬉しかったこと、楽しかったことはちゃんとある。そういうものをきちんと残しておこう。そういう心持ちでこの日記を描いていたのではないかな、と想像させてくれる。

感想

最後に、交流のあるライター・編集者である南蛇楼綾繁という人が、「月刊佐藤純子」について語った文章が載っています。
佐藤純子さんのことは名前だけしか聞いたことがありませんでしたけど、本書を読んで、自分の中でなんとなくイメージが膨らみました。こういう、面白おかしく日々を生きている人って羨ましいなぁ、って凄く思います。自由人最高。これからもユルユルで楽しいマンガを描き続けてくださいと、遠くからお祈りしております。
そうそうこの本、なんと豪華なことに、栞紐つきなんでございます。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く