真剣師 小池重明(団鬼六)の書評・感想

1025views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
真剣師小池重明 (幻冬舎アウトロー文庫)

本書は、掛け将棋(賞金を掛けあって戦う将棋)で生計を立てていた真剣師であり、「新宿の殺し屋」と呼ばれるほどの腕前を持つ将棋指しであり、アマ名人に二度輝き、プロも次々と打ち倒すほどの実力がありながら、破滅的な性格と生き方のためにボロっかすの人生を歩んで死んでいった小池重明という一人の天才を描いた評伝です。
ちょっと前に、大崎善生「赦す人」を読んで、本書に興味が湧いた。
「赦す人」は、将棋を題材にしたノンフィクションを描く大崎善生が、団鬼六を題にとって描いたノンフィクションだ。団鬼六と将棋は、詳しくない人には接点がないように思えるかもしれないが、団鬼六は元々将棋の実力も並ではなく、棋界の著名人とも昵懇であり、さらに晩年は「将棋ジャーナル」というアマ将棋連盟が発行していた赤字雑誌を買い取り発行していたというほどの人物である。団鬼六は、『日本一将棋に金を使った将棋ファン』と呼ばれているという。
その団鬼六が小池重明と関わるようになったのは、小池重明の晩年も晩年、死の間際のことであった。
将棋界から追われ、名古屋の飯場で2年間土方として真面目に働いていた小池だったが、さすがにそんな人生に嫌気が差し、東京へと舞い戻ることになる。そこで、将棋ファンである団鬼六を当てにして取り入り、団鬼六に散々迷惑を掛けながらも、団鬼六が小池を追放するために設定した幾度の勝負で圧倒的な強さを誇る。当時小池は、2年以上将棋に触れていない、かたや対戦相手は脂の乗り切ったアマ名人であるとか、プロの奨励会員であるとか、とにかく現役の棋士である。そんな相手に、対戦の前日まで飲み歩き、酒が残った状態でやってきて、あっさりと勝利をもぎとっていくのである。
しかし、生涯三度目の人妻との駆け落ちをしでかし、直後に吐血、それから間をおかずに帰らぬ人となった。
団鬼六自身が関わった期間は短い。しかし、小池重明という類まれな才能と破滅的な性格を兼ね備えた人物に、やはり惹かれる部分もあったのだろう。小池自身が残した生い立ちなどを綴った文章や、かつての将棋仲間からの話、そして恐らくある程度の創作も含みつつ(先に名前を出した「赦す人」の中で、団鬼六は、面白ければどんな風に書いてもいい、と豪語しており、実話として描いていることでも創作が自然と混じると言っている)、小池重明という異形の人物の生涯を見事に描き出している。
小池重明について著者が評している文章をいくつか抜書きしてみよう。

『人妻との駆け落ち歴三回、最後は奪った女を他人に奪われて、ハイ、それまで、といった風に四十四年の短い生涯を投了してしまった感じであり、彼のそうした女性に対する熱情は計算の伴わない賭博のようなものであった。しかし、いずれの恋愛においても彼は純粋であった。人間としては出来損ないであったが、その出来損ないにできているところが彼の人間的魅力であった。』

『小池は終生、放浪癖の抜けなかった天衣無縫の人間だった。女に狂い、酒に溺れた荒唐無稽な人生を送った人間だった。
人に嫌われ、人に好かれた人間だった。これほど、主題があって曲がり角だらけの人生を送った人間は珍しい。
小池の晩年は不遇であった。しかし、それは小池を愛惜する言葉にはならない。真剣師が不遇な生涯を送るのは当然で、それは本人も意識していたことだろう。
あれだけの将棋の天才でありながら、たった一つしかない人生のそれを生かしきることができず、四十四年の短い生涯を酒と女に溺れて使いきってしまった男である』

感想

僕自身、将棋はルールがわかる程度で、まったく強くないし、棋譜とか見ても全然理解できない人間ですけど、それでも本書を読むのに特に傷害はありません。化物みたいな強さを誇りながら、アマにしては強すぎたために真剣師としての看板は降ろさざるを得ず、しかしプロになれるわけでもなく、圧倒的な強さをもてあましながら困窮していった一人の天才の生涯を、是非読んでみてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く