喜嶋先生の静かな世界(森博嗣)の書評・感想

880views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
喜嶋先生の静かな世界 (100周年書き下ろし)

『「既にあるものを知ることも、理解することも、研究ではない。研究とは、今はないものを知ること、理解することだ。それを実現するための手がかりは、自分の発想しかない」』

大人になって、「何かを学ぶ」という機会は、とても少なくなった。大人になった、とは言っても、僕はまあ真っ当からそれなりに外れているだろうし、サラリーマンがどんな風なのかちゃんと知っているわけでもないからあくまでも僕個人の印象だけど、でも、年を取れば取るほど、何かを新しく学ぶということがどんどん少なくなっていく、というのは、ある程度一般則ではないかと思う。
特にそれが、仕事や生活のために役立つわけではない「学び」であればなおさらだ。
僕たちは大体みんな学校に通っていて、そこで何かを学んできた。僕は子どもの頃は、学校の勉強は結構好きだったのだけど、その「好き」は、「学ぶこと」そのものへの関心ではたぶんなかった。
僕にとって「学ぶこと」というのは、「強いポケモンを手に入れる」とか、「かっこいいファッションをする」とかに近いものとして捉えられていたはずだ。つまり、「学ぶこと」は僕にとって、一種のコミュニケーションツールでしかなかった。
勉強をして、それを誰かに教えることで、教室という場の中である一定の存在感を得る。そういう手段として、僕はずっと勉強をしていた。そういうことを、きっと当時の僕も自覚的だったはずだ。
大学に入ってから、滅法勉強をしなくなった。
それは、それまでと比べれば、という話であって、周囲の人間と比べればやっていたほうだったと思うのだけど、やっぱり自分の感覚では、勉強に対する意欲は大学に入ったことで一気に削がれたように思う。それは、僕にとって「学ぶこと」のモチベーションがコミュニケーションにあったわけで、大学ではどうも、「勉強が出来ること」というのが有効な通貨として機能しないのだなぁ、ということが徐々に理解されてきたんだと思う。少なくとも、小中高時代よりは、勉強が出来ることへの価値は、それほど高くはなかったと思う。そういう空気を察して、きっと僕は「学ぶこと」の意欲を失ってしまったのだろう。
もう少しどこかの段階で、ちゃんとした動機を持つことができていればなぁと、本書を読んで悔やまれる思いがする。

『これは、すべてのことにいえると思う。小学校から高校、そして大学の三年生まで、とにかく、課題というのは常に与えられた。僕たちは目の前にあるものに取り組めば良かった。そのときには、気づかなかったけれど、それは本当に簡単なことなのだ。テーブルに並んだ料理を食べるくらい簡単だ。でも、その問題を見つけること、取り組む課題を探すことは、それよりもずっと難しい。』

僕は昔から、パズルを作るのが好きだった。高校時代に「パズラー」というパズル雑誌(現在休刊)にハマったのだけど、その雑誌に読者投稿欄みたいなコーナーがあって、そこに投稿する用に授業中にパズルを作り始めたのが最初だ。
そのコーナーは、オリジナルルールの新作パズルを公募するコーナーだった。既に世の中に存在しているパズルではなくて、新しいオリジナルなルールのパズルを作って投稿する、というコーナーだ。

感想

橋場と清水スピカがレストランで会話をする場面がある。もうこの場面は、おかしくって仕方がなかった。お互いに、自分なりにきちんと考えて発言してボールを投げているつもりなのに、お互いが立っている場所があまりにも違い過ぎるために、そもそも相手のボールがどこから飛んでくるのかさえ理解できないのだ。このやり取りを読んで僕は、僕らが普段どれだけ「曖昧な前提」を「共有した気になって」会話をしているか、ということに気付かされた。
こう書くと、なんか信者みたいで嫌なんだけど、でも個人的には、森博嗣の思考に触れられるだけで嬉しい。そういう感覚でいるから、本書が普通の人にどんな風に捉えられるのかは、よく分からない。けれども、森博嗣が好きな人間としては、やはり多くの人に森博嗣の思考に触れて欲しいな、と思ってしまう。本書でなくても別に構いません。いつかあなたの人生に、森博嗣の思考が占めるスペースが生まれますように。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く