キャパの十字架(沢木耕太郎)の書評・感想

1363views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャパの十字架

「ここに一枚の写真がある」
本書はその書き出しと共に、一枚の、世界的に有名なとある戦争写真が掲載されている。
ネットから拾ってきた画像を貼っておきます。

「崩れ落ちる兵士」

本書ではこの写真について、

『それは写真機というものが発明されて以来、最も有名になった写真の一枚でもある。中でも、写真が報道の主要な手段となってから発達した、いわゆるフォト・ジャーナリズムというジャンルにおいては、これ以上繰り返し印刷された写真はないように思われる。』

と書かれている。それほど有名で、多くの人の感情を喚起し、歴史に刻まれることになった写真である。
これは、ロバート・キャパという、戦争写真家として数々の傑作を残したカメラマンによる、スペイン戦争時に、共和国軍兵士が的である反乱軍の銃弾に当たって倒れるところを撮影したとされている写真である。
本書は、この写真についての物語である。
この写真にはかねてより、多くの謎が指摘されていた。
例えば、事実に属することであれば、この写真はいつどこで撮られたのか、写っているのは誰なのか、この場には他に誰もいなかったのか、撃たれた写真であるというなら敵はどこから撃っているのか、というようなことである。
また、写真の解釈の問題であれば、この兵士は本当に撃たれた瞬間であるのか? もしそうだとするなら、カメラマンは敵に背を向けていることになるがそんなことが実際に戦場で可能だろうか? またそもそも、撃たれた瞬間をカメラに収めることなど、果たして可能なのか? というようなものである。
これらについてはこれまでも、キャパの自伝作家や研究者らが独自の調査・研究を続けているが、それらの真贋についてはっきりと明確な答えが出ているわけではない。
沢木耕太郎は、この問題に真剣に挑むことになった。
こう書いている。

『この「崩れ落ちる兵士」の真贋問題について、私はリチャード・ウィーランの「ロバート・キャパ」を手にするまで、まったく疑問を抱いていなかった。しかし、「ロバート・キャパ」を訳していく過程で小さな疑問が芽生え、やがてそれはみるみる大きなものになっていった』

そうやって、小さな疑問を抱いたのは相当に前、あとがきによれば20年以上も前のことだったという。
それから折りに触れ、沢木耕太郎はこの真贋問題を意識に上らせることになる。しかし、写真や伝記を読むだけではなかなかわからない。時々、写真が撮られた場所が判明したとか、写真に写っている人物の身元が判明したというようなニュースを見かけることになる。そういうニュースに触れる度に、現地に行って取材をしたいという想いに駆られたが、しかし仕事が立て込んでいてなかなか行くことも叶わなかった。しかし著者の中ではずっと疑問として燻っていた問題なのだ。
著者のこの写真に対する違和感については、こんな風に書かれている。

『かりに「真」だとしても、あのように見事に撃たれた瞬間を撮れるものだろうか。同時に、もし「贋」だとするなら、あのように見事に倒れることができるだろうか、と』

著者の出発点はここだ。つまり、写真の真贋だけではないのだ。真だとしても贋だとしても、どうにも受け入れがたい点がある。その疑問は解消され得るだろうか?というところがスタート地点である。
さてここで、なぜこの真贋問題が未だに未解決なのか、という話を書こう。というのも、この写真を撮ったロバート・キャパキャパは、この写真を撮った後ももちろん生きていて、誰だって話を状態にあったのだ。分からなければ、普通は本人に聞けばいい。

感想

たった一枚の写真、しかもそれは世界で最も有名な写真のいくつかに数えられるだろうと思うけど、そのたった一枚の写真を巡る壮大な物語は、誰しもが予想しえない驚くべき展開を見せる。非常にスリリングだ。まさかこれほどまでにスリリングな展開を見せるとは思ってもみなかった。是非読んでみて欲しい。

キャパの十字架

キャパの十字架

  • 沢木耕太郎

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く