ボクには世界がこう見えていた(小林和彦)の書評・感想

1969views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記 (新潮文庫)

奇妙な本である。
本書は、面白いのかと聞かれれば、ちょっと返答に困ってしまうかもしれない。内容はといえば、一人の青年の思考や行動を描いた日記のようなものだ。僕は小林和彦という人のことを知らない。知らない人の日記は、やはり退屈ではないだろうか。
しかし、興味深いかと聞かれれば、非常に興味深い作品だ。何故なら本書は、統合失調症に冒されたその本人が、何を考えて行動し、どんなものをどのように受け取り、どんな世界に支配されていたのかということを書き綴った作品だからだ。
本書は元々、小林和彦氏が自費出版のような形で出版した「東郷室長賞」という作品がベースになっている。そして、この著者の友人に、アニメーション監督である望月智充という人がいた。著者自身も一時、アニメ制作会社で演出などを手がけていたことがある。その望月氏がこの「東郷室長賞」を読み、これはもっと多くの人に読まれるべき作品なのではないかと考え、文庫化してもらおうと新潮社に打診、そのようにして出版に到った作品なのだ。
その望月氏が冒頭で、こんな風に書いている。

『統合失調症などのいわゆる「重篤な精神疾患」を患った人が、自分の病状を正確に書き綴った例はほとんどないのだという』

解説で、精神科医である岩波明氏もこのように書いている。

『これまで自らの内的体験を正確に、客観的に描写した患者の手記は、「エデン特急」(マーク・ヴォネガット みすず書房)、「精神病棟の二十年」(松本昭夫 新潮文庫)などごく稀にしか存在していない。その点からも本書は、貴重な記録となっている。』

その後こう続く。

『これには理由がある、というのは、統合失調症などの精神疾患においては、自らの病気についての認識が不十分である飢えに、誤った解釈をしていることが多いからである。つまり、「病識」が不十分か欠如していることが多いため、自らの状態について冷静な状態で客観的に語ることができない』

一方で、冒頭で望月氏はこの作品について、こんな風にも書いている。

『彼の病状と並行してアニメ制作の現場の話やよく知られたアニメの作品名などもいろいろと出てくる。つまり、本書は決して堅苦しい記録ではなく、そこに描かれる80年代、90年だいの文化現象や出来事は、読者の皆さんにも興味深い点が多いはずだ。この本は、闘病記としてだけではなく、青春記やエッセイとして読んでいただいても面白いものだと信じている』

そういうわけで、著者が子供の頃からの記憶(何故アニメ制作を目指したのかや、もしかしたら発病に繋がる前兆と言えるのかもしれない出来事や、大学時代の自由で豊かな日常などなど)から始まり、アニメ制作会社で苦しみつつもアニメ演出などを手がけていた24歳のある日、突然彼を襲うことになった出来事、そしてその日以来見えている世界がまったく違ってしまったということから、本書刊行後の状況に至るまで、自らの言葉で可能な限り自らの内的世界を綴った作品です。
僕が本書を読んでとにかく驚異的だと感じるのは、その記憶力です。本書は、リアルタイムで綴られていた記録というわけではない。ところどころ、当時書いた文章を引用、というような箇所が出てくるのだけど、基本的には症状がある程度落ち着いた頃に昔のことを思い返して書いたものだ。

感想

『僕が精神障害なら精神障害のままでいい、とその七年後に悟るのだが、その萌芽はこの時にあった。』

僕は勝手に、これこそが本書が伝える最も重要な価値ではないか、と考えた。別にこれは、精神障害に限らない。今の自分をどのように肯定できるか。それが、現実を現実的に生きていくための唯一の方策だろうと思う。そして、著者がそこにたどり着く過程が本書で描かれていると考えると、本書は、生きるためにどう考えるべきか、という観点からも読むことが出来るのではないかと思います。
非常に特殊で興味深い作品です。内容は、言ってしまえば「個人の日記」なので、書かれている内容そのものに興味を持てるかは人それぞれでしょう。しかし、これを統合失調症を患った人間が書いたのだ、という意識で読むと、途端に興味深い作品に見えてくることでしょう。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く