羽生善治と現代(梅田望夫)の書評・感想

1085views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
羽生善治と現代 - だれにも見えない未来をつくる (中公文庫)

本書は、シリコンバレー在住であり、「ウェブ進化論」という新書がベストセラーになった著者が、羽生善治という棋界のエースを中心として、『現代将棋』というものを可能な限り捉え尽くそう、という意気込みの作品です。著者は、自身でも将棋は指すけどそれほど強いというわけではなく、主に将棋観戦を趣味にしている、という。
本書は、「シリコンバレーから将棋を観る 羽生善治と現代」と「どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?―現代将棋と進化の物語」の二冊を合本し、再編集した作品です。あらたに羽生善治との対談が収録されています。
内容はかなり多岐に渡っていて、羽生善治との対談や、羽生善治の試合をリアルタイムで記録したウェブ観戦記、羽生善治を含む現代将棋のトップランナーたちの分析など、現代将棋というものをキーワードにして、様々な文章が載せられている、という印象です。
著者は本書のテーマをこう書いている。

『「シリコンバレーから将棋を観る」と「どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?」の二冊を貫く主テーマとは「将棋を観る」という行為についてである』

本書の中で、このテーマは非常に重要な位置を占め、僕も非常に関心したので、僕自身の話を経由しながら、まずこの話を書こうと思います。
僕は、将棋は好きなのだけど、いわゆる「下手の横好き」というやつで、全然強くない。どれぐらいかというと、将棋は本当に、ルールが分かる、という程度の知識しかない。最近、「羽生善治のみるみる強くなる将棋入門」という本を買って読み始めているのだけど、これは漢字にルビが振ってある。つまり、子供でも読めるように作られた本、ということだ。詰将棋を眺めてても、とりあえず何も駒の動かし方が分からない程度には将棋の実力がない。
さて、そんな将棋が強くない僕は、プロ棋士の対局とか見てても、全然理解できないんだろうなぁ、という漠然とした感覚があった。実際にプロ棋士の対局を見てそんな風に感じたわけではなく、あくまでもイメージでしかないのだけど、指す方が強くないのだから、見ても理解できないに違いない、という思い込みがある。これは割と、将棋とそこまで近接していない多くの人が感じていることではないかと思うのだ。

『将棋と言えばあくまでも「指す」もの、将棋とは二人で盤をはさんで戦うもの、というのが常識である。「趣味が将棋」といえば、ふつうは「将棋を指す」ことを意味する。そして将棋を指さない人、将棋が弱い人は、将棋を観てもきっとわからないだろう、と思われている。』

そして著者はこう続けるのだ。

『しかし考えてみれば、それも不思議な話なのである。
「小説を書く」人がいて「小説を読む」人がいる。「音楽を演奏する」人がいて「音楽を聴く」人がいる。「野球をやる」人がいて「野球を見る」人がいる。「小説を読む」「音楽を聴く」「野球を見る」のが趣味だという人に、「小説を書けないのに読んで面白いわけがないだろう」とか「演奏もできないのに聴いて楽しいはずがないよね」とか「野球をやらない人が見ても仕方がないでしょう」などと、誰も言わない。しかし将棋については「将棋を指さない人は、観ても面白くないでしょ、わからないでしょ」と言われてしまいがちだ』

感想

さて最後に。本書には、著者がリアルタイムで記したウェブ観戦記が掲載されていて、その最後に投了図(どっちかが「負けました」と言った時の棋譜)が載っているのだけど、2008年6月11日の羽生善治と佐藤康光の対局の投了図(P87)が本当に理解できない。羽生善治が負けたらしいんだけど、羽生善治の玉の周りに敵の駒は全然ないし、味方の駒はまだ沢山ある。なんでこれで負けたわけ?と不思議でしょうがない。将棋のルールが分かるかた、是非本書を書店で手にとって、P87を開いてみてください。やっぱり、指せる人なら理解できるもんなのかなぁ。
本書は、将棋にちょっとでも興味がある人(ルールがなんとなく分かる程度でOK)なら物凄く楽しめるんじゃないかと思います。凄い本です。本書を読んで僕は、羽生善治の凄さ、そして現代将棋の急激な変化をなんとなく理解できたし、あらためて棋士というのは凄まじい人たちなのだなと感じさせられた

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く