眼球堂の殺人(周木律)の書評・感想

1111views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
眼球堂の殺人 ~The Book~ (講談社ノベルス)

本書は、メフィスト賞を受賞した新人のデビュー作です。
十和田只人という天才数学者がいる。彼は非常に変わった男で、若くして数学上の難問に解答を与えたのだが、その後失踪。やがて彼は、ほとんど物を持たないまま世界中を放浪し、行く先々で様々な数学者と共同研究をしている、ということが明らかになった。定住先を持たず、また私有財産を煩わしいと感じる十和田は立派な変人だが、社会性がないというわけでもない。
そんな十和田を追い掛け回しているルポライターがいる。陸奥藍子である。ルポライターの端くれとして色んな仕事をこなしながら、同時に、世界中を放浪し続ける十和田にくっついて回っている奇特な女性だ。彼女は、十和田に関するノンフィクションを出版することを目標にしているのだ。
ある日、定住先を持たない十和田の元に、まるでそこにいることを知っているかのように招待状が届く。送り主は、世界的な建築家として知られる驫木煬である。驫木は、非常に優れた建築家なのだが、その一方であらゆる学問の頂点には建築学が聳え立つのだ、という持論を持ち続け、あらゆる人間に議論や喧嘩を吹っかける変人でもあった。その、建築学優位の思想はいっそ病的なほどだが、類まれな才能の前ではなかなか事を荒立てることが出来ない、というのが多くの人の本音だ。
驫木は十和田を、私財の大半をなげうって建設した屋敷に招待したい、ということのようだった。
基本的に人との関わりを強く望むわけではない十和田は、しかしその招待を簡単に受ける。十和田の目的は驫木ではなく、驫木の子供だと言われている天才数学者・善知鳥神である。行けば善知鳥神と共同研究が出来るのではないかと期待して、日本への帰国を決断したのだった。そして藍子も、招待されているわけでもないのに屋敷に押しかける決意をし、山奥にある驫木の屋敷を訪れたのだった。
それは実に奇妙な建物だった。
出入口は一つだけ。明暗がくっきりと別れる円形の回廊と、鍵はないが二重扉になっている各部屋の扉。吹き抜けの先にそびえ立つ様々な形をした塔。奇っ怪な意匠を凝らした幻惑的な空間に戸惑う二人。
「眼球堂」と名付けられたその屋敷に招待されたのは、世界中から集められた天才たちだった。精神医学者の深浦征二、世界的に注目される美人画家である三沢雪、ノーベル賞を受賞した物理学者である南部耕一郎、辣腕を振るう政治家である黒石克彦。あとは、眼球堂の使用人である平川正之と、建築雑誌の編集をしている造道静香である。
驫木による挑発的な議論が繰り広げられ、そこで驫木と南部が舌鋒鋭くやり合う。やはり噂通り、建築学以外の学問を隷属しているかのような主張を繰り広げていく。驫木が食堂からいなくなるや、残った面々は、自分たちがどうしてこの屋敷に呼ばれることになったのか、ささやかに議論を交わす。
翌日…。
というような話です。
これは実に見事な作品でした!本格ミステリとか、本当に久々に読んだ気がするけど、この作品は非常にレベルが高いな、と感じました。まあ、本格ミステリファンってのは、僕なんかより遥かに本格ミステリを読んでいるわけで、そういう人がどう感じるのかはわからないのだけど、僕ぐらいの、本格ミステリそこそこ読んでる(読んでた)人には、相当面白く読めるんじゃないかなと思います。

感想

謎解きやトリックの部分にはほとんど触れられないので、いつも本格ミステリ作品の魅力を文章で伝えることには苦労させられますけど、本書は謎やトリックだけではなく、天才たちによる議論や、数学の奥深い話なんかがかなり面白く描かれている作品です。クローズドサークル内に天才たちが集められる、という設定は、西尾維新のデビュー作(これもメフィスト賞受賞作ですね)「クビキリサイクル」と近いですけど、大分違う印象を受ける作品です。「クビキリサイクル」では、天才を「理解不可能な存在」として描くけど、本書では「理解可能な範囲に留まってくれている存在」として描かれている感じがしました。本格ミステリ作品を久々に読みましたけど、久々に読んだ作品が大当たりで素晴らしいと思いました。実にクラシカルな、古き良き本格ミステリという感じがしますけど、作品自体が古臭いとかそういうわけではありません。是非読んでみてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く