僕たちは島で、未来を見ることにした(巡の環)の書評・感想

628views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
僕たちは島で、未来を見ることにした

本書は、島根県の隠岐諸島の中の島の一つであり、町ぐるみでの取り組みが全国的に注目を集めている海士町に、「持続可能な社会」を作る一員となるために、そしてそんな社会で稼いで生活し続ける実践者となるために、都会での生活を捨て、海士町で起業した二人の若者たちの、起業から5年間の戦いを描いた作品です。
海士町についての基本情報をまず引用しておきます。

『島根県の北60キロ、日本海に浮かぶ隠岐諸島の中の一つの島であり町である。
現在人口は2331人(2012年8月末現在)。年間に生まれる子供の数約10人。人口の4割が65歳以上という超少子高齢化の過疎の町。
人口の流出と財政破綻の危機の中、独自の行財政改革と産業創出によって、今や日本でもっとも注目される島の一つとなる。
産業振興による雇用拡大や島外との積極的な交流により、2004年から11年の8年間には310人のIターン(移住者)、173人のUターン(帰郷者)が生まれ、島の全人口の20%を占める。新しい挑戦をしたいと思う若者たちの集う島となっており、まちおこしのモデルとして全国の自治体や国、研究機関などからの注目を集めている』

さてそんな町にやってきた二人だが、特に「株式会社 巡の環」の代表取締役である阿部裕志の経歴は凄まじい。京大卒でトヨタに入社し、そのトヨタを辞めて海士町にやってきたのだ。
二人共、都会での生活に疑問や違和感を抱き、自分がどう生きて行きたいのかというのをきちんと考え、情報収集をした結果、二人は別々に海士町にやってきて、そして知り合った。会社を設立することになったが、設立当初は意見が合わず衝突ばかり。そういう時期をどうにか乗り越えて、今ではどうにか食っていけるだけの稼ぎは得られているという。
巻末で信岡良亮は、『そして、この本にちりばめられているエピソードのほとんどは、巡の環という会社がどうやってこの島のことを好きになっていったのかの歴史なのだと僕は思っています』と書いている。僕はそういう部分に触れたい。海士町という、外に向けて開けている(町長の方針である)珍しい島の存在と、そんな島に「日本の未来」を見出した若者たちが融合し、どのようにして様々な取り組みが生まれていったのか。
冒頭に、こんな文章がある。適宜省略しながら引きます。

『社会の変化は、いつも小さなきっかけから始まる。
その変化自体はとても小さくて、起こっていても、誰も気づかないかもしれない。でも、その変化は少しずつ広がって、いずれ僕たちの社会を変える。そして人を動かし、未来をつくる。
都会生活に疲れてのんびり田舎暮らしに憧れるわけでもなく、僕たちは、未来に可能性を投げかけられる自分でいたいがために、島に移住したのです。
そこに何があるのか。島では「あるもの」よりも「ないもの」を数えたほうが早いほどです。
でも、この島には日本がこれから経験する、「未来の姿」がありました。
それは、人口減少、少子高齢化、財政難…どれもネガティブなものばかり。しかし、よくよく考えてみると、この島が今直面している課題は、未来の日本に到来すると言われ続けている課題と同じなのです。
もし、そうした未来のコンディションの中で、持続可能な社会モデルをつくることができたら、それは社会を変えるきっかけになる。社会の希望になれる。
「この島で起こった小さなことが、社会を変えるかもしれない」
僕たちはそう信じて、自分の未来をかけて、この島の未来をいっしょにつくる担い手になったのです。そして、僕たちの行きたい未来をそこに見ることにしました』

感想

そういう中で自分たちに一体何が出来るのか。「株式会社 巡の環」が事業のメインとして捉えているのが、「島の学校」という発想です。これは元々、海士町に旅に出かけた信岡良亮が、その際に持っていった企画書が原型となっています。頼まれてもいないのに、外から来た若者がやりたいことを書いた企画書を持っていく。そして島の人も、「やりゃあいいだわい」と言ってくれる。『島に来てもらって、島まるごとを使っていろんなことを体験し考えて、そして自分にとって人生の次の一歩を見つけて島を卒業していける』という構想を、彼らは着実に実現していくわけです。
「株式会社 巡の環」のスタイルは、「島のことを学びながら稼ぎ、稼ぎながら学ぶ」というスタイル。「島の学校」において、二人は先生ではなく、先達の実践者、つまり先輩という立ち位置。彼らも共に学びながら、島全部を好きになって、そうやって人を繋いでいき、お金を稼いでいく。

僕たちは島で、未来を見ることにした

僕たちは島で、未来を見ることにした

  • 株式会社巡の環(阿部裕志・代表取締役/信岡良亮・取締役)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く